1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

一本締めとは?

忘年会のシーズンです。おそらく最後は、三本締めや一本締めで終えることが多いと思いますが、一本締めを勘違いしていることをあるサイトで気付きましたので、ご紹介します。

『そもそも一本締めとは、三本締めの省略形です。「パンパンパン パンパンパン パンパンパン パン」のように3回、3回、3回、1回に分けて10回手を叩きます。これを1つとして3つ繰り返すのが三本締めです。三本締めを省略して3つ繰り返さず1つで終わらせることを一本締めと言います。

三本締めと一本締めの使い分けって?
一本締めと三本締めの違いは「長さ」だけです。人が多かったり時間が遅かったりする場合は時間を短縮するために一本締めにした方が無難です。

「一丁締め」との混同に注意
よく「一本締め」というと、「よぉ~、パン」と1回だけ手を叩くものだと勘違いする人がいるのですが、あれは正式には「一丁締め」と言います。これは道端であったり他の人がいる店内などで行う時に、三本締めや一本締めだと迷惑になるため簡略化したものです。
同窓会や仲間内の飲み会では使えますが、オフィシャルな飲み会では避けましょう。
「一本締めをします」というと「一丁締め」と勘違いする人もいますので、挨拶の前に「パンパンパン パンパンパン パンパンパン パンと10回手を叩いてください」などと説明しておくとスムーズです。』

私も一本締めを一丁締めと勘違いしていました。社内で社員に訊いたら、一丁締めをしていました。一丁締めを関東一本締めと呼ぶこともあるようです。

楽しい忘年会になるように、残りの日数を頑張りましょう。
スポンサーサイト

| 未分類 | 07時25分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1434-9b6c98b5

PREV | PAGE-SELECT | NEXT