1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『「人」財経営のすすめ』 佐竹隆幸著 神戸新聞総合出版センター

標題の本を読みました。この本から三つ御紹介したいと思います。
●「ア・イ・タ」から「3J」へ
「ア(甘え)・イ(依存)・タ(他責)」ではダメ。一生懸命やれば結果がどうであれ許してもらえるという「甘え」、少々のことが起こっても会社はつぶれない「依存」、失敗した際に心のどこかで言い訳する「他責」では、社員も会社も成長できないとし、「3J(自立、自律、自責)」の意識を社員一人ひとりが持つことが必要である。
⇒「他責から自責へ」私が常々言い続けている言葉です
●人間が一番幸せを感じるのは、日常のなかでしかない。…適度に挑戦のし甲斐があるとき、すなわち困難ではあるが手が届かなくもない目標を達成しようとするときに、人は最も幸福である。
⇒はなから届かない目標はやる気をなくし、簡単な目標も気が緩みます。努力して100.1%達成できる目標がサイコーです。
●ほめる
ほめることが人を育てるとよく言われるが、ほめることによってどのような効果が生まれるのか。
・ほめると、相手が成長する
・ほめると、相手と良好な関係を築くことが出来る
・ほめると、人間力が上がる
・ほめると、感動に出会える
⇒叱られると、人間はそこだけ直そうとします。失敗を避けようとネガティブな方向に行きます。ほめると、ポジティブになり色々なことも良くしようとします。すなわち、成長します。

スポンサーサイト

| | 07時25分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1323-e22f69ab

PREV | PAGE-SELECT | NEXT