1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ワーク・ライフ・バランス


ウィキペディアによれば、ワーク・ライフ・バランスとは「仕事と生活の調和」と訳され、「国民一人ひとりがやりがいや充実感を持ちながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる」ことを指す、とあります。

もし、これを新入社員が唱えて、残業を嫌がったり、仕事よりも私生活を大事にするような考えを持ったら大きな間違いだと思います。若い社員は、まだ働くことが喜びになっている人は少ないと思います、毎日会社に行くのが楽しくて楽しくて仕方がないという人も少ないでしょう。仕事で成果もなかなか出ない、成長感も感じにくい、世の中のために役立っているという実感も持てないと思います。しかし、仕事をするうえで頑張り続けると、成果が出たり、成長感を感じる機会が増えたり、感謝されるようになったりして、段々仕事を面白いと思うようになります。若いうちは、一生懸命がむしゃらに働いてみることが大事だと思います。そうすることで、仕事はこういうもんなんだという手ごたえを感じることが出来るようになります。仕事に手ごたえを感じられないうちから、私生活が大事だと考えていると、中途半端な仕事をするようになってしまいます。そうすると、成長を実感出来ず、顧客や他部門から感謝もされず、仕事が苦になってしまいます。

1年間仕事に集中してみましょう。昔の人は、「石の上にも3年」とうまいこと言いました。手ごたえを感じるにはこうやればよい、顧客も満足してくれる、会社にも貢献できてくる、というのが理解できるようになるので、それから私生活を充実させることを考えればよいと思います。

おまけ
今日から幕張メッセでサイクルモード2014という国内最大の自転車の展示会が開かれます。コーワでは輪行箱BTBを6年連続で出展します。
スポンサーサイト

| お仕事 | 07時31分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1412-366dc4f8

PREV | PAGE-SELECT | NEXT