1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

A系列、B系列、レター・リーガル


なんだか判りますか?これはコピー用紙のサイズです。
A系列  A5、A4、A3、A2(順番に倍のサイズとなります)
B系列  B5、B4
レター・リーガルというのは米国のサイズです。レターは(216ミリx280ミリ)でA4(210ミリx297ミリ)より若干太く短いサイズ。リーガルは(216ミリx356ミリ)とレターと同じ幅ですが、長くなります。B4が257ミリx364ミリなので、リーガルは細長く感じます。

ちなみに、一般企業ではA系列を使うことが多く、役所ではB系列をよく使います。A系列は欧州でも使いますが、B系列は日本、中国、台湾のみで使用されます。複写機の紙を入れるカセットを見ると、LTR、LGLといった表示や、10“(インチ)といった表示を見かけることがあると思います。カセットを国内と海外で共通して使用するので併記しているわけです。

ある企業の会議で使用する資料のサイズが、A4からB4に替わったそうです。何故か判りますか? 会議に出席する方の高齢化が進み、A4では文字が小さくて読みにくくなったためとのことです。最近の会議の多くは、プロジェクターやタブレットを使ったりして、紙の使用量が減っています。紙で保存するのはスペースが要り、見つけるのに一苦労ですが、ワード、エクセル、パワーポイントをパソコンで保存するのは容易なので、会議では紙を使っても、資料の保存はパソコンでファイルを保存する形が良いと思います。

昔、コピー用紙は1平米あたり80グラムありましたが、その後64グラムに減り、64グラムが一般的になっています。従って、昔は紙がもうちょっと厚くて硬かったのを覚えています。ちなみに、新聞チラシは52グラム、名刺は160~210グラム、葉書が210グラムです。

以上、紙に関する豆知識でした。

おまけ
8月の自動車販売が急減し、8月の百貨店売上はプラスになったものの日曜日が1日多かったおかげで実質はパッとしなかったといえます。8月の景気は良くなかったと言えます。

スポンサーサイト

| いろいろ | 07時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1368-d66f3c97

PREV | PAGE-SELECT | NEXT