FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

2017年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年07月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

学ぶということ


学ぶということは、自分の能力を高めるためだけのモノではないのです。「学ぶことで自分の能力を高めることはモチロンですが、もっと大切なことがあるのです。それは、自分の高めた能力で、周りの人の能力も高めてあげて成長の連鎖を創ること」なのです。学んで、学びっぱなしではなく、学んだことを活かし、自身の関わる人々の能力を高めることに没頭する。こんなポジティブなサイクルが本来の学びであり、私たちビジネスマンが、ビジネスを興し成長させる原点となるのです。ビジネスマンとして学び続けることはモチロンのこと、この関わる方への成長の連鎖創造、ぜひ、チャレンジしてみてください。

また、「人は、教える瞬間に、最も多くを学ぶ。」ともいわれています。ある知識を完全に自分のものにしたければ、学んだ直後に、人に教えるプロセスを入れることです。生半可な理解では、人に十分に教えることはできません。また、どのように教えるかを考える過程で、自分の頭を整理することもできるのです。何かを学習する際には、必ず「これを人に教えるためにはどうしたら良いか」と考えながら学習することです。人にどう伝えればいいのかを考えながら学習するだけでも、インプットの質は飛躍的に高まるのです。社員やお客様あるいはクライアントに、どうわかりやすく伝えるか、を念頭に置いて学ぶようにしましょう。
    *出所 渡邉ビジネスシステム研究所

一番良い勉強は、自分が学んだことを人に教えることだと常々考えていたので、ピッタリの文章でした。
新しい設備の操作方法を一人で講習を受けて部下に教える、もしくはオペレーター全員で一緒に受ける。どちらがより真剣に必死になって講習を受けて覚えようとするか?明らかに前者です。
外部で社員研修を受ける場合も、研修で学んだことを自分の部下に教えることを決めると、受講時の真剣度が全く異なってきます。インプットの質が高まると、アウトプットの質も高まります。

おまけ
自民党豊田議員。パワハラ以外の何物でもありません。安倍チルドレン2回生議員。ろくでもない奴ばかりです。安倍首相の傲慢な態度が若手議員にも伝染しているのでしょう。

| いろいろ | 07時23分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

罰金と賞金

どこかのネットで見ました:

稼いだら罰金 → 所得税
買ったら罰金 → 消費税、不動産取引税
所有者は罰金 → 固定資産税
動かすと罰金 → 自動車税&ガソリン税
飲んだら罰金 → 酒税
吸ったら罰金 → タバコ税
死んだら罰金 → 相続税
継いだら罰金 → 相続税
貰ったら罰金 → 贈与税
住んでいると罰金 → 住民税
かくしたら罰金 → 追徴課税
利息をもらったら罰金 → 源泉分離課税
入浴したら罰金 → 入湯税
ボールを打ったら罰金 → ゴルフ場利用税
泊まったら罰金 → 宿泊税
働かないと賞金 → 生活保護

国民が税金を罰金と感ずるのは、政治家、霞が関官僚、公務員が大事な税金を無駄遣いしていると考えているからです。しかし、最後の賞金には笑えます。

ちなみに、健康保険料、国民年金/厚生年金保険料等は、通院した時や高齢者が年金をもらうようになると有り難いと感じるようになります。

おまけ
都議選が23日スタートします。自民党には勝たせたくない、都民ファーストの会の人材は???マークだらけ、民進党はだらしない。投票したい党がない!! 選挙区の人物を見て考えます。

| いろいろ | 07時34分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏至


今日は夏至の日です(天気は1日雨模様ですが)。夏至の日は1年でもっとも日中の時間が長く、夏至以降日の長さが短くなり、どんどん秋に近づいています。しかし実際には7月8月と、体で感じる暑さは逆に増していきます。

昼間の時間が短くなるなど本格的な変化が始まることを「兆し(きざし)」といい、暑くなるなど体で感じる変化を「萌し(きざし)」というそうです。つまり体で感じる「萌し」があってから対策をうっているようでは遅く、本格的な変化である「兆し」があった段階で手を打つ必要があります。社員が会社を休むのは体調変化の「萌し」ですが、残業時間が増えてきたとか、顔色がよくないとかの「兆し」があった段階で、本人と個人面談をして対策をする必要があります。高速道路を運転していて、目がしょぼしょぼし始めたら「兆し」、あくびが連続して出るようなら「萌し」。「兆し」ではガムをかむ、「萌し」ではサービスエリアで休憩するといった対応を取ります。

会社で言えば、売上が減少し粗利率が低下するのは赤字の「萌し」ですが、既存客からの受注状況が何か芳しくないという「兆し」を把握し、早めに状況確認をし、対策を打つ必要があります。

数値を把握し、小さな変化を見逃さず、素早く対策を実施することでスムーズな経営をしたいものです。

おまけ
成田空港を新東京国際空港と呼びます。豊洲市場を新築地市場と呼んでも良いのでは?
おまけ
安倍首相の辞書では、「丁寧に説明する」とは「都合の悪いことは説明を拒否する」という意味です。文科省の記録文書と萩生田副官房長の言葉。私は文書を信じます。政治家に対する信頼はすでに無くなっています。

| いろいろ | 07時33分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いまどき珍しい生命保険

4月から生命保険の予定利率が下がり、貯蓄性の強い保険で入っても良い保険が激減しました。以前は、学資保険が生命保険の入り口として良く使われましたが、今では支払った保険料よりも少ない満期金になってしまう場合もあります。経済評論家の山崎元氏がコラムで今時珍しくお得な保険を紹介していました。それが明治安田生命の「じぶんの積立」です。

これは、月1口5千円、最大4口2万円といった保険料を5年間積み立てます。10年目に満期を迎えます。その間に中途解約しても払込済み金額と同額が払い戻しされます。10年経過すると103%の満期金が受け取れます。例えば、月1万支払うと、3年で36万円保険料支払いに対し、解約しても36万円もどります。5年で60万円払込み、10年目に618,000円受け取れます。なおかつ健康状態に関係なく入れます。

この保険のメリットは生命保険料控除が使えて節税できることにあります。
2012年以降の生命保険契約については年間8万円までの生命保険料が控除の対象となり、年間の生命保険料支払いが8万円以上なら一律4万円が所得控除の対象となる。つまり所得税や住民税がかかりません。例えば、年12万円積み立てたと仮定します。生命保険料控除は所得税が上限4万円、住民税が上限2万8000円で、例えば課税所得が330万円を超えて695万円以下の方は、所得税の限界税率が20%なので住民税を10%とすると、約10,800円が節税効果となり、課税所得が1800万円を超えると、所得税の限界税率は40%となるので、節税効果は18,800円に増加すします。

60万円を普通預金において10年経っても、0.01%(源泉徴収は無視)の利息では、10年で600円しか利息が付きません。18,000円と600円で17,400円のお得。節税効果が10,800円x5年=54,000円。合計71,400円お得になります。

普通は、3年後に解約したら受け取れる金額は、払込済み保険料を大きく下回ります。この保険は「ドアノック商品」と呼ばれ、まず明治安田生命のお客になってもらうきっかけにするものです。その後に別の保険に入ってもらうのが主目的です。65歳まで契約可能なので、試してみようかと思いましたが、ネットでは申し込みが出来ず、営業担当者と面談して加入することになります。これがネックですね。

生命保険と競馬のテレビ広告を見ると、若い人気タレントを起用しています。若い人の需要を開拓しておかないと、将来の売上減となるからです。この保険もターゲットは若くてまだ保険に入っていない人です。なので、営業担当者が私と面談しても喜ばないことになります(笑)。

おまけ
昨日の安倍首相の謝罪・反省もどきの会見、信用できません。安倍首相の不支持率の一番多い理由「人柄が信用できない」。国民はバカじゃありません。

| 経済・社会 | 07時32分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

質より量

パブロ・ピカソという有名な画家がいました。彼の絵は、200億円で取引されることもあるなど、その才能は素晴らしいものなのです。そのピカソは、生涯にわたって、実に1万3500点の油絵と素描、10万点の版画、3万4000点の挿絵、300点の彫刻と陶器を制作したのです。最も多作な芸術家だと、ギネスブックに載っているほどです。この作品数、どれくらいなのかイメージできますか?ピカソは、92歳まで生きました。合計33,580日です。単純に計算すると、1日あたり、4.4作品の制作を行ったことになるのです。生まれてからすぐに制作してはいないと思いますので、実際は、一日当たりの制作数は、もっと多くなります。この事実を知ると、何かに挑戦するとき、ちょっとやってみて、うまくいかず、自分には才能がないと思っていた自分が恥ずかしくなってきます。ちょっとやそっとでは才能は現れないのです。五行論でいえば、ピカソのような芸術・感性の才能は、陰の火のエネルギー、すなわち、炎のようなエネルギーです。陰の火のエネルギーを強めるのは、陽の木のエネルギー、すなわち、大樹のようなエネルギーです。大地に根を張り、上に上にと、一直線に成長し続けます。つまり、実践・継続を表します。ピカソの実践・継続は、半端じゃないですね。ところで、ビジネスにおいて、商品、サービスを宣伝広告する活動は、火のエネルギーです。もしも、あなたが、ビジネスで売り上げを上げるために、マーケティングや営業をしようとするなら、その火のエネルギーを高めるために、とにかく実践・継続することが重要になります。ちょっとやそっとではダメです。

良い「質」は、大量の「数」から生まれます。思考と試行錯誤の繰り返しです。数稽古。「質」より「量」ということですね。この、大樹のような実践継続力。何かをやりとげようとするなら、心にとどめておきたい教えです。
    *出所 渡邉ビジネスシステム研究所

営業マンが新規顧客を見つけるには、まずは見込み客の数をどれだけあげられるかにかかっています。「まず数」です。その中から実際に顧客になって頂ける相手先を見つけ、顧客になって頂き十分な顧客数を確保してから、「質」に関心を移します。受験勉強でも、まず「問題数」をどれだけこなすか、が合格へのカギでした。「数」をこなすことで「質」を段々理解できるようになります。まず「質より量」です。

おまけ
昨日放送のNHKスペシャル。睡眠不足状態が恒常的に続くと、がん、認知症にかかるリスクが高まるそうです。理想は7時間前後。5時間以下はNG。判断能力、仕事の効率、体力も落ちるそうです。真っ暗な部屋でいつもの時間にベッドに入り、自然に目が覚めるまで寝る。その睡眠時間と日頃の睡眠時間の差が不足時間となります。してはいけないのはベッドでのスマホは禁止。するべき事は、朝起きたら陽を浴びること。

| お仕事 | 07時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT