1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

経営幹部に求められる資質


経営者の根本的な仕事は2つあります。
1.利益を出し続け、会社を継続すること
2.人を育てること
(ちなみに、「よく聞け、金を残して死ぬ者は下だ。仕事を残して死ぬ者は中だ。人を残して死ぬ者は上だ。よく覚えておけ。」という言葉を政治家後藤新平が残しました)

将来の経営幹部を育てる場合に、候補者に持っていてもらいたい資質を列挙してみます:
1.ポジティブ(前向き)であること。ポジティブな経営幹部は会社に明るさと活力を与え、ビジネスチャンスを見出す可能性を高めることが出来ます。ネガティブに考える人は変化に気付いても次の行動に移りません。ポジティブな人は、次はこれを試してみようと考えます。ポジティブな経営幹部が揃っている会社は明るい雰囲気になります。
2.謙虚であること。経営幹部は多くの人と会い、謙虚な姿勢で多くの事を積極的に学ぶことが必要になります。傲慢な人、上から目線の発言が多い人は学び成長することは容易ではありません。
3.必要な知識を学ぶこと。意気込みが立派でも、仕事をするうえでの必要な知識、例えば会計、法務、労務、規制、など多くの分野に渡る知識が不可欠です。本で勉強する、セミナーに参加する、と言った方法で身に付けます。しかし、弁護士、税理士/会計士、経営コンサルタント、社労士等の外部専門家のアドバイスを受けられるようにしておくことも大事です。
4.勤勉+勉強好きであること。勤勉な人は勤勉であることの大切さを教えることが出来ますし、勤勉ではに人は知らない事から逃げる癖がつき、部下を指導する際にもキチンと指導することが出来ません。
5.0から1を生み出す仕事をする。一般社員は1を3にする、5にする仕事を担当します。経営幹部は新しいこと(新規事業、新製品開発、新規顧客開拓、新販売ルート等)を始める必要があります。
6.高い当事者意識を持って仕事に臨むこと。サラリーマン根性を捨てる覚悟が要ります。自分が経営者になったつもりで仕事をする。
7.上司、部下、他部署、取引先等仕事で関連する人々に対して気遣い、気配りが出来ること。仕事は一人ではできません。周囲を巻き込んでいく姿勢が必要です。
8.物事をやりきる強い精神力。中途半端で投げ出さず、最後までやりきる根性が大切。しかし、結論を出さずダラダラやり続けることとは別。

スポンサーサイト

| お仕事 | 07時26分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1202-26a57e86

PREV | PAGE-SELECT | NEXT