FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

銀行にはお金がある?ない?


夫が妻から「生活費がない」と言われたら、夫が「銀行に行けば一杯あるじゃない」と返答し、妻は「銀行にお金があっても私たちのではない」とあきれた、と言う話を聞いたことがあります。

確かに銀行はお金を普通預金や定期預金で個人から集めるので、たくさんのお金を持っていると思ってしまいます。しかし、銀行は個人から預金という形でお金を借りている状態で、利息を付けて元本も返すということは、集めたお金を運用して儲けなければなりません。儲けるには、会社にお金を貸して利息を得る、個人に住宅ローンや消費者ローンを提供して利息を取る、債券(国債や会社が発行する社債)に投資して金利を得る、と運用にお金を振り向けるので、意外と手元にお金を置いていないどころか、実際は不足気味で、毎日不足する金額を短期金融市場というところで調達しています。今日借りて明日返すコールローンというもので、短資会社を通じてお金を持っている投資信託の運用会社等から毎日巨額のお金を借りては翌日返却します。通常は、借りるほうが金利を払うのですが、今は借りるほうが金利をもらうというおかしな形になっています。これは日銀による「お金を融資に積極的に回しなさい」という方針で、銀行が余ったお金を日銀に預けると銀行が金利を支払わなければならないというおかしな状態が永年続いているためです。

その結果、銀行はお金を稼ぐことが容易ではなくなりました。金利が低下し、お金を貸すことで得られる金利水準(稼ぐ金利マイナス資金調達金利=利ざや)が低くなり、金利収入が減りました。以前報道されたスルガ銀行のシェアハウス関連の違法な融資、東日本銀行が禁じられている歩積み両建て預金を行ったことで業務改善命令が金融庁から出されました。歩積み両建てとは、1億円の融資が必要な会社に2億円融資して、余分な1億円を定期預金に預けさせることです。融資の1億円の金利と定期預金金利では、1%と0.02%と0.98%の差があります。これが銀行の儲けになります。銀行の強い立場を利用した悪辣な行為となります。地方銀行は赤字になっている銀行の比率が高く、大手銀行も減益となっています。さらに、大手銀行はリストラで人員削減を行う厳しい局面を迎えています。ただバブルのころのような不動産投機に対する融資は少ないので、1990年代のような貸しはがしが起こることはないと思います。

銀行は利益を出さなければ信用を失います。信用のない金融機関は存続できません。そのためには、手数料や信託報酬の高い投資信託を紹介したり、販売手数料の高い外貨建ての保険を紹介したり、ATMの引き出し手数料を引き上げたり必死です。会社も個人もあらゆる知恵を絞って、銀行にうまく利用されないようにしないといけません。そのためにも、金融の知識を身に付けましょう。

おまけ
台風13号関東に接近、暴風雨のピークは今晩から明朝出勤時にかけて。被害と事故が起きませんように。

スポンサーサイト

| 経済・社会 | 07時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

家計調査報告から見えること


5月18日に総務省が「家計調査報告」を公表しました。その中で、2人以上世帯の平均貯蓄額が公表されています。1812万円とのことですが、調査対象のちょうど半分に当たる金額は1,074万円です。一般的に富裕層が持つ大きな金額が平均値を引き上げるので、中央値を見たほうが良いです。この平均貯蓄額を下回る世帯数が約3分の2を占めるそうです。

二人以上の世帯について貯蓄の種類別に1世帯当たり貯蓄現在高をみると,定期性預貯金が712万円(貯蓄現在高に占める割合39.3%)と最も多く,次いで通貨性預貯金が442万円(同24.4%),「生命保険など」が377万円(同20.8%),有価証券が246万円(同13.6%),金融機関外が36万円(同2.0%)となっています。ちなみに定期性預貯金とは、銀行郵貯の定期預金、通貨性預貯金とは銀行郵貯の普通預貯金、有価証券とは株式、投資信託、公社債を指します。しかし、定期預金、普通預金は利息がほぼゼロです。63.7%は利息がほとんどつかない金融資産で占められています(昔の郵便局の定額貯金は年7%の利息が複利で運用されるため10年後には元本の倍以上になった時代がありました)。生命保険も最近の保険は予定利率が低く、これも資産を成長させることは出来ません。すなわち、84.5%の金融資産が自ら大きくなる力のない資産で占められています(保険は万が一の時に役立つ機能を持っています)。しかし、最近は個人型確定拠出年金(イデコ)、NISA、つみたてNISAといった税金を免除する優遇制度が導入され、投資信託や株式といった自ら大きくなる力をもった金融資産の比率が徐々に上がってきています。

以前書いたように、20代の若者には時間があります。つみたてNISA(年40万円が上限)だと月々の積立金額が3万3000円になり、年平均7%で運用したとすると41年と11カ月で1億円になります。22歳で社会人になったとして、つみたてNISAの20年という積立期間の制約がなくなれば、64歳くらいの頃には1億円になっているという計算になります(20代の若者が毎月33,000円積み立てられるか、毎年7%で運用できるかはさておきます)。

20代30代の若者は、税金で優遇措置があるイデコやつみたてNISAを活用して、有価証券の比率を引き上げて、将来の年金支給額が減るリスクに備えて欲しいと思います。

おまけ
今朝は気温が下がりましたが、明日は台風が関東地方に来る予報。被害が出ないで欲しいが、ダムには雨が欲しい。

| 経済・社会 | 07時24分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ROEよりROA重視


ちょっと専門的になるので、興味のない方はパスしてください。
私がファンドマネージャーをした時に使った経営指標のひとつがROE、今中小企業を経営する時に重視する経営指標のひとつがROA.二つとも似ていますが、大きく異なります。
ROEは、Retern on Equity の略です。「株主資本利益率」を表します。計算式で言えば、
「当期純利益額÷自己資本額x100」です。この数字が大きいほど、 自己資本額に対する当期純利益額が大きい、ということです。自己資本に投資をしている投資家にとれば投資効率が良いと評価できる指標です。投資する銘柄を選ぶ際には、ROEの高い銘柄を選ぶのが基本です。
一方、ROAは、Retern on Asset の略です。「総資産経常利益率」を表します。 計算式で言えば、「経常利益額÷総資産額x100」です。この数字が大きいほど、総資産額に対する経常利益額が大きい、ということです。
「ROE」は自己資本に対する当期純利益額であるのに対して、「ROA」は総資産に対する経常利益額です。総資産には、自己資本も負債も含みます。

ROEを高めるには、借金(負債)を多くして利益を出せばROEは高くなります。ROEは負債を一切考慮しないためです。負債を増やせば、借入返済や資金繰りをどうするかという悩みが発生しますが、投資家には一切関係ありません。
ROAはどれだけの資産を使って利益を生み出すのか見る指標です。企業の稼ぐ力を見るものです。例えば、売上10億円、利益3千万円、総資産10億円と同じで、自己資本額が10%の1億円だとするとROEは3千万円÷1億円=30%となるのに対し、自己資本額が40%の4億円の場合3千万円÷4億円=7.5%と1/4になります。日本の企業は自己資本比率を高くしようとするのでROEは欧米企業に比べて低くなります。

「ROA」を向上させるには、経常利益額を増やすのか、貸借対照表の総資産を減らすのか、しかありません。総資産を減らすには例えば、余分な現預金を持たない、余分な売掛金・在庫を持たない、余分な土地・建物・設備を持たない、ということに取り組む必要があります。土地は借地、建物は所有、設備はリースとすると、総資産は増えません。すべて保有すると総資産が膨らみ、借入金も増えます。

中小企業はROAを重視すべきです。

おまけ
2年後の7月24日に2020年東京オリンピック開会式。もう残るは2年間しかないと考えるか、まだ2年間あると考えるか? それにしても、猛暑との戦いの東京五輪になるのでしょうね。この時期に開催して良いのか
おまけ
西日本豪雨で避難所となっている体育館の映像を見ると、段ボールベッドを多く見ます。19日時点で、4千台以上が使用されているそうです。当社は埼玉県加須市と災害協定を締結しており、災害が起きたら段ボールベッドを提供します。災害が起きないのが一番です。
おまけ
経口補水液はまずいと聞きますが、うまく感じる場合は相当重症だと聞きました。普通に汗をかいたらポカリスエット、症状が出たら経口補水液という使い分けが良さそうです。

| 経済・社会 | 07時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東京に西日本豪雨のような雨が降ったら


首都圏において、2009年1月に中央防災会議の専門調査会がとりまとめた「荒川堤防決壊時における地下鉄等の浸水被害想定」が発表されています。想定では、3日間に550ミリ以上の降雨によって荒川の岩淵水門付近で堤防が決壊し、東京都北区、荒川区、台東区、中央区など隅田川周辺に大規模な浸水が発生。堤防の決壊から10分後には地下鉄南北線赤羽岩淵駅、4時間後には千代田線町屋駅、6時間後には日比谷線入谷駅で浸水が始まり、地下トンネルを伝って都心に水が流れ込み、最大で17路線97駅、延長約147kmの線路が水没する可能性があるとしています。丸ノ内や大手町付近では地表に到達するよりも6時間ほど早く、トンネル経由で洪水が到達し、霞ケ関や赤坂・六本木では地表に洪水は到達しないが、駅と線路は水没するなど、トンネルが導水管となり被害が拡大する危険があると指摘されています。こうなると地下鉄全線が長期間の運休となります。出入口を防水扉で防いでも、地下街、換気のための空気口から水はいくらでも入ります。

ちなみに、荒川は秩父山地を水源に埼玉県の中央を流れ、途中で複数の河川と合流して東京湾に注ぐ全長173kmの一級河川。一方、隅田川は北区の岩淵水門で荒川の分流が新河岸川と合流し、途中石神井川、神田川、日本橋川と合流して東京湾に注ぐ全長23.5kmの一級河川。私が住む荒川区に荒川は流れておらず、隅田川が流れています(今人気の北千住は両川に囲まれています)。隅田川は河川敷がなく大量の雨に耐えられないため、河川敷が広い荒川に雨が流れる仕組みになっています。

私の自宅は隅田川のスーパー堤防沿いにあり、近くに千代田線と京成線の町屋駅があります。京成線の鉄橋がかかる箇所で荒川の堤防が若干低くなっており、隅田川の水位が上がるとそこから水が流れ出し、千代田線町屋駅に流れ込み、地下鉄全線に洪水が広がります。荒川区のハザードマップを見ると、私の住むマンション(高台になっていて、水が低い地域に流れるため)、高台にある自宅近くの荒川自然公園、汐入地区の一部以外はすべて水没する予想となっていて、山手線の内側の高台に逃げるか、3階以上に非難するように指示されています。

区役所、市役所のホームページにはハザードマップが掲載されているので、ご覧ください。東京都は東京都防災アプリを提供しているので、早速ダウンロードしました。残念ながら埼玉県は同様のアプリを提供していません。

おまけ
今日から16日の海の日の祝日まで猛暑日となりそうです。事務所、工場、車中、自宅、外出先などでの水分補給が必須です。

| 経済・社会 | 07時32分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

金融リテラシー

最近の報道で、インドネシアの不動産投資で元本保証、年10%の分配金といった投資話で多くの人がお金を騙し取られたというものがありました。いまだに、こんなありえない話をすぐ信じてしまう人がいるんだと思いました。
以下の文章は2015年12月22日にアップしたものです。最近、個人型確定拠出年金(イデコ)、NISA、つみたてNISAといった、個人に有価証券投資をしやすくする仕組みが導入されています。将来も国の年金がなくなることはありませんが、年金支給額が減らされる、支給開始時期が遅らされる、といったケースが予想されます。自分で老後に対する準備を始めることが求められる時代になっています。しかし、基本的知識を身に付けないとせっかくの老後の備えが過大なリスクを抱えることになりかねません。なので、もう一度掲載することにしました。

“「金融リテラシー」とは、お金に関する正しい知識を理解して、社会人として経済的に自立するためのスキルを指しています。日本では、子供に対して「お金」の話をすることはタブー視されてきましたが、健康に関する知識と同様に、お金も生活の上で必要不可欠という考えから、米国や英国では、金融リテラシーが義務教育の中に組み込まれるようになっています。ただし、金融教育は新しいカテゴリーで、学校の教員でも指導するのに十分な金融知識を持っているわけではありません。まず、教員が金融の基礎知識を学ぶ必要があります。

「金融リテラシー」教育の基本的な項目には、以下のようなものが含まれます:
○家計の仕組みについて(収入と支出のバランスによる黒字と赤字)
○カード破産、多重債務に陥らないための知識
○お金の稼ぎ方と殖やし方について
○金融商品についての知識(株式、投資信託、保険、住宅ローン、その他)
○生涯を通した生活設計の組み立て方(学歴や職業別)

人生で一番大きな買い物は「マイホーム」です。現金で買える人はまずいません。長期に渡る住宅ローンを組むのが普通です。住宅ローンには固定、変動とあり、それぞれ長所短所があります。また将来の金利動向を読む力も必要になります。
「マイホーム」の次に大きな金額は「生命保険」になります。保険会社のセールスウーマンの薦める保険にそのまま加入したら大変なことになります。適切な保険に入るには自ら勉強する必要があります。
「教育費」もやりだすと非常に大きな金額になります。
「株式投資や投資信託への投資」も勉強しないで証券会社や銀行の窓口に行っておすすめ商品を買うことは絶対避けなければなりません。勉強した人には、うかつなことを窓口の人間は言えません。
リスクが低くて儲かる金融商品はありません。これは勉強していればすぐわかることですが、勉強していないと騙されてしまいます。特に高齢者は金融教育を全く受けなかった人が多いので、詐欺話に騙される人が多いです。「損するリスクがなく、必ず儲かる商品」があれば、他人に教えずに、自分だけでやります。こんな簡単な基本さえ身に付けておけば、騙されることは避けられます。おいしい話はありません。

金融リテラシーを身に付けることはちょっと面倒かもしれませんが、一生で見ると身に付けた人と身に付けてない人との損得の差は大きいと断言できます。初心者でもわかりやすく解説した本や雑誌があるので、まず読んで頂きたいと思います。間違っても、何も知らないうちに金融機関のセミナーなどに出席しないようにして下さい。“

追記
カードローン、キャッシング、カードによるリボ払いなどは避けましょう。消費者金融の場合、年収の1/3を超えて借りることは出来ませんが、銀行のカードローンにこの制限はなく、無尽蔵に借りられるので非常に危険です。それに金利は二桁とべらぼうに高いです。

大学で勉強する小難しい金融理論ではありません。非常に判りやすく書いている本がたくさんあるので、まず一冊を読んでみて欲しいと思います。著者としては、山崎元氏(若い人向け)、大江英樹氏(中高年向け)、の両氏がお勧めです。

おまけ
西日本の豪雨で亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、被災された方に対しお見舞い申し上げます。
おまけ
1995年3月20日の地下鉄サリン事件。当時、八丁堀の会社に勤務しており、日比谷線の小伝馬町駅で電車が止まりました。電車が2本か3本早かったら被害にあったかも知れません。

| 経済・社会 | 07時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT