1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「まゆみの法則」


以前読んだ経営者向けメルマガにこんな文章がありました:

『人は皆、昔自分ができなかったことや未熟だったことを忘れて、「今」の自分を基準にして他人を見て、評価してしまいがちです。2004年12月に、世界110ケ国の中で最優秀グランプリを受賞し世界一のエステティシャンの称号を得る今野華都子さんの講演で、「待つ」「許す」「認める」の頭文字から取った、まゆみの法則”という法則が紹介されていました。
●「待つ」・・・「ま」
現在、自分が身につけていることは、成長を待ってもらって、時間をかけて身につけたもの。それを忘れて、他の人に厳しくなってしまいがちです。
●「許す」・・・「ゆ」
人は、自分が被害者のときだけよく気が付くものです。自分が人を傷つけていても、気付かない。みんな許してもらって生きてきたのです。
●「認める」・・・「み」
人はいくつになっても、自分の良さに気付かないときがあります。自分のもらったものが一番いいものだと知り、それを高めて磨いていくことが必要です。

●待つ。61歳の私が23歳の新人社会人に対して、自分の経験に基づいて「そんなの当たり前だろ」と言っても、38年間の経験の違いはいかんともしがたいギャップがあります。相手の立場に立って考える必要があります。
●許す。他人にやさしく、自分に厳しくが理想の人間像です。逆は最悪ですね。
●認める。「あれがあったら」「こんな才能が自分にあったら」「あの時こうしていたら」とないものねだりや過去の後悔をしても、悩みは解決しません。今自分が持っている物を認めて、それをベースに今後どうしたら良いか考えることに集中することが大事です。

おまけ
日曜日の銀座。3月末の日曜日に比べて人出が少ないです。銀座三越の駐車場に入る車の渋滞もありませんでした。高額商品の買い控えは間違いないようです。

スポンサーサイト

| お仕事 | 07時27分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1279-18b76d1e

PREV | PAGE-SELECT | NEXT