1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ほめる


あるメルマガから引用します:
「誰かがいいことをしたら、ほめなさい!二人の人を幸せにできるのだから」
ある大学の研究によると、相手に対する否定的な発言と肯定的な発言の割合は、平均的な家庭で14:1ということです。相手を一度褒めるとすれば、その14倍はけなしているのです。同様の研究によれば、長続きする幸福な結婚生活においては、相手を否定する発言と肯定する発言の割合が1:7であるそうです。私たちは、この比率を決め、変える力を持っています。そして、選択する権利があります。皆に思いやりを示しましょう。褒めましょう。ねぎらいましょう。誰かを褒めれば、相手だけではなく、自分自身も幸せになれるのですから。

相手を否定する発言の7倍、肯定していますか?

相手を否定する発言をしても、自分の気持ちは晴れません。クレーマーのような人は、相手を否定することで快感を味わっているのかもしれませんが、普通ではありません。私はレストランでおいしい食事をすると、会計時に店員においしかったと伝えます。店員も笑顔になります。笑顔になった店員は次の客に笑顔で接することが出来ます。笑顔で接客されたお客も笑顔になれます。笑顔の連鎖になります。泣き顔の連鎖よりもずっといいですよね。

以前書いた、95%出来ていても、出来ていない5%を責められるということを書きました。出来ている95%を認めてほめましょう。本人も5%でくよくよするのではなく、出来ている95%を誇りに思いましょう。
スポンサーサイト

| お仕事 | 07時24分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1342-822dad02

PREV | PAGE-SELECT | NEXT