1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

松岡修造語録


松岡修造の日めくりカレンダーがバカ売れで、AKBよりも売れました。出演するテレビコマーシャルの本数は男性タレントでトップクラスです。自宅には日めくりカレンダーがあります。松岡氏は常にポジティブで熱い男のようなイメージがありますが、かなり消極的で弱い人間だと本人はいいます。苦しい時、辛い時に自分を鼓舞しようとします。日めくりカレンダーや同氏の書いた本を読むと、元気が出る気がします。いくつか紹介します。

●「OK! ナイストライ!」
トライすることに悪い要素はなにひとつありません。目標に向かってトライしている段階で既にナイストライなのです。バッドトライはありません。うまくいかなくても、失敗しても「OK! ナイストライ!」その言葉を言い切る事でどんどん未来が広がっていきます。
●「君が次に叩く1回で、壁は打ち破れるかもしれないんだ!」
目の前に壁があります。その壁を壊せば成功ですが、何回たたけば壊れるか分りません。もしかすると、あと1回たたけば壊れるかもしれません。でも、多くの人がその前に諦めてしまいます。人に未来は分りません。だから、自分を信じて叩き続けるしかないのです。壁を壊した瞬間が目標を達成した瞬間、成長する瞬間、自信を手に入れる瞬間です。最もよくないのは、人に言われて諦めることです。
●「がんばれ!ではなく、がんばっているね!」
本気で頑張っている人にがんばれというと「これ以上、どうがんばればいいんだ」と思う人もいます。「がんばっているね!」は、がんばっている相手の努力を認める言葉です。努力を認められれば、だれでも嬉しい気持ちになります。
●「反省はしろ!後悔はするな!」
反省することはいいことです。後悔、後ろ向きに悔やむことはいいことではありません。これでは前向きにはなれません。反省をすると、次はこうするぞと前向きな言葉が続きます。失敗をつなげていってこそ、成功に近づきます。

まだまだあります。錦織選手の活躍で一層脚光を浴びた松岡氏ですが、もともとスポーツ大会の応援で目立っています、松岡氏はスポーツ選手から応援に来てほしいと頼まれるそうです。頑張る人を応援する時は、パワーをもらえると言います。何かで落ち込みそうなときに松岡氏の言葉を読むと、心が軽くなって前を向いて進んでみようという気になります。

おまけ
デール・カーネギーの名言
「不可能だと思わない限り、人間は決して敗北しない」
*デール・カーネギーは1900年代の人間関係論の先駆者で、「人を動かす」「道は開ける」の著書は世界中で読まれる。
おまけ
TOTOのウォシュレットのTV広告で、ビッグベンとリトルベン親子の会話の広告。男の子がメチャメチャ可愛いです。

スポンサーサイト

| | 07時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1475-15e5b909

PREV | PAGE-SELECT | NEXT