1. 無料アクセス解析

2014年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

出来る人と出来ない人


例えば、注文を忘れていた得意先から「明日納品して欲しい」と言われたときに、二人の思考方法が異なります
Aさん:
明日納品となると
○○と▲▲が問題になる
これらを解決するには、こうすればよい
何とか行けそうだ
OKです

Bさん:
明日は無理だ
○○と▲▲が問題になる
解決するのは容易じゃないな
やはり無理
すみません、納品できません

出来ない言い訳を考えるのではなく、出来る方法を考える。得意先はAさんを信頼しますが、得意先はBさんからは離れていきます。

Aさんは周囲の人を巻き込んで可能にしていきます。Bさんは一人で考えて決めてしまい、不可能にしてしまいます。

あなたなら、どちらの人物になりたいですか?

スポンサーサイト

| お仕事 | 20時52分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

傍観者効果


傍観者効果とは、自分しか人がいないと当事者意識が高まり必死に頑張るのに対し、人が多くいると誰かがやってくれるだろうという勝手な期待(思い込み)が現れ傍観者のような状態になってしまう事を意味します。

目の前で交通事故があったとします。目撃者が自分しかいなければ、警察と救急に通報し、事故に遭った人が大丈夫か確認し、救急車が来るまで激励します。一方、大勢の人がいると誰かが警察と救急に電話してくれるだろうと勝手に思い込み、自ら行動を起こしません。逆に、さっさと通り過ぎてしまうかもしれません。もしくは野次馬根性で眺めているかもしれません。

私が外資系企業で勤務した時代。誰々がやっていると思ったという言い訳を良く聞きました。その人物がやっていると思った人にやっているかどうか確認もしていませんでした。責任の所在がはっきりしないというのはこういう状態を招きます。ちなみに、綱引きを集団ですると、1人の時に100の力を出せる人が8人の場合49しか力を出さないそうです。神輿もおなじかもしれません。同じ団体競技でも、駅伝のように各人の記録がはっきり出る種目では傍観者効果が出にくいわけです。チームで行動、チームの責任と言うと聞こえはいいですが、責任者がハッキリしない状態です。やはり、プロジェクトなどチームで仕事を進める場合は、ハッキリとリーダー(責任者)を決めたほうが良さそうですね。

おまけ
昨日初めてピンクのクラウンを見ました。ちょっと異様な感じがしました(笑)。

| お仕事 | 07時20分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宝くじ

妻夫木聡と柳葉敏郎の宝くじのテレビCMはいつみても笑ってしまいます。
ある資料によると、年に何度か発売される「宝くじ」の購入ファンは多く、総務省の統計では昨年の購入者人口は5,500万人。年間の平均購入額は3万円前後と想像以上に高額で、月に1回以上の頻度で購入している人も 1,200万人います。逆に、過去に宝くじを買ったことがない人は、18歳以上人口の1/4と少数派です。私はジャンボ宝くじが出ると連番を10枚だけ買います。高額当選金が当たったら、どのように運用しようかと夢想する権利を3千円で買っている感じです。買わなければ、夢想する権利もありません。

いまの世の中で、大きな夢を抱けるものは「宝くじくらいしか無い」という声も聞かれますが、宝くじで1億円以上が当たる確率は「500万分の1」という、天文学的に低い確率だそうです。たまには高額当選金が当ってもいいんじゃないと思いますが、500万分の1では…。

ところで、宝くじの売上金は、すべてが当選金として払い出されるわけではなく、約40%が主催団体(自治体などの)収益となり、13%が宝くじの印刷代、販促費などに充てられて、当選金は残りの47%から分配される仕組みになっていて、ギャンブルで勝つための確率論からいえば、あまりに払戻率が低いといえます。
《宝くじの収益内訳(平成23年)》

●年間売上総額………………10,007億円
・当選金の支払い額………… 4,662億円(46.59%)
・自治体等の収益金………… 4,077億円(40.74%)
・売りさばき手数料…………  767億円( 7.67%)
・社会貢献広報費……………  128億円( 1.28%)
・印刷・宣伝費等……………  372億円( 3.72%)
※出所:総務省

競馬は75%程度が払い戻しされるので、競馬の方が良心的と見えますが、競馬で億単位が当たる夢を見ることが出来ないのと、宝くじの方が売り場が多く買いやすい、競馬競輪などのギャンブルよりも健全に見えるということでしょうか?しかし、JRAの売上は2兆円以上で、宝くじの倍以上の売上があります。

宝くじや競馬競輪などで個人資産を増やそうとする人は少ないと思います。娯楽のひとつとして、投資する金額の上限を決めて楽しむというのが大切で、熱くならないことが重要ですね。一攫千金を期待するのではなく、まじめに仕事をして、貯蓄をしながら、地道に資産運用をやって将来に備えるのが一番です。

| 経済・社会 | 07時23分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お得プランの謎

よく映画館でレディスデーと称して割引価格を提供します。60歳以上の人に千円というシニア価格もあります。片方60歳以上であれば夫婦一緒なら二人で2千円という価格もあります。また、ホテルや旅館も自分のサイトや一休などのサイトで割引価格を提供しています。航空券も格安航空券が多くみられます。これらの価格が何故可能になるのか?

映画館、ホテル、旅館、旅客機などは建物や設備にお金がかかっています。建物や設備にかかったお金は、毎年減価償却(お金の支出は伴いません)という形で費用に計上されます。これは客が来て売上が立とうが、顧客が来なくて売り上げが立たなくても費用として発生します。同じ費用が発生するなら、価格を下げても映画に見に来てもらう、ホテルや旅館に泊まってもらう、飛行機に乗ってもらう、等で売り上げを立てたほうが良いわけです。映画館の空席、ホテル・旅館の部屋、飛行機の空席を遊ばせておくよりは良いと考えます。少しでも、減価償却を賄うためには、安値でも映画を見に来てもらう、旅館に泊まってもらう、飛行機に搭乗してもらう方が良いわけです。もし、映画館がいつも満員、ホテル・旅館・飛行機が満杯なら価格を下げてお客を呼ぶ必要がないわけです。

もし、工場が定時までの仕事量がない場合は、減価償却費や人件費といった売上に関係なく発生する固定費を賄うことが出来る加工賃があれば、やったほうが良いという事になります。もし、工場が毎日目一杯の仕事があるのなら安値でさらに受注する必要はないわけです。

安値で受注量を増やす場合には、固定費を賄うのに必要な加工賃(正式には限界利益と呼びます)がどれだけ稼げているのか自問自答して判断しましょう。他社が安値でやっているから、自社も安値で売らないと売れないという考え方は止めましょう。

おまけ
今朝は先週に比べて大分しのぎやすい気温です。川口のエルザタワーが良く見えました。湿度が下がっている証です。
おまけ
昨日の千秋楽。最後に三つ巴を期待してめずらしく相撲中継を見たのですが、やはり白鳳は強かった。

| 経済・社会 | 07時20分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

基本の徹底


仕事をするうえで徹底したい基本事項を考えてみます。これらが実行できると、社風の良い組織、働くのが楽しい職場、顧客に愛される取引先になれると信じます。

明るい挨拶
早い報告・連絡・相談を心がける
約束、納期、ルールを守る
準備と段取りをキッチリする
清潔整理整頓を心がける
早く仕事に取り掛かり、速く仕事を終える
ミスをしない
絶えず新しいことや改善できる方法を考える
人のせいにせずに、自分に何が出来たか考える(自責の考え方)
出来ない言い訳を考えるのではなく、出来る方法を考える
周囲の人(上司、部下、隣の部の人など)を助ける気持ち、協力し合う気持ち
言うべきことを言わずに済ませない、それが出来る風土を作る

ただ、頭でわかっていてもダメで、実行できるかどうかが大事です。

| 未分類 | 07時20分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT