1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

外国人観光客


何度か、銀座で中国人が多くまるで香港にいるようだと書いたことがあります。
日本政府観光局によれば、2014年の訪日外国人客数は過去最多の1,340万人となり、始めて1,000万人を突破した一昨年を30%上回ったとのこと。これは円安で日本への渡航が割安になったこと、日中関係、日韓関係の悪化で減少していた中国、韓国からの訪日客が春以降回復して、中国人は前年比83%増の240万人、韓国人は12%増の280万人となったことなどが要因と思われます。ちなみに、人民元は2012年の12円が今は19円と6割近く円安人民元高になっています。また、昨年10月に外国人旅行者への消費税免除枠をカメラや炊飯器などから酒、化粧品などの消耗品にも拡大したことにより、外国人観光客の支出額は40%増加して2兆円を上回ったが、46ヵ所の全国アウトレット店では、外国人による免税商品購入額が11月は92億円(9月は48億円)となったとのこと。

たしかに銀座のマツキヨ、ラオックスなど大量の買い物をする中国人を見かけます。銀座中央通りにあるカバン屋さんでは、商品を持ち帰る為の安価なカートが大量に売れています。最近では、カラフルなランドセルが人気のようで大量に陳列されています。また、テレビで見ると、SNSの効果で日本人でも知らない観光地や食べ物を目当てに来日する外国人が多いです。中国人は、日本人のマナーの良さ/親切さ、町の清潔さ、トイレがきれい、日本食のおいしさ等、日本人が当たり前と思う点でも感動しています。

2020年の東京オリンピック迄には2千万人をはるかに超えると推測しますが、世界各国の外国人観光客数を見ると日本は27番目で、1位フランスの8,500万人、2位アメリカの7,000万人、アジアで一番多い中国の5,600万人(2013年)から見るとまだ少ないです。

おまけ
私の行きつけの洋服店、テイジンメンズショップ。店員曰く、中国人がジャケット16着を含む100万円を銀聯カードで買い付けていったそうです。有り難いと話していました。

スポンサーサイト

| 経済・社会 | 07時34分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1482-a48b8ea9

PREV | PAGE-SELECT | NEXT