1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

英語が社内公用語


楽天は1日の入社式をすべて英語で行ないました。新入社員はTOEIC750点以上をもつ人ばかりで、外国人も多くみられました。ユニクロをもつファーストリテイリングも英語を公式社内言語としています。英語力もたしかに必要ですが、英語の前に日本語で話す内容と日本語による表現力を高い水準でもつことが、英語をうまく話すのに必要なことだと思います。

私が米国に留学する前に、大学の英語の教授に英語をうまく話すコツは何ですかと尋ねたら、話す内容を持つことと言われました。当時はよく理解できませんでしたが、大学院に入学する前に短期間入学した英語学校で理解できました。授業で宗教について話すという課題がでました。私は宗教心がほとんどないに等しかったので、日本語でしゃべる内容を持たず英語で全くしゃべることが出来ませんでした。一方、宗教心にあふれる中近東の学生は下手な英語でも宗教について延々としゃべり続けます。日本語で話せないものは、英語でも話せません。例え英語が下手であっても、中身の濃い話をできるなら外国人はきちんと耳を傾けてくれます。これが「話す内容を持つ」ということでした。

今の若い人は、キチンとしたきれいな日本語を話せない人が多いと感じます。母国語をきれいに話せない人に、外国語を話して外国人に理解してもらうことは容易ではありません。おいしくてもヤバイ、まずいことがあるとヤバイ(これは正しい表現ですかね)、何かに感激してもヤバイ、こんな表現しかできない人に外国語をマスターすることは無理だと思います。日本語では、色彩を表す言葉が非常に多くあります。おそらく英語では、そんなにないと思います。日本語は表現が豊かな言語です。

英語を学ぶ前に、一般常識をキチンと持つ、日本文化に親しむ、深い専門知識を持つ、そういった下地があって初めて英語を通じて外国人とコミュニケーションが取れることになります。

おまけ
車を運転していてバックミラーを見る時に、ドキッとする車が増えました。レクサス(映画プレデターのようです)、クラウンアスリート、マークXの顔です。良く言えば攻撃的で個性的、悪く言えば威嚇(いかく)的で下品です。
スポンサーサイト

| 未分類 | 07時28分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1032-4b19e1ef

PREV | PAGE-SELECT | NEXT