1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

目標設定1

目標を設定するときに、「クレームの削減xx%」といったケースがあります。クレームはゼロを目指さなければ意味がありません。Xx%削減ということは、一定のパーセントのクレームはあって当然という考え方です。

元巨人の江川投手は、試合では次のような試合を目指したと聞いたことがあります。
1.27球で終わる完全試合
2.27球が無理なら完全試合
3.完全試合がフォアボールを出してできなくなったらノーヒットノーラン
4.ヒットを打たれたら完封試合
5.点を取られたら完投試合
やはり、目指すべき最高の目標をまず目指して仕事に臨む。絶えず、高いレベルの目標を頭に入れて仕事をする。「仕方がないよな」と一言つぶやいたら、そこでおしまいです。

経営者はあくまでも理想とすべき高い目標を掲げます。もちろん最悪に備えた最低限達成したい目標も持っています。最高の目標(予算)が無理となった時は、この水準は絶対確保したいという目標(予算)を持っていますが、あくまでも達成すべき目標は最高のものです。

「一番じゃないとだめですか?二番ではいけないのですか?」と言う言葉がありましたが、初めから二番を目指したら、三番、四番も無理です。最初から低い目標設定をしてそれを達成するために努力するのは止めて、高い目標設定をしてそれを達成すべく最高の努力をするように心がけましょう。

おまけ
イタリアの総選挙の結果がねじれになりそうということで、今朝午前0時1ユーロ=125円台午前6時前には一時118円台までユーロ安・円高が進みました。米株も欧州財政危機再燃を嫌気して急落しました。今日の日本株式市場も急落するでしょう。
おまけ
最新号の週刊ダイヤモンドの特集タイトル「新・株入門 スラスラわかる賢い投資術」。もうじき株式市場が天井を打って下落を始めるという時に、こんな記事をよく見かけます。中長期で見て、株式相場はそろそろ要注意かもしれません。

スポンサーサイト

| お仕事 | 07時36分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1005-84df0517

PREV | PAGE-SELECT | NEXT