1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

利益感度分析


利益の変化に以下のどれが一番寄与すると思いますか?
1.5%値上げ
2.5%増販
3.5%原価低減
4.5%固定費削減 
(固定費とは人件費、通信費といった「売上の増減に関係なく発生する費用」を指す)

1個60円の商品の変動費(主に原価)が40円、固定費が15円発生。1日10万個販売します。
売上600万円 変動費400万円 固定費150万円 利益50万円
5%値上げの場合
売上630万円 変動費400万円 固定費150万円 利益80万円 (60%増益)
5%増販の場合
売上630万円 変動費420万円 固定費150万円 利益60万円 (20%増益)
5%原価低減
売上600万円 変動費380万円 固定費150万円 利益70万円 (40%増益)
5%固定費削減
売上600万円 変動費400万円 固定費142.5万円 利益57.5万円 (15%増益)

値上げ(粗利率改善)が、一番効果が高いのが分かります。次いで、原価低減の効果が高いです。従って、会社の収益性を高めたい時は、値上げ、原価低減、増販、固定費削減の順番でするのが望ましいと言えます。しかし、値上げがなかなか難しいと増販に目が向きますが、増販するには価格を下げます。更に運賃や人件費が増えるため、実際には20%を下回る増益になります。また、値上げ、増販、原価低減は、取引相手があり、容易ではありません。そうすると、緊急対策が必要な企業は、リストラといった自社内部で出来る固定費削減に走ります。しかし、人員を削ると売上が落ちる、社員のモチベーションが下がるといったマイナス効果が出るため、期待した結果は得られません。最も効率が良い収益改善は値上げです。実現が一番大変ですが、大変だという事は効果が高いという事です。容易なことでは、高い効果は得られません。値上げが浸透し、粗利金額が増えれば、賞与増加等社員の待遇改善につながります。

あなたはどの5%を選びますか?

おまけ
値上げしても量が減ったら元も子もないじゃないかという人がいると思います。5%値上げして、販売数量が5%減ったらどうなるか?
売上598.5万円 変動費380万円、固定費150万円 利益68.5万円(37%増益)
売上は1.5万円減るものの、利益は18.5万円増えます。安値で増販するより、効率が良いと言えます。値上げをしても、値上げ率以上に量を減らさなければ採算は改善します。
逆に、5%値下げして10%増量したらどうなるか?増量すると儲かると思う人が多いですが。
売上627万円 変動費440万円 固定費150万円 利益37万円(26%減益)
値下げして、量を増やすのは意味がないという結果になります。量が増えることで変動費が若干下がるかもしれませんが、減益は間違いありません。
こんな簡単な理屈がわからない経営者がいかに多いことか?

スポンサーサイト

| お仕事 | 07時30分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1408-1d40da24

PREV | PAGE-SELECT | NEXT