1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

能動的に行動する

経営者向けメルマガに掲載された文章を引用します:

「うまく「人生を変えられた人」はすべてが「うまくいく」のを待たない」
(ロバート・リンガー)
◆成功する人とそうでない人の違い。
成功する人は、モチベーションの有無に関わらず能動的に【行動】します。
同僚とコミュニケーションがうまくいっていない状況が、「明日になったらうまくいくようになるだろう」とは考えない。
顧客からの評価・フィードバックが来るのを待たずに、自ら問いに行く。
部下は放っておけば自然と成長するとは思わずに、フォローを徹底する。
部下に対して指摘すべきことを指摘しなかったら変わらないという前提で、しっかり向き合い指摘する。
集客がなかなか予定通りに進んでいなくても、「もうすぐ反応が増えるはず」とは決して思わない。
◆状況が自然と好転すると考えている人は、人生に過度に楽観的すぎます。
「何もせずに自然と良くなる訳はない」
「もしかするとうまくいかないかもしれないので次の手も考えておこう」という当たり前の緊張感を持って、先手で行動しましょう。
経営とは行動の繰り返し。行動力・実行力のみが、変化と成果を生むのです。
◆うまくいくのを待たずに、先手で行動していますか?

津波が来襲した時、旅客船が転覆した時、生死を分けたのはなんだったのか?自分の判断で能動的に行動できたか、何らかの結果や権威のある人からの支持を待ってしまったか、の違いかもしれません。「津波はここまで来ないだろう」「船は沈没せずに救助が来るだろう」と人間は自分の都合の良いように判断してしまう傾向があります。また周囲がそのような行動をとっていると、同調することで大多数の一人となり安心できます。しかし、それが正しいかどうかは判りません。外出する時、勝手に天候は何とか持つだろうと考え傘を持たずに出かけ、ずぶ濡れになるという事もあります。

会社の活動も社員の行動も先手先手で動くことが大事です。

スポンサーサイト

| お仕事 | 07時21分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1322-3de287f3

PREV | PAGE-SELECT | NEXT