1. 無料アクセス解析

2016年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

エアコン

明日から7月、本格的に暑い夏の到来です。生活に欠かすことのできないエアコン。エネルギー消費が大きいと思いますが、日経ネットによると
『関東地域で見ると年間消費エネルギーを100とした場合に占める比率。暖房23.1、冷房1.5、給湯34.8、照明家電40.6と驚くべき結果となっています。九州でも、冷房は3だそうです。エネルギー消費が多いのは、給湯や照明、家電といった見すごされやすい“地味”な用途だそうです。冷房が必要なのは夏の限られた期間だけで、1日の中での使用時間も長くない。外気温が35℃を超えることは少なく、室内温度も25℃より低くはしないから、内外の温度差はせいぜい10℃。必要な場所だけスポットで電源をオンにすることが多いので、冷房する範囲も最小限に抑えられている。暖房の場合は、温暖地でも外気が0℃近くまで下がり、室内外の温度差が20℃を超える日が少なくない。暖房は在室時につけっぱなしにすることが多いので使用時間も長く、冷房よりも多くのエネルギーが必要となる。ただし、暖房も冷房と同じく、特定の季節にだけ利用される「季節限定」の用途。消費するエネルギーにはおのずと上限がある。

給湯になると、夏場でも水を温めずに風呂やシャワーにそのまま使えることはまずない。年中エネルギーを使って水を加熱する必要がある。照明や家電もコンスタントに使われる。こうした年間を通して消費されるエネルギーこそが、実はより多くのエネルギーを消費しているのである。本当に省エネを実践したければ、給湯や照明など年間を通して発生する用途を抑えた上で、次に暖房の対策に取り組む方が“コストパフォーマンス”が良い。冷房ばかりに頭がいって他の用途がおろそかにならぬよう、くれぐれも注意したい。』

自宅で10年前の冷蔵庫を買い換えました。最新モデルは容量が大きくなっているのに消費電力が10年前の1/3に減っています。長時間使うリビングとキッチンの照明をLEDに換えました。冷蔵庫は24時間ノンストップなので、効果が高いと思います。給湯と照明家電で一般家庭の消費するエネルギーの75%を占めているという事は、お風呂も連続して入る方が良いという事ですね。皿洗いの時もお湯を必要なときのみ流すように心がけます。

スポンサーサイト

| いろいろ | 07時27分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なぜ生きる2


先週、「なぜ生きる」のタイトルで書きました。
あるセミナーの資料(レジメ)の最初に、以下のように書かれていました:

人は何のために生きるのでしょうか?
●社会のため、他人のために何か貢献する、それがこの世に生を受けた意義と思っています。同時に自分の魂を磨き、自分の心を慈悲に満ちた優しい美しい心に変えていくことにこそ、人生の目的があると思っています。(稲森和夫 京セラ創業者)
●他人に尽くすために生まれてきたのです。人の役に立ち、人のために尽くすことです。(瀬戸内寂聴 天台宗尼僧)
●自分の会社は社会の役に立っている。この仕事は尊いものである。その会社を信頼し、自分も良き社員として成長し、会社の仕事を通じて社会に奉仕していこうという考え方を持つことが大切。(松下幸之助  松下電器創業者)
●人間の究極の幸せは次の4つ。①人に愛されること ②人にほめられること ③人の役に立つこと ④人に必要とされること。この4つは働くことで得られるのです。(大山泰弘 日本理化学工業会長)
●人間は自分以外の者のために生きた時から本当の人生が始まる(マザー・テレサ)

私は「妻の幸せのために生きる」と思っています。マザー・テレサの「自分以外の者のため」に該当します。妻が幸せという事には、家族が幸せ、会社を維持して社員とその家族も幸せに暮らせている、という事を含みます。コーワを継ぐまでは妻と子供の笑顔を見るのが自分にとっての幸せでしたが、会社を継いでからは社員とその家族が加わりました(一挙に百人単位で増えました)。

おまけ
九州は大雨、北関東はカラ梅雨。今年は台風の発生も少ないし、なかなかうまくいきません。

| いろいろ | 07時32分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

英国のEU離脱


予想外の結果で、内外の資本市場(株式、為替、金利、商品等)が大きく変動しました。リーマンショック並みの衝撃という見方もあるようですが、私はそうは思いません。リーマンショックの時は、サブプライムローンという爆弾を世界中の主要金融機関(日本の金融機関はあまり保有していなかった)がどれだけ持っているか、皆が疑心暗鬼になって、金融機関が資金を融通しあえない状態に陥り、景気後退が起きました。今回は、その状況に比べれば金融機関は健全な状態にあるので、衝撃はリーマンショックに比べれば小さいと思います。しかし、先行き不透明な期間が2年程度で終わるのか、もっと長期間にわたるのかが読めないのが困ったことだと思います。

英国のGDPのうち10%程度をロンドンの「シティ」と呼ばれる金融街が稼いでいました。為替の取引額ではロンドンが40%程度あり、ニューヨーク、シンガポール、東京をはるかに上回っています。ロンドンはアジアと欧州と北米をつなぐ時間帯にあり(冬時間ではロンドンと東京の時差は9時間、ニューヨークとは5時間で、ロンドンの朝が東京の夕方、ロンドンの夕方がニューヨークの朝になります)、取引に便利であり、かつ言語が英語というドイツ語やフランス語よりも一般的な言語だという事も「シティ」を世界トップクラスの金融市場にした理由です。ロンドンには世界中の金融機関がオフィスを構えています。EUから英国が離脱すると、金融街はその力を失っていきます。

心配なのは英国の分裂です。残留派のスコットランド、ロンドン市、北アイルランド、中産階級、若い人々と、離脱派のイングランド、ウェールズ、労働階級、年配者の対立が一層ひどくなり、暴動や内乱等に発展しないことを祈ります。

今回の英国のEU離脱が、各国経済にどの程度の影響を及ぼすか判りませんが、間違いないのは英国の景気が相当悪化することです。各国は、英国に対する投資を止めて、ドイツやフランスにシフトすると思われます。しかし、将来的に英国のように離脱を考える国が現れてEU自体が分裂するリスクが出てくるので、EUとユーロそのものが衰退するかもしれません。まさか、再びドイツマルク、フランスフラン、イタリアリアといった通貨が復活するとは思いませんが…。

今回の国民投票の結果(自国を優先する内向きな姿勢)が、米国大統領選挙で内向き志向のトランプ氏を有利にさせないことを祈ります。

英国や米国のような内向き志向が比較的少ない日本、欧州から遠く離れた日本の円を海外の投資家が好むと円高になり(ポンドやユーロを売るには他の通貨を買う必要があり、円が選ばれる)、大手輸出企業を苦しめる結果になると思われます。米国の利上げも困難になり、円高傾向は長期間続く可能性が高くなりました。円高になると物価は下がって中小企業には多少プラスに働き、大手企業の業績は悪化し大手企業は下請けの中小企業に価格引き下げを言い出します。アベノミクスは円安と株高がカギなので、アベノミクスを加速させるのは無理です。

おまけ
今朝の強い雨が関東北部の水がめにも降っていることを祈ります。

| 経済・社会 | 07時31分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かかりつけ、いきつけ


「かかりつけの医者」「いきつけの定食屋」を恐らく多くの皆さんが持っていると思います。「かかりつけの医者」は若い人は少ないかもしれませんが、中年以降だとまずもっていると思います。「行きつけの定食屋、ラーメン屋」はおそらく皆さん持っているでしょう。

「かかりつけの医者」とは、「患者や患者の家族の日常的な治療、体調管理を考え、気軽に相談できる地域の身近な医者」、「病気になった時、真っ先に相談できる地域の医者」という意味です。でも他の業態で「かかりつけの◯◯◯屋」というのはまず聞きません。しかし、私は「かかりつけの電器店」を持っています。自宅近くの昔ながらの街の電器屋さんです(パナソニック専売店です)。自宅の照明をLED照明に変更する工事をお願いしたり、エアコンや冷蔵庫の買い替え・修理もすべてお願いしたりします。ここは、電球1個の交換でも来てくれます(高齢者は天井の電球交換は危険を伴います)。大型家電量販店は、価格は安いかもしれませんが、きめ細かい素早い対応は期待できません。かかりつけの電器店は、その逆です。高齢化が進む日本では、こういった昔ながらの電器店は必要だと思い、お店が無くならないように家電製品はここで買うようにしています(応援しているわけです)。それに、私はいきつけのお店が多くあります。いきつけのデパート、いきつけのアパレルショップ、いきつけの革製品店、いきつけの美容室、いきつけのレストラン、いきつけの時計店等・・・。私の事を熟知して、いいタイミングで適切なアドバイスをくれるので、他のお店に浮気しようとは思いません。こういった「かかりつけのお店」「いきつけのお店」が無くなると困ります。

当社もお取引先から「かかりつけの段ボール屋さん」、「なくなるお客様が困る会社」「お客様が応援したくなる会社」と思ってもらえる会社になるように頑張ります。

おまけ
先週金曜日、英国がEU離脱を決めて、株安、円高が進みました。金曜日1日で世界中の株式市場から330兆円の株式時価総額が消えました。震源地の英国よりも日本の株式の方が下げました。今週は再度1ドル100円割れがあるかもしれません。安倍首相と黒田日銀総裁への逆風です。

| お仕事 | 07時31分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

週末雑感


覚えておいて損はない豆知識
詳細な理由は長くなるので書きません
●エアコンの「除湿」は「冷房」よりも電力を消費する
私は昔、除湿の方が、電気代が安く済むと思っていました。会社でも除湿を使っていません。
●エアコンを使う時、暖房の温度を上げる、冷房の温度を下げる、よりも風を強くした方が効果的で、低い温度での暖房、高い温度での冷房が可能になります。私の自宅では、暖房で18度設定ですが、風をパワフルにしています。
●歯の健康維持は、長生きにとても重要
私は最低年一回、歯石の除去を歯医者で受けて、歯の健康チェックを受けています。
銀歯は10年もちません。歯は金やセラミックが望ましいが、高額な自由診療となるので歯医者が勧めると悪徳歯医者と言われかねないので、言えません。
歯周病をほっておくと認知症の発症率を上げてしまう。65歳以上の高齢者で、自分の歯がほとんどなくて、入れ歯も使っていない人は、歯が20本以上ある人に比べて認知症になる確率が1.9倍になるという調査結果があります。
●1日1万歩は誤った都市伝説。1日8千歩でもよいから、1日20分の中強度運動が大事。ウォーキングにおける中強度の運動とは、「なんとか会話できる程度の速歩き」。
●目薬の正しい指し方
上を向いて、指で下まぶたを引いて、1滴だけ点眼する。目の中ならどこに差してもOK。容器の先と目は1.5~2cm離し、先端がまつげや目に直接触れないように注意する。目に近づけすぎると、容器に涙や目やになどが付着し、目薬の汚染につながる可能性がある。点眼後は目を閉じ、1分ほど軽く目頭を押さえる このとき、まばたきはしないこと。まばたきすると目薬が目の表面全体にいきわたるように思えるが、涙と一緒に目頭に集まり、のどへ流れ出てしまう。

おまけ
英国の国民投票。金融市場は英国のEU残留と判断し、株高、ポンド・ユーロ高/円安となっています。でも、英国を2分したので今後も懸念が続きます。

| いろいろ | 07時26分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT