1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自分が自分の下で働きたいですか?


『もし、あなたが上司を選べるとしたら、「あなた自身」を選びますか?
あなたが今、工場長であるならば、
「あなたという工場長の下で働きたいですか?」
あなたが今、課長であるならば、
「あなたという課長の下で働きたいですか?」

仕事の知識と経験、指示の仕方・報告の受け方、人の話を聴く姿勢、部下を育てる熱意、お客様への対応・緊急時の対応、部下がミスした時の反応、考え方・生き方・心構え・人格・品性、それらを振り返ってみて、『ぜひ「この上司」と働きたい!』と思えますか?

人は、そう考えて初めて自分自身を客観視できます。あなたが自分のことを「ぜひこの人の下で働きたい!」と思えないならば、今現在、そんな自分の部下でいてくれる彼ら、彼女らに感謝をしましょう。』

私が外資系企業で何度も転職した理由の一つに「こんな社長の下では働きたくない」というのがありました。実際、数人いました。言っていることとやっていることが一致しない社長、何を考えているかわからない社長、話が意味不明な社長、会社の実情を開示しない社長、社長としての資質や能力を問う以前に人間としての品性がない社長。私がコーワの社長を務める時に思ったのは、彼らを反面教師として逆の行動をして、こんな社長の下なら働きたいと思ってもらえるようになろうということでした。自分の部署で中途採用をするときも、チームメンバー全員で面接し、彼もしくは彼女と全員が一緒に働きたいと思うかどうかで採用を決めました。

反面教師の逆の行動を100%出来ているかどうか自信はありませんが、日々努力しています。

おまけ
ジャンプ団体銅メダル。個人の銀メダルで泣かなかった葛西選手が泣いているのを見て、もらい泣きしてしまいました。膝の怪我や病気を克服したチームメンバーを率いて、まるで親のような姿に感動。チームで結果を出すというのは、一人で出す結果よりも何倍も嬉しいのでしょうね。日本人らしい姿の4人でした。またインタビューで葛西選手が補欠メンバーにも言及したことが嬉しかったです。

スポンサーサイト

| お仕事 | 07時34分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1239-b5babbdb

PREV | PAGE-SELECT | NEXT