1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

決断と決定の違い

両方とも同じように使うことが多いと思いますが、大きな差があります。
決断  不確定要素が多い事項等に関して、「やる」「やらない」を決めること
決定  あらかじめ選択肢があって、そのうちどれかに決めること

決断は、例えば「企業買収をする、しない」「大型設備投資をする、しない」「この異性と結婚する、しない」といった大きな責任を伴う判断に使われます。覚悟が要ります。
決定は、例えば軽自動車購入時に、タント、Nボックス、ワゴンRのうち、どの軽にするかを決める。相対比較で比べられますし、重大な覚悟は不要です。

決定で失敗しても大きな損害は出ませんが、決断は失敗すると大きな損害が出る可能性があります。不確定な部分が多くても決めなければいけない局面では、知識だけでなくやはり経験が必要だと思います。

しかし、人間は決定を1日の内でどれだけの回数をしているか?朝目覚ましで起きる(起きない選択肢もある)、朝食をとる(食べない選択肢もある)、朝刊のどの記事を読む、会社に出かける、何時の電車に乗る、朝セブン・イレブンでコーヒーを買う(買わない、スポーツドリンクを買うという選択肢)、届いたメールを無視するか返信をするか、お昼に何を食べるか決める(かつ丼、ラーメン、カレーライス)…。決定の連続ですが、覚悟は要りません。

一番やってはいけない事。決断・決定のいずれも、先送りすること。政治家や官僚は先送りして、自分の在任中に問題が起きなければよいと考えます。しかし、経営者、管理職が先送りを常態化させるとその会社は衰退の道をまっしぐらです。

おまけ
今日で、上半期が終了します。あっという間です。しかし、まだ年末まで半年間あります。会社として、いろいろしなければいけないことが山積みとなっています。社員全員でひとつひとつクリアしていきたいと思います。

スポンサーサイト

| お仕事 | 07時23分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1330-76cb68cd

PREV | PAGE-SELECT | NEXT