1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

安倍首相の誤算とまやかし


安倍首相が衆議院解散・総選挙を行うのが確実になりました。昨日発表された7-9月期の実質GDP成長率が、市場予想のプラス成長(0.4%~2.0%)に反して、前期比年率換算で実質マイナス1.6%成長となり、株価は急落17,000円を割り込みました。消費者の実感に近い名目GDP成長率は年率マイナス3.0%とさらに落ち込みました。4-6月期の年率マイナス7.1%に次いで、二期連続マイナス成長となりました。二四半期連続でマイナス成長を景気後退と呼びます。円安の恩恵を享受できない中小企業にとっては、「景気後退」と言う言葉を実感できます。

安倍首相は事前にGDP速報値の情報をつかんでおり、解散することを決めたのかもしれません。実際は17日に発表されるGDP成長率を見たうえで、法律で定められた消費税率の再引き上げを判断するとありました。4-6月がマイナス成長、7-9月がV字回復で消費税アップと行く目論みでした。法律でも経済状況を勘案して見直すことが出来る文章が入っています。従って、8%をさらに10%に引き上げるのが困難と判断したら、解散・総選挙等行わなくてもできます。なのに、700億円近い費用をかけて無駄な選挙を行います。

アベノミクスは、一本目の矢が日銀の大規模金融緩和、二本目の矢が財政出動、三本目の矢が成長戦略から構成されています。一本目の矢は大幅な円安・株高をもたらし輸出企業、大手企業、デイトレーダーたちには大歓迎されましたが、一般消費者にはマイナス面しか感じられません。二本目の矢は、人手不足、資材価格高騰で思うように公共投資が実施できません。また昔に比べて公共投資が景気に波及する力が弱っています。三本目の矢は、ほとんど成果らしい成果が見られません。安倍首相は、株価が上がることがアベノミクス成功の証だと思っているようですが、とんでもない間違いです。

以前にもちょっと書きましたが、この解散・総選挙に大義はありません。自民党の勝手な党利党略で行われるものです。安倍首相が消費税率引き上げの延長を選挙で国民の信を問うといいますが、アベノミクスの失敗を認めたくないだけだと思います。アベノミクスによってもたらされた現在の景気状況を歓迎している人は限られた分野の人だけで、多くの国民がアベノミクスに懐疑的になっているのを選挙でごまかすだけです。

解散・総選挙が実施されて、自民党に対抗できる野党がなくなりました。投票したい政党がありません。ましてや、私が住む荒川区の自民党候補者は赤い服の松島みどりです。棄権は嫌なので、白紙投票でもしようかなと思ってしまいます。

スポンサーサイト

| 経済・社会 | 07時27分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1419-f63e4231

PREV | PAGE-SELECT | NEXT