1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

成功は「才能」ではなく「習慣」である


(西田文郎氏「No.1リーダーを支える英断の言葉」より引用)
『成功するには「実力」と「運」が必要です。一番必要なものは何かと問われたら「習慣」と答えます。日々の積み重ねが大事です。どんな習慣が大事か?

第一は、肯定的な思考です。昨日の思考停止状態で書いたような否定的な思考ではなく、肯定的な思考に切り替える習慣です。「できそうにない」→「どうやったらできるか?」、「難しく辛い仕事」→「これをクリアできたらいい経験になる」といった考え方を切り替えることです。これは以前のブログにも書いた「試験に落ちたらどうしよう」→「試験に合格するために今ベストを尽くす」という考え方に通じます。

第二は、ほんの少し人より多めの努力です。』

1日15分でもいいから読書をする、1日15分でもいいから英語の勉強をする(1週間に一度まとめて勉強するよりも毎日少しでも続ける方が英会話をマスターするには有効です)、毎日日経新聞を熟読する、定期的に軽い運動を永年続ける。5年、10年、20年、続けるとそうでない人との差は非常に大きくなります。人の2倍、3倍努力するというのは長続きしません。でも少し多めに努力する、それも良い習慣を続けることなら誰でも出来るはずです。

おまけ
みのもんたが情報番組を降板する旨の釈明会見を見ていると、何故自分が辞めなければならないのかよく判っていないようでした。みの氏は降板理由を社会の風潮のせいにしていましたが(風潮を作ったメディアに責任があるような言い方でした)、その風潮を作ったのは本人だという事を理解していません。上から目線で偉そうに他人を批判しておきながら、都合の悪い自分の事(セクハラ疑惑、息子の不祥事)に関してはダンマリ。辞めさせなかったテレビ局は、みの氏に何か弱みでも握られているのではと疑うほど弱腰でした。私が上から目線の話し方で嫌いな人物は、みの氏以外では、加藤元プロ野球コミッショナー、小倉智明、テリー伊藤、和田アキ子、古舘伊知郎、です。謙虚な姿勢を取らず傲慢な姿勢を続けていると、批判は「倍返し」になります。
おまけ
みずほ銀行、阪急阪神ホテル。事が起きてしまったのは仕方がないとしても、その後の処理・対応がお粗末です。いい反面教師としたいと思います。

スポンサーサイト

| お仕事 | 07時27分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1168-b898929a

PREV | PAGE-SELECT | NEXT