1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

呼吸


「呼」は「息を吐く」、「吸」は「息を吸う」の意味です。息を吸うよりも先に息を吐きます。病院のレントゲン撮影などで、「息を吸って吐いて」と指示されますが、いきなり吸う事は出来ません。吐いたうえで、吸います。皆さんは過呼吸になったことありますか?私は一度なりました。息が出来ない感覚にとらわれ、息を吸い続けてしまい、手足がしびれ、パニック状態になります。紙袋を口・鼻にあて、吐いた空気を再度吸い込むという行為をくり返し、血中の二酸化炭素濃度を上げる方法(ペーパーバッグ法)が一般的です。私は病院で過呼吸になったため、看護士がこの措置をしてくれたのですぐ治りました。

吸う前に吐く。コップに水を注ぐ時も、すでにコップが水で一杯だとさらに注ぐことはできません。一旦水を飲んでコップに空きをつくらないと注げません。人間も頭の中が一杯いっぱいだと、何も頭に入りません。上司のアドバイスに対しても聴く耳を持たない状態になってしまいます。過呼吸の状態に似ています。頭の中が一杯いっぱいでパニック状態になった時は、深呼吸が必要です。

人間が昔の事(忘れても差し支えない内容)を忘れるのは、記憶力に限度があり、新しいものを頭に入れるためだと私は考えます。忘れていけないことは、頭の中にちゃんと残っています。忘れることは自然の事ですが、忘れていけないことを忘れてしまうのは避けなければなりません。頭は入れるだけでなく、吐き出すことも重要です。悩みや心配事も自分の中だけに留めないで、口から出してみることで打開策が見つかると思います。英語で言えば、インプットだけでなくアウトプットが重要ということです。新しい知識を得ても(インプット)、実践に移さなければ(アウトプット)身に付きません。息を吐く、想いを口に出す、アウトプットをつくる事が大事です。

行きつけのタイ古式マッサージの人が言います。現代の日本人の呼吸は浅く、息を吐ききっていない。腹で息を吸う意識を持つと、体が酸素を多く取り入れることが出来て疲れをかなりとることが出来るそうです(流行りのロングブレス健康法に近いと思います)。まず息を吐いて、息を吸う。生活でも、仕事でも、同じことが数多くあると思います。

おまけ
「13日の金曜日、ジェイソン」と言って分かる人は何歳から上でしょうか?

スポンサーサイト

| いろいろ | 07時28分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

ジェイソンの顔、まだ覚えています(笑)。
成人していたはずですが、何故かはまったホラー映画です。

| (山) | 2013/09/13 08:44 | URL |















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1142-ed457cd5

PREV | PAGE-SELECT | NEXT