1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自信がない人物と心配性


後継社長の教育を仕事とする二条彪氏のメルマガにこんな文章がありました:

『自分で自信がないと思っている人の方が、力は伸びますし、最終的にはとても精神的に強い人になります。自信がないということは、きちんと自己理解できているということ。そして、社長に不可欠な謙虚な気持ちを持っているということに他なりません。私は自信がない、と思っていれば、何事にも慎重になります。暴走する恐れがありません。また自信がないと思っていますから、いろいろな人に相談をして意見を聞きます。たくさんの複案を考え、結果として多面的多角的に意思決定をすることができます。私は自信があると思っている人よりも、まともな意思決定をすることができるのです。

けっこう自信があると思っている人はうぬぼれていますから、意思決定にも偏りがあります。他人に相談をしても、自分の都合のよい意見しか聞きませんから、結局相談をしている意味がありません。私は決して詐欺に騙されない!と思っている人が一番騙されやすいと言われることと同じです。騙されない!と自信過剰な心が、リスクを見えなくさせ心の隙を生むのです。私は騙されるかもしれない!という臆病な気持ちが慎重さを生むのです。』

たしかに、創業社長は自分に都合の悪い情報は無視し、自分に都合の良い情報をさらに拡大解釈して物事を判断する傾向があります。多くの後継社長は、自信がなく心配性だと推測します。

8月8日のブログで落合元中日監督の心配性というコラムを紹介しました。相通ずる文章でした。両方を読むと、経営者としてホッとする部分に加えて、もっと精進しなければと気持ちを引き締めます。もっとも、元金融業界出身として、危ない金融商品に騙されない自信だけはあります。

おまけ
台風26号で大きな被害が出ました。お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。コーワ本社のすぐそばに綾瀬川が流れています。一時は堤防を越えるまであと30センチ近くまで水位が上昇しましたが、その後低下しひと安心でした。今朝は台風一過の晴天で冷え込んでいます。

スポンサーサイト

| お仕事 | 07時32分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1160-0906c6bd

PREV | PAGE-SELECT | NEXT