1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

人を評価する

経営コンサルタント会社の資料にこんな文章がありました:

『人を評価するという…恐ろしいこと。
評価する人は、評価される人の今も過去も未来も見ておかないといけない。
評価する人は、評価される人がどうなりたいかを知っておく必要がある。
評価する人は、評価される人が何を持っていて、何を持っていないか知っておく必要がある。
評価する人は、評価される人にどうなって欲しいのか極力シンプルにそれでいて具体的に伝えておかなくてはならない。
評価する人は、評価される人にどんな言葉が刺さるかを感じ取れなくてはいけない。
評価する人は、評価される人が何を思うか推し測る努力を怠ってはならない。
評価する人は、すごく時間を使って多面的に考えないといけない。
漠然と人に点数をつけてはいけない。人は、人をむやみに評価してはいけない。』

上司が部下に対して下す評価で、全員が納得する評価はありえません。どんなに公平正大に評価したつもりでも、不満は出ます。でも、上司や教師や親は評価し続けなければなりません。評価する作業はすごくプレッシャーのかかる仕事です。評価をキチンとできるようになったら、立派な管理職と言えるのではないかと思います。上に列挙された項目の中で、どうなりたいかを知っておく、どうなって欲しいかを具体的に伝えておく、ということが特に大事だと思います。

おまけ
韓国で船、地下鉄で重大事故が発生。日本は事故の原因究明を行い、再発防止を図る。韓国は責任の所在元を追求し、責任者を辞めさせて幕引きを図る。両国にはこの違いがあるそうです。

スポンサーサイト

| お仕事 | 07時23分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1294-6d7f86ca

PREV | PAGE-SELECT | NEXT