1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

為替の変動要因

2015年の経済は、良くも悪くも、為替相場が大きく影響することになります。円安は、輸出企業にとってメリットがある反面、海外から輸入する原材料は割高になるため、衣類、食品、生活用品などは値上げされていくことになります。

日銀が大胆な金融緩和を推し進めるのとは反対に、米国は今年金利を上げることが濃厚なため、高い金利の通貨を買うのが一般的な投資行動なので「さらに円安が進む」という予想が大勢を占めます。逆に、円高になるシナリオとしては、米国の経済指標に悪化の傾向がみられたり、戦争、テロ、自然災害、伝染病、新興国の経済危機などにより、世界的な信用不安が起こった場合には、安全通貨としての円が買い戻されることが考えられます。

《円安ドル高となる場合の要因》
・米国の金利引き上げ(円資産からドル資産へのシフト) 確率90%
・米国の経済指標が良くなる(ドルが買われる) 確率60%
・日銀が金融緩和を持続、さらに拡大  確率80%
・日本国債の信用不安が起きた場合(円の暴落) 確率20%
《円高ドル安となる場合の要因》
・米国の経済指標が悪化する 確率40%
・ロシア、新興国、欧州などで金融危機が起きる 確率50%
・海外から「円安」に対するバッシングが起きる 確率30%
・原油安で日本の経常赤字が削減する   確率70%
・米国が絡んだ戦争が起きる 確率10%

私が予想する確率でみると、円安ドル高になる確率の方が高いことになります。
ますます外人観光客が増加する一方、日本からの海外旅行が減少します。
原油価格が大きく反発しそうにないので、円安ドル高でも燃料費は安定します。
食料品価格はまだ上がると予想します。
消費者物価は消費税率アップの効果が春以降消えるので、見かけ上落ち着いた感じになります。

おまけ
間違いだらけの日本語
X 急用を思い出し、彼はやおら立ち上がった
◯隣で寝ている子供を起こさぬよう、彼はやおら立ち上がった。
「やおら」は「静かでゆっくりな動き」のこと。「急で慌てた動き」ではありません。
おまけ
明朝の路面凍結が心配されます。
おまけ
メディアがイスラム国の名称を止めて、ISIL(アイシル)を使い始めました。国ではないので、妥当だと思います。
スポンサーサイト

| 経済・社会 | 07時33分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1469-d36aca7c

PREV | PAGE-SELECT | NEXT