1. 無料アクセス解析

2017年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

食べ過ぎをキャベツで解消

ダイヤモンド・オンラインに掲載された記事です:
『食べすぎても帳消しにできる――それも、キャベツを食べるだけで。健康意識が高く、日頃、食事の量やバランスに気をつけている人であったとしても、ついつい好きな料理を食べすぎてしまうことはありますよね。毎日規則正しい食生活を送るのは理想ですが、なかなか難しいのが現実。ならば、1日単位で考えるのをやめてしまいましょう。食事の量は「1週間単位」で考える――。それくらいでちょうどいいのです。週の前半に食べすぎてしまっても、週の後半で食べすぎを差し引きゼロにすればまったく問題ありません。ラクに考えて毎度の食事を楽しむことのほうが大切です。週の前半に食べすぎてしまったと感じたら、週の後半にカロリーの低い食事をとって、摂取カロリーを調整すればいいのです。

では、具体的には何を食べればいいのでしょうか?カロリーの低い食事の代表格は野菜です。なかでも、最もおすすめなのは、たっぷり食べても太らない「キャベツ」です。キャベツには、2つのメリットがあります。
1つは、食物繊維が多いこと。食物繊維をたっぷりと食べておくと、食後の満腹感が長くなります。食後の腹持ちがよくなると、次の食事まで、余計なおやつなどを食べたくなるといったムダな食欲が消えるのです。
もう1つのメリットは、食べすぎ、飲みすぎたあとの胃をいたわる効果です。キャベツには、特有の成分であるキャベジン(ビタミンU)が豊富です。食べものを消化するには胃酸が必要です。つい食べすぎたり飲みすぎたりしてしまうと、必要以上の胃酸が分泌されます。胃酸は多すぎると胃を傷つけます。キャベジンは、胃酸の分泌を抑え、食べすぎ、飲みすぎで荒れて弱った胃の粘膜を丈夫にし、修復を助けます。同時にビタミンCが豊富で、キャベジンと協力して疲れた肝臓も助けてくれます。

食べすぎを取り返すには何日必要だと思いますか?1日の必要摂取カロリーは性別や年齢、身長と体重で変わってくるのですが、仮に2000キロカロリーの女性を想定してみましょう。
ちょっと食べすぎてしまって、3000キロカロリーもとってしまったとします。その場合は、翌日から本来の摂取カロリーの8割の1600キロカロリーを目標にします。ポイントは、食べすぎた日とカロリーを減らした日の摂取カロリーの平均が、1週間で2000キロカロリーに近づくようにすること。平均2000キロカロリーにするために必要な日数を計算すると、3日間かかる計算になります。3日間でカロリーを調整すると考えた場合、1日に食べすぎてもいいカロリーは1000キロカロリーです。ですが、3日間も食事制限でカロリーを減らすのは大変。そこで、食事の中身を一部キャベツに置き換えてみるのです。外食のトンカツなどに添えてある刻みキャベツの量、約30gの2倍量を目安に食べます。これを食べすぎた翌日から3日以内に4回以上食べるのが目標です。4回以上食べれば、キャベツを4分の1個ほど食べたことになります。1日3食を必ず食べるとして、3日間で9回食事のチャンスがあります。9回のうち4回食べるのが目標ですから、意識的に食べることが大切です。毎朝、朝食にキャベツを取り入れると3回は確保できるので、目標が達成しやすくなります。刻んだ袋入りキャベツも市販されているので利用すると便利です。ただし、マヨネーズで味をつけたコールスローサラダは脂肪がたっぷりなのでNG。ドレッシングをかけて食べるようにしましょう。ドレッシングはノンオイルタイプが最もおすすめ。和風、フレンチドレッシングでおいしく食べられます。』

私も食べ過ぎて増えた体重を落とすのに苦労することが良くあります。キャベツなら食べやすいので試すことが出来そうです。とんかつに千切りキャベツを併せる事を考えついた人は天才です。和幸でトンカツを食べたら、キャベツのおかわりは必至ですね。最後に書かれたマヨネーズをつけて食べるキャベツ、美味しくて好きなんですが、ダメなんですね、残念。

おまけ
局地的豪雨で大被害が発生しています。YouTubeで荒川氾濫と検索すると東京都が作成した動画を見ることが出来ます。大雨で荒川が氾濫し東京都が大被害を受けるという動画です。参考になります。

スポンサーサイト

| いろいろ | 07時22分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「未来の年表」河合雅司著 現代新書


標題の本を読みました。恐ろしい現実を突き付けられました。要約します。
日本の人口2015年1億2700万人、40年後9,000万人を下回り、100年以内に5,000万人、一定の条件に基づく机上の計算では200年後は1,380万人、300年後は約450万人、西暦2900年には6,000人、西暦3000年には2,000人になる。日本人が絶滅危惧種となる。その要因は、1)出生数の減少、2)高齢者の激増、3)勤労世代の激減で社会の支え手の不足、4)3要素が互いに絡み合って起きる人口減少

2016年の年間出生数は98.1万人 2065年に55.7万人 2115年には31.8万人と予測
ピークの1949年は269万6,638人第1次ベビーブーマー(団塊世代)。第二次大戦後のうめよ増やせよの時代でした。出生数が少ないという事は、夫婦から子供一人しか生まれない場合、 1→1/2→1/4→1/8と世代を経るごとに減ることになる。女性一人が産む子供の数 が、1947年4.54人、2015年1.45人と1/3に。人口維持には2人、人口増加は3人必要であって、政府が目指す1.8人は人口減少スピードを抑える働きしかない。

人口の年表から抜粋:
2017年 65歳~74歳の人口が減り始める
2018年 75歳以上の人口が65~74歳人口を上回る
2019年 世帯数が5,307万とピークを迎える
2020年 女性の過半数が50歳以上となり、出産可能な女性数が大きく減る
2021年 介護離職が増え始める
2022年 団塊世代が75歳になり、一人暮らし社会が本格化
2024年 団塊世代がすべて75歳以上となり、社会保障費が膨らむ
2025年 東京の人口が1,398万人とピークをつける
2033年 空家が2,167万戸、3戸に1戸は人が住まない
2040年 自治体の半数近くが消滅危機
2045年 東京の3人に1人が高齢者
2055年 4人に1人が75歳以上
この先は恐ろしくて書く気が起きません。

出生数が増えないのは、非正規社員の増加で低収入で結婚できない、高学歴高収入の女性は敢えて結婚しない選択をすることが多い、結婚しても共働きでないと家計が維持できず保育所不足などで女性が子供を産むことに躊躇する、教育費の増加、将来の生活が不安で子供を産みたくない、等様々な要因があります。

高齢化社会も恐ろしいです。医療レベルの向上で長生き、老老介護の増加、介護士のなり手がいない、社会保障費が急増し若い世代が負担しきれない、高齢者と若年世代との分裂、等

少子化が進むと、大学や塾といった教育関連に携わる学校法人や企業も生き残りが大変になり、特に地方の大学は学生が集まらず閉校になる数も増えます。また高齢化は人間だけでなく、道路/橋、上下水道、高速道路などの社会インフラも老朽化が進み、維持管理・更新に膨大なお金が必要になります。

政治の仕事は、本当はこういった超長期的な問題(緊急ではないが非常に重要な問題)に真剣に取り組むことだと思いますが、票につながらない面倒なことを先送りして目先の選挙で当選することや政権を維持することにシャカリキになっています。

おまけ
今日から公立小学校は夏休み。今朝、数名の子供が道路を走っていました。運転時、子供に注意です。

| | 07時32分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミスを起こした時の最善の対処方法


段ボールケースを製造する時、最大1分間350枚製造し、1万ケースといった大量のケースを作る時があります。不良品を防ぐために、カメラによる検査装置を付けていても不良品が発生する場合があります。もしくは製造後の荷扱いなどでクレームが発生する場合があります。完全な当社のケアレスミスで起きることがあります。そんな時は、まず「真摯に向き合って対応する」ということが大事になってきます。お客様に何て言おうか?何かうまく回避する方法はないか?などと考えてしまいがちですが、こういう時こそ真摯に向き合って対応することが、最善の解決策になります。

当社の完全なケアレスミスであるならば、とにかく率直に謝るしかありません。一切の言い訳をせずに。その上でこれにどう対処するのか、当社の考えを提示する。当社の責任で余分な出費が発生するのならば、その負担もする。その上で最善の対応策、今後のミス防止に対する対策なども説明します。

何か事があった時に、最もいけないのは「逃げる」「ごまかす」ことです。逃げようとする、ごまかそうとする、先送りにする、ことで問題が大きくなってしまうのです。逃げずに、特に「心」が逃げずに、真摯に対応すれば、問題は思ったよりも簡単に解決するものです。

安倍首相も国会答弁で、強がったり、否定したり、しらを通すだけだったり、逃げたり、先送りしたり、話をすり替えたりするから不支持率が急上昇してしまうわけです。他の閣僚も同様で、不支持率の上昇に拍車を掛けました。一旦失った信頼は簡単には戻せません。安倍首相の今回の対応は、何かあった時に備えて大変参考になる事例でした。

おまけ
昨日、梅雨明け。梅雨はあったのでしょうか?と思うくらい雨が少なく、取水制限が行なわれています。節水を心がけます。

| 未分類 | 07時33分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

機関投資家と個人投資家


昨日に続いて株式投資に関連する文章を書きます。興味ない方はパスしてください。
新聞の株式欄を読むと、機関投資家という言葉が出てきます。機関投資家とは誰でしょうか?大きな金額で株式投資を行う法人を指します。具体的には以下のような名前が上がります
GPIF:国民年金と厚生年金の資金運用を行う公的機関です(実際の運用は、信託銀行や投資顧問会社に委託するのが大部分)。
厚生年金基金:会社員の上乗せ年金を運用します(信託銀行や投資顧問会社に委託)。
信託銀行:年金資金の運用を行います。
生命保険:保険の加入者から得た保険料をつかって投資運用を行います
損害保険会社:保険料を運用します。
投資信託運用会社:個人から集めた資金の運用をお行います。
投資顧問会社:国内外の年金資金の運用を行います。
政府系ファンド:例)サウジアラビア政府が原油輸出で得た資金で運用する。
ヘッジファンド:投機的な運用を行うので、機関投資家に含まれないケースが多い
*ちなみに日銀もETF(上場投資信託)を通じて、実質的に巨額の株式を保有しますが機関投資家とは呼びません。

いずれも巨額の資金を運用します。運用実績の評価として、単年度でベンチマークと称する運用評価のための基準、例えば東証株価指数等に勝つことを求められます。負け続けると運用契約を切られます。従って、運用が短期的な見方に偏る傾向があります。また、運用資金が大きいため機動的な資産配分の変更や銘柄入れ替えが難しく、取引量の少ない小型株に投資しにくいといった傾向があります。

個人投資家は、少ない銘柄を長期保有する投資家もいれば、投資を職業として毎日売買を繰り返す短期的運用しかしない人、俗にデイトレーダーと呼ばれる投資家もいます。デイトレーダーは、神経をすり減らす運用で一般の人にはお勧めしません。個人投資家としては、その会社の業績が悪くなった時に株を売るのではなく、会社を応援する目的で商品をより多く購入したくなる会社に投資すべきと考えます(私がアナリストとして最初に訪問した会社は、当時大好きだったモスバーガーを訪問し副社長にインタビューしました)。個人投資家は、株主優待と配当金狙いで銘柄選定をしたりします。例えば、ファミレスの株式を保有するとお食事優待券をもらえます。この金額と配当金狙いでいろんな銘柄を保有することで有名な人物もいます。個人投資家は機関投資家のように単年度の運用成績で首を切られたりすることがないので、長期運用が可能だと思います。

個人が自分の好きな銘柄(例えば、モスバーガー、スバル、キヤノン等)に投資したりすると、経済、株式・為替・金利市場、新技術、会社業績等に興味を持つようになり、社会勉強としては非常に役立つと思います。少額から個別銘柄を買いやすくなっているので、試してみると良いと思います。但し、そのお金がゼロになったとしても(会社が倒産しない限りゼロになることはないですが)問題ない性質のお金で投資しましょう。2年後の子供の大學の入学金を株式投資で2倍にしたいといった投資はNGです。

おまけ
八潮本社では雹(ひょう)は降らず、荒川区にある自宅では2~3センチ大の雹が降りました。そのせいか、今朝は涼しく感じました。最近は、異常な天気が普通になってしまいました。

| 経済・社会 | 07時32分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

株式投資のスタイル


株式投資というと、「今日株を買って一週間後に売って3割儲け」といった短期で儲けることをイメージする方も多いのではないかと思います。しかし、株式投資のスタイルにはいろいろあります。

●アクティブ運用とパッシブ運用
アクティブ運用とは、株式投資を担当するファンドマネージャーが日経平均や東証株価指数といった株価指数を上回るリターンが期待できる銘柄を選び(普通は30銘柄から100銘柄程度に投資します)。パッシブ運用とは株価指数通りに動くように運用します(銘柄は100銘柄をはるかに超えます)。アクティブ運用は運用費用が高く、パッシブ運用は費用が低いのが特徴です。アクティブ運用が毎年株価指数を上回る確率は低く、パッシブ運用は株価指数とほとんど同じリターンになります。個人型確定拠出年金では、パッシブ運用の投資信託が主流です。
●成長株投資と割安株投資
成長株投資とは、イメージしやすいのがアップル、グーグル、フェイスブックといったIT関連の急成長を続ける銘柄を投資対象とします。割安株投資とは、安定的に利益を出すが、株価が比較的低位に留まっている銘柄を投資対象とします。成長株は株価の乱高下が大きいのに対し、割安株は株価の変動率は低いのが特徴です。
●順張り投資と逆張り投資
順張り投資とは、株価が上がっている銘柄がさらに上がると期待して買う手法で、短期間で儲けようとします。逆張り投資とは、値下がりしている銘柄を下がる過程で買う手法で、長期的なスタンスで投資します。株価が上がっている銘柄を人間は買いやすく、下がる銘柄を売りやすいです。そうすると高値づかみをして、下がる過程で投げ売りして損をします。個人投資家が一番やりがちなパターンです。株価が下がり、多くの人が売っている時に買うというのは勇気が要ります。
●大型株投資小型株投資
大型株投資とは、トヨタ、日立、ソフトバンク、みずほ銀行といった有名な銘柄でかつ時価総額(株価x発行済み株数)が上位にある銘柄のみを投資対象とします。小型株投資とは、会社の歴史がまだ短く売上が小さく時価総額が小さく知名度が低い銘柄を投資対象とします。大型株は株価の変動率が小さく、小型株は変動率が大きいのが特徴。しかし、小型株投資では投資額が大きくなればなるほど売買がしにくくなり運用しにくくなる欠点があります。
●テーマ株投資
普通は日経平均、東証株価指数といった株価指数と比較して運用をするのが一般的ですが、テーマ株投資というのは、「ロボット関連株」「AI関連株」「米国インフラ投資関連株」といったテーマに沿った銘柄だけを投資対象とします。金融機関が「AI関連株」ファンドを売り出したら、そのテーマに関連する銘柄は高値にあると判断して間違いありません。金融機関は売り込みやすいテーマを選ぶので、既に銘柄は高値圏にあります。金融庁がテーマ型ファンドは望ましくないと発表しています。

どれが良い、どれが悪いとは一概に言えません。ただ、最後のテーマ株投資は止めておいた方が無難です。間違いなく言えるのは、投資信託を買う時に販売手数料がかかる、信託報酬(運用経費)が高いファンドは避けたほうが良いでしょう。リターンは分らないが、コストは目に見えているからです。

おまけ
昨日は東京も猛暑日。一歩も家から出ませんでした。50年前、体温と同じ気温はフェーン現象等が発生した異常時だけ見られました。


| 経済・社会 | 07時37分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT