1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

目に見えない部分


ヤオコーという食料品スーパーがあります。この会社は競争の激しい食品スーパー業界にあって21期連続で増益を達成するというすごい会社です。

この会社の社長が「私は経営において一番大切なのは、目に見えない部分だと考えています」と説きます。目に見える商品やサービスがいかに優れていたとしても、他社が真似できるものなら自社の強みとならない。重要なのは、商品やサービスの提供にあたって重視している自社の考え方や、従業員の仕事に対する姿勢といった他社が容易に真似することが出来ない、『目に見えない部分』であるという意味になります。

スーパーの品ぞろえは大手ではどうしても似てきます。南千住で「三徳」という小規模の食品スーパーで私の妻は買い物をよくします。ここには、他のスーパーで取り扱っていないおいしいが知名度の低い商品が多く陳列されています。この三徳が扱うものはみんなおいしいので、新商品でも三徳が選んだ商品なら間違いないと思って購入することが多々あります。

コーワが製造する段ボール製品やTPS(トータル・パッケージ・ソリューション)が提供する物流サービスは、目に見える部分において他社の商品やサービスと大きな違いはありません。というか、最新鋭の設備でもない、24時間操業できないといった弱みもあり、他社に勝るというのは容易ではありません。しかし、目に見えない部分では他社に負けない自信があります。製品の品質と納期に対する社員の強い意識、お客様のために何とかしたいという姿勢、ミスのないTPSの作業(おかげさまで大手健康食品メーカーはTPSを販売促進用グッズの作業に関して指定業者にしてくれています)、など目に見えない部分で評価して頂いています。この分野なら自信はあります。そして「コーワでいい」ではなく、「コーワがいい」と言ってもらえる会社にします。

スポンサーサイト

| お仕事 | 07時24分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1147-246931f4

PREV | PAGE-SELECT | NEXT