1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

成果主義と減点主義


成果主義は成果を出した人を高く評価し、昇進や賞与などで厚遇しましょうという考え方で、多少の失敗には目をつぶり、結果を期待する組織の特徴です。減点主義は、失敗を許さない組織、失敗しない人が出世する組織、横並びで仕事をするのが良い組織に見られる特徴です。同じ業種でありながら全く異なる主義が存在します。金融業界で、証券会社は成果主義、メガバンクは減点主義です。証券会社は個人投資家に損をさせても、成績を残した人間が昇進します。メガバンクは融資先が破たんして資金を回収できないと、大きな減点となり出世の道が途絶えます。従って、若い企業で将来有望であっても融資を手控え、大企業で安定した企業ばかりに融資をしようとします。テレビドラマ「半沢直樹」のような銀行マンは、昔の理想の営業マンであって、現代では周囲から疎んじられるだけだと思います。今の銀行マンには絶対いないタイプです。自分がリスクをとって、企業を成長させようと思う銀行マンは皆無だと思います。私が外資系投資顧問会社勤務時代に、メガバンクに新しい運用商品を売り込もうとすると、どこがすでに投資を決めたのかが最初の質問でした。横並び意識が強く、自分単独で決定するリスクをとらず、保守的な考え方が強かったです。しかし、同じ銀行でも、信用金庫や信用組合といった小さな金融機関の方がメガバンクよりも取引先企業を支援しようとする気持ちが強いと推測します(コーワでは信金信組との取引がないので、あくまでも推測になります)

中小企業で減点主義を社内に広がると、社員が一所懸命働く意義を見出さず、適当にやってミスを出さないことに気が向いてしまい、企業の活力を奪う事になります。私は、若手社員は小さな失敗を糧に貴重な経験を積むことを評価し、将来の大きな成果に結び付けることを期待する社風を根付かせたいと考えます。

おまけ
新国立競技場。斬新なデザインや高額な建設費が話題になっていますが、写真はあくまでもイメージ図で、詳細な設計図はないそうです。あんな変な形の競技場にせずに、またコストも抑えた建物で良いのではと思います。
おまけ
集団的自衛権。憲法解釈でノーだったものを、解釈を変えることでイエスにしてしまうやり方。増して安倍首相は期限を設けないと言っていたものが今国会中と修正。じっくり時間をかけて憲法改正が本筋では?
スポンサーサイト

| お仕事 | 07時23分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1317-5d3b8b5e

PREV | PAGE-SELECT | NEXT