1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

どちらの営業マンと契約しますか?


あなたが車を購入する、注文住宅を契約する、保険に加入するといったモノを購入する、サービスの契約をするといった場合に、だらしない服の人とバッチリ決まった格好の人とどちらから買うかという質問をされたら、「外見ではなく中身が重要で、普通の格好をした人と契約する」と答えるかもしれません。しかし、実績を出す営業マンは清潔感にあふれ、バッチリ決まった格好をしている人物が多いと言えます。

社長は初対面の相手を3分間で判断すると、よく言われます(本当かどうかはわかりません)。しかし、その直感は結構当るようで、初対面の印象が悪いとそれを覆すのは容易ではありません。仕事のできる人は、服装でも髪の毛でも爪先でも靴でも整えています。外見が清潔感にあふれ、しわもなく、靴も手入れが行き届いており、サイズもあっていると、この営業マンなら仕事もキチンとやってくれそうだと思います。特に、外見で細かい部分まで行き届いていると、仕事でも目配りが出来て質の高い仕事をしてくれそうに思います。以前にも、書いたと思いますが、外見をバッチリ決めるには次の項目に注意しましょう:

スーツの肩にふけがない(帰宅後、ブラッシングをする)
スーツのサイズが体に合っている(大きすぎ、細すぎ、長すぎ、短すぎはアウト)
スラックスの折目がしっかりしている(小さなアイロンやズボンプレッサーを活用)
スーツの背中にしわがない(しわ取りスプレーがあります)
シャツの襟もとが黄ばんでおらず、ネクタイがキチンと結ばれている(鏡でチェック)
靴の手入れを怠らない(ブラッシング、靴磨き、かかとの摩耗し過ぎに注意、雨用の靴)
白色、透けた靴下、ワンポイントのある靴下は避けましょう(足の臭いにも注意)
髭をキチンと剃り、髪の毛も適度な長さに留める(無精ひげ、ふけはマイナス)
夜更かしを避けて、肌艶にも気を付け、爪の手入れも怠らない(爪が汚いと悪印象)
口臭にも要注意(商談の前は臭いのきつい食べ物を避ける)
スーツのポケットに物を入れ過ぎない(だらしくなく見える、ビジネスバッグを活用)

本当はまだありますが、この程度にしておきます。

営業マンの仕事の実力は長く付き合ってみなければわかりませんが、外見はすぐわかります。外見の部分で細かいところまで目配りができていると、仕事も細かい部分まで目配りが出来る人物だと経営者は判断します。だらしない格好の営業マンなら、仕事もだらしないと判断します。

こう述べても、お金をかけて華美なおしゃれをしろという事ではありませんので、誤解のないように…。

スポンサーサイト

| お仕事 | 20時19分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1459-9fa6ac82

PREV | PAGE-SELECT | NEXT