1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「つえ屋ぁーつえだけ!」


「さお屋ぁーさおだけ!」ではありません。モチベーション・アップ社の資料で紹介されていました。京都では、杖(つえ)の移動販売車が走っているそうです。竿と全く同じ節回しだそうです。

「物干しざお」は長く、スーパーで買って自宅に持ち帰るのが大変で、移動販売車が重宝されます。しかし、杖は短くデパートなどでも売っています。何故移動販売車が成り立つのか?杖が必要な人はデパートまで足を運ぶのが面倒です。移動販売車が、高齢者の多い住宅街や高齢者向け施設に出向くと、大歓迎されるそうです。

株式会社つえ屋が移動販売車を活用しています。ここ数年で近畿圏では店舗数が増えて、デパートでも催事販売会が開かれているそうです。店舗在庫は全部で8万~10万本、催事では1,000本、移動販売車でも400本を展示するそうです、デパートで見ると、10本~20本程度しかありません。つえ専門店ですから、数多い選択肢の中から手にとって商品を確かめ、長さの調整や修理等もその場で出来るため、好評だそうです。

需要が限られるのでは?と予想される商品でも、品揃え、販売方法、アフターサービス等で特徴を出せれば、消費者から高く評価され、業績を大きく伸ばすことが出来るのですね。

おまけ
仁川アジア大会。水泳の萩野選手。米国の水泳のフェルプスのような競泳者がでるとは夢にも思いませんでした。

スポンサーサイト

| 経済・社会 | 07時32分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1383-b987a39f

PREV | PAGE-SELECT | NEXT