1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

タイムマネジメント


トーマツの白潟氏のメルマガに以下のデータが紹介されていました。
『★午前10時
  午前6時から高まる生産性が、午前10時に最高になる。
★午後2時
  午前10時から低くなる生産性が、午後2時に最低になる。
★午後8時
  午後2時から高まる生産性が、午後8時にピークになる。(午前10時の半分程度)
朝の8時から10時まではもっとも生産性が高い時間帯ですから、集中力が必要な仕事にあてると良いと思います。例えば、「企画会議」や「アイデア出しの会議」、「初めて任さ
れた仕事」などです。他には、神経を使って表現を考えないといけないお客さまへの
「重要なメールをチェック」したり、営業の方であれば間違えてはいけないような「提案書」や「見積書」など、お客さま向けの資料の作成やチェックも良いですね。午前10時までは集中力が必要な仕事を中心にしましょう。
次は、お昼休みをはさんで12時から14時です。この時間帯は生産性が下がる時間帯ですから、集中力があまりなくてもできる仕事にあててください。例えば、「インターネットの検索」でちょっとした調べものをしたり、社内事務の「連絡メール」を処理したり、「交通費や経費の精算」などの「単純作業」を片づけてしまいましょう。こうした作業を、朝に出社してすぐにやってしまう方も多いのではないでしょうか。習慣化している方もいるかもしれません。先ほどお伝えしたとおり、午前中はなるべく集中力が必要な仕事にあてて、それ以外をこの時間にシフトされたほうが良いと思います。
そして、最後の14時から20時までは、もう一度「メインの仕事」にあてましょう。20時以降は生産性が下がりますから、できれば仕事をきりあげたほうが良いです。
こんな具合に、それぞれの時間帯での生産性を意識して仕事を振り分けていけば、
タイムマネジメント上手になっていくのかなと思います。』

女性の下着メーカーのトリンプは毎日早朝に本社や各拠点を結んだテレビ会議を実施しており見学したことがあります(当時の社長が交代しているので、現在も続いているかは不明です)。朝一番の頭がすっきりしている時に多くの案件の結論を出していました。また同社は、電話をせずに仕事に集中する時間というも設けていました。
私が大学受験勉強をしていた時代。当時は、ラジオの文化放送で夜11時から大学受験ラジオ講座というのを放送していました。毎月販売されるテキストに基づいて名物講師が講義をします。しかし、夜11時というのは一番勉強にリズムが乗っている時間なので、カセットに録音して、翌日学校から帰宅して夕食までの時間帯に聴くようにしました。これも効率を考えたタイムマネジメントだったかもしれません。

仕事のできる人には仕事が集まります。でも、この人は仕事量に比べて残業が少ないです。タイムマネジメントが出来ているからだと思います

スポンサーサイト

| お仕事 | 07時28分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1080-c5c61263

PREV | PAGE-SELECT | NEXT