1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

教えることは教わること

学んだことを身に付ける一番の方法は、自分が誰かに教えることです。以前のブログでも書きましたが、英語を頭でわかったつもりでも実際に会話などで使って初めて身に付ける事が出来ます。それをさらに上を行くのが、誰かに教えることです。教えることで理解が深まります。教えるということは一番の復習です。教える相手の反応を見て、こう教えればもっと良かったと学べます。教える相手からの質問で自分が理解していなかった部分が見つかるかもしれません。教えることは教わることです。

弊社ではジェイック社に社外研修で多くの社員が参加しています。出来れば、朝礼などで発表する機会を提供したら、理解度がさらに高まると思います(同僚の前でしゃべるのは非常に緊張すると思いますが、一回やってみればどうってことないと感じると思います)。是非、各工場でも試してほしいと思います。

私の息子が大学生時代に甥っ子の家庭教師のアルバイトをしたことがあります。甥っ子が定期試験で良い成績を取ると本人以上に喜び、勉強態度が悪いと厳しく叱っていました。教え子が成果を残すと、指導者はものすごくうれしいものです。スポーツでも、コーチが優勝や良い成績を記録すると本人以上に喜びます。親は子供が成果を出すと嬉しいものです。会社の上司部下の関係でも同じです。選手、子供、部下に自分が学んだことをキチンと教えることは、自分の事をさらに高めることが出来ると考えます。ある意味、Win-Winの関係とも言えます。

学ぶことはインプット 教えることはアウトプット この二つのことを行って初めて自分のものになります。

おまけ
女子スキージャンプの高梨沙羅選手。16歳でインターナショナルスクールに通学していますが、ジャンプシーズンになると通学できません。そのために高校を卒業していなくても大学受験資格をもらえる大検を既にパスしています。大検も数か月間集中的に勉強し合格しました。勉強でもジャンプでも集中力がものすごい印象で、見習いたい部分です。
スポンサーサイト

| いろいろ | 07時28分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

弊社の研修をご紹介していただきまして、ありがとうございます!!

発表を聞くことやそれの感想を伝えることも、インプット/アウトプットですものね。
ぜひ、皆様で実践していただけたらと思います。

| semiko3 | 2013/02/19 17:36 | URL |















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1000-562f06cc

PREV | PAGE-SELECT | NEXT