1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マナーの悪さ、規律・けじめのなさ

最近、駅のホームや道路上でスマートフォンの使う人のマナーの悪さが目立ちます。例えば、電車を降りてホームを歩く人や階段を下りる人のスピードが遅いと思うとスマートフォンを見ています。周囲の人のペースと異なるので、ぶつかる危険性があります。先日は、救急車がサイレンを鳴らしながら交差点を曲がろうとすると、スマートフォンを見ながらゆっくり横断歩道を歩いている若い男性を見かけました。思わず「どけ」と怒鳴りたくなりました。スマートフォンを見ながら自転車に乗る人を多く見かけます。命より大事なメールやニュースがあるとは思えません。

駅のホームで、小型のキャリーケースを後ろに傾けて歩く人を多く見かけます。周囲の人に迷惑をかけているのを構わずに、かっこいいでしょうと言わんばかりにひいている人がいます。大きなリュックを背中に背負って混んだ電車に乗る人も周囲に対する気配りのできない人ですね。講演会で、携帯をマナーモードや電源をオフにせずに受信音が鳴って周りに迷惑をかける人も良く見ます。客先を訪問しているのに、携帯の電源をオフにしない人がほとんどです。マナーモードにしていても、受信するとメールや発信元をチラッと確認します。これも失礼な話です。逆に、来客中にもかかわらず、外部や社内の電話を優先して席を外す人も失礼です。わざわざ来ていただいた人よりも、電話で用事を済まそうとする人を優先する気がしれません。

規律・けじめのない人は信頼されにくいです。若い人はなぜそんなことで腹が立つの?と思うかもしれません。世代のギャップがあればあるほど価値観や、常識に対するレベルに差が出ます。しかし、お客様との大切な場面で大失態を演じる可能性もあります。「マナー・規律・けじめはビジネスにおいては重要で守るべきもの」と理解させる必要があります。

こういう事に腹を立てるのは私が歳をとったせいでしょうか・・・・?

おまけ
「問題は解決するものではなく、感動に変えるもの」
おまけ
ラジオで言っていた言葉。「クスリはリスク」逆から読んでも「クスリはリスク」。良く効く薬は副作用などのリスクがあります。

スポンサーサイト

| いろいろ | 07時28分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1088-6cc037ae

PREV | PAGE-SELECT | NEXT