FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大股速歩で手軽に筋力アップ 歩幅目安は65センチ


日経スタイルに、以前掲載された記事です。自分の記録目的もかねて引用します。
『大股でふだんより速く足を動かす「速歩」は通勤、買い物や散歩などの際に手軽にできる健康法だ。「マラソンやジョギングは体力的に自信がない」「運動する時間がない」という人も無理せず自分のペースでできる。シニアには足腰の筋肉を維持・強化するだけではなく、最近では認知症の予防にも効果がみられることが研究調査で明らかになってきた。
「速歩で重要なのは歩調(テンポ)をあげることでなく歩幅を広くすることです」。東京都健康長寿医療センター研究所の研究員、谷口優医学博士は、歩き方の工夫で、多くの人がすぐに始められると勧める。目標の歩幅は65センチ。中高年になると筋肉の衰えに加えて脳機能が歩幅の広さに影響するという。「横断歩道の白線をまたぐようなイメージで歩くのが理想」(谷口博士)という。体格や運動能力などの点で白線を越えるのが難しいと感じる人は、白線は一つの目安と考えればいい。

ポイントとなるのは姿勢だ。(1)肘は自然に曲げて、腕を後ろに大きく、前は小さく振る(2)膝を伸ばしてかかとから着地する(3)おしりの筋肉を持ち上げて背筋を伸ばす。歩幅と姿勢がきちんとそろえば速度は自然に速くなる。普通のウォーキングに比べて足腰の筋肉が鍛えられる。さらに視線はなるべく前に保ち、へその下に力を入れる。手をあてて筋肉が硬くなっていればきれいな歩き方になっているという。反対に、悪い歩き方は「猫背で視線を下に落とすトボトボ歩き。ビジネス街でよく見かける帰宅途中の疲れた会社員の姿」(谷口博士)と注意を促す。

歩幅の狭い人は脳の認知機能が低下するリスクが高い――。東京都健康長寿医療センターが高齢者666人を対象に歩行状態を4年間かけて追跡調査を実施。歩幅を「広い」「普通」「狭い」の3グループに分けて調べたところ、「狭い」グループは「広い」に比べて認知機能が低下するリスクが3.39倍も高いことがわかった。一方、歩くテンポは、「低い」(遅い)は「高い」(速い)に比べて1.01倍と、低下リスクにほとんど差がなかった。』

歩く姿勢が大事というのは知っていましたが、歩くテンポよりも歩幅が大事というのは「目からうろこ」でした。ウォーキングする時は、先を見て腕を大きく振ると歩幅が大きくなるのは実感できます。ただし、これを通勤時にやると周囲から変な目で見られるかもしれませんね。

次回は8月20日月曜日となります。

スポンサーサイト

| いろいろ | 07時27分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

二条彪氏のメルマガから


後継社長教育をされている二条彪氏のメルマガから引用させていただきます:

『18年も続けていると後継社長も二極化することを実感します。
・うぬぼれず,謙虚であり,見下した態度で従業員や他者に接しない,人間として成熟していく後継社長。
・傲慢になり,自分の気に入った人の言うことしか聞かず,従業員を罵り馬鹿にし,顧客にだけは媚びへつらう後継社長。
何がその人にとってよいのか?答えはありませんが,少なくとも社長はフォロワーがいてこそ社長です。となれば,人気があるのはどちらか?と考えれば,自ずと答えは出ているように思うのです。社長は,給料決定権と人事決定権という絶大な権限で社員を屈服させてはいけないのです。社長経験を積めば積むほど問われるのは,あなたの人間としてのあり方なのです。社長業は,人としてのあり方が浮き彫りになる,とても恐ろしい職業なのです。』

私が嫌いな人物(こういう風になりたくない人物)
・嘘を平気でつく人、ごまかす人
・傲慢な人、人を見下した態度で接する人
なので、私は安倍首相と麻生財務大臣が大嫌いです。ニュース番組で安倍首相と麻生財務大臣の顔が映ると、他のチャンネルに変えてしまいます。信用できず、言っていることとやっていることが違います。外資系金融の社長で似たタイプの社長がいました。この人の下では働きたくないと思って、転職しました。今思えば、素晴らしい反面教師でした。

強大な権力を持つ人ほど、謙虚で、人の意見に耳を傾けるべきで、多くの人の意見と違うことを決める場合は丁寧に説明責任を果たすべきです。

おまけ
田中日大理事長、山根日本ボクシング連盟会長、2人とも悪人顔しています。独裁者はあんな顔になるのかもしれません。田中・山根、二人合わせて「新アンガールズ」と呼ぶそうです。
おまけ
東京五輪に向けて、2時間早めるサマータイム案浮上。国民や企業に負担をかけるので、私は反対します。熱中症予防なら10月開催とすべきです。

| いろいろ | 07時26分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

熱中症予防に効果的な食材ランキングベスト5

今週も暑くなりそうです。
ダイヤモンドオンラインに掲載された表題の記事を引用させていただきます。
『第1位「豚肉」
豚肉には疲労回復に役立つビタミンB1が豊富に含まれています。ビタミンB1は不足してしまうと糖質をエネルギーに変えることができず、疲労や倦怠感につながってしまいます。豚肉の中でもヒレ肉、もも肉といった赤身の多い部位に多く含まれています。これらの部位は脂も少ないのでダイエット中でも安心して食べられます。
第2位「納豆」
納豆の原料、大豆はビタミンB1を含み、汗とともに失われてしまうカリウムが豊富です。発酵することで栄養素の吸収もされやすく、腸内環境を整え体調管理にも一役買ってくれます。カルシウムやマグネシウムといった汗と一緒に流れてしまうミネラルも補うことができるので、熱中症予防におすすめです。
第3位「モロヘイヤ」
夏が旬の野菜で栄養価が高いモロヘイヤ。大量の汗をかくと、カリウムが汗と共に失われてしまいます。モロヘイヤにはそのカリウムが豊富に含まれていて、他にもカルシウムや鉄といったミネラルや造血のビタミン葉酸も野菜の中でトップクラスの含有量を誇っています。カリウムが不足すると、脱力感や食欲不振を引き起こしてしまうのでしっかり補いましょう。傷みやすいのでゆでたら刻んで冷凍保存しておくのがおすすめです。
第4位「枝豆」
「枝豆」に含まれる「オルニチン」という栄養素も熱中症予防をするにあたって、重要になります。夏は冷たいビールを飲みすぎて二日酔いになったり、疲労がたまったりしがちですが、二日酔いや疲労の蓄積は熱中症の危険を高めます。「オルニチン」はアルコールの分解を促し、肝機能を回復する効果があるので、おつまみにおすすめです。枝豆は大豆の成長過程で未熟な時に収穫するので大豆の栄養素も含んでいます。ビタミンB1、カルシウム、タンパク質も取ることができるので熱中症予防におすすめです。こちらも傷みやすいので買ったらすぐに食べましょう。保存する際は冷凍保存を。
第5位「梅干し」「にんにく」
梅干しにはクエン酸が豊富で体内でのエネルギー代謝を効率よくする働きがあります。エネルギー代謝が活発になり、疲労回復を早めることが期待できます。さらにカルシウムの吸収率を高めたり、酸味によって食欲増進にもつながったりします。ただ塩分が強いので1日1個と決めて食べるようにしたり、減塩のものを選んだりするのがおすすめです。
同じく5位に選んだにんにくには、「アリシン」という成分が豊富に含まれています。夏は冷たいものを多く食べるので、内臓が冷えて機能が低下してしまいます。アリシンは血流を促進し、血行を促すため体を温める働きがあります。ビタミンB1と一緒にとることで、効率よく栄養素が吸収され熱中症予防により効果的です。にんにくをすりおろすことで細胞が壊されてアリシンを多くとることができますよ。

熱中症は低栄養状態だったり、体力低下、疲れがたまってきたりしているときにも発症しやすいと言われています。毎日の食事に今回挙げた食材を組み合わせて、熱中症に負けない体づくりをしていきましょう。』

皆さんは、どれだけ食べていますか?私は、このなかでは豚肉、梅干を入れた納豆を食べています。モロヘイヤは日本の家庭では一般的ではなく、ビールを飲まないので枝豆をあまり食べません。熱中症予防には、朝食をしっかり食べることが大事で、牛乳も良いと言われます。牛乳が苦手な人はギリシャヨーグルトがお勧めだそうで、私はギリシャヨーグルトを毎朝食べています。

| いろいろ | 07時27分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

顔が広い、いろんな人を知っている

二条彪さんのメルマガの独り言にこんな文章がありました。
『よく社長さんで「私,○○には顔が利くんですよ」とおっしゃる方がいます。私の無理を聞いてくれるのだ,という意味ですね。そんな話を聞くと単純に「すごいな~~」と思ってしまうわけですが,はてはて,自分はどうだろうか?と振り返ると,(う~ん,顔が利くってないな~)と思ってしまうわけです。顔が広いわけでもないし(付き合いの範囲が広いということ)・・・ ましてや無理などきかないし・・・
そう思うと,私の人生は「顔が利く」とは無縁,「顔が利く」を捨てた人生かも,なのです。 私は友だちもいないですし,知り合いも少ないし,人脈なんてまったくありません。自慢できる懇意な有名人もいないし,組織団体にも属していませんから,ツテもありません。
よくよく考えてみると,そんな自分がよく57年間も生きてこれたな~と思うわけです。
あとは,こんな人を知っている,こんなところに顔が利くということに対して,抵抗があるのかもしれません。』

私も、全く同じです。「XXXさんを良く知っているから紹介してあげるよ」「俺は人脈が広いから・・・」なんて、私には無縁の世界です。酒を飲まず夜の付き合いをしません、ゴルフをしないのでゴルフの付き合いもあいません、ロータリークラブにも入っていません、人との付き合いが面倒なのかもしれません。ツテやコネで商売を出来る人をうらやましく思うこともあります。

『人脈自慢をする人に限って,いざとなるとまったく力がないということを、 二代目社長の時,嫌というほど体験してきたからでしょうか。』
たしかに、権力者や有名人と知り合いであることを使って、自分を大物に見せたい人が多いことも確かです。怪しい人物がこういう表現を良く使う気がします。それに対し、「誰々を知っているからって、だから何?」と私はいつも思ってしまいます。人脈自慢ばかりをする人を、私は好きではありません。

おまけ
雨が欲しい日々ですが、週末台風が来るかもしれないとの事。被災地に影響が出ませんように。
おまけ
女子ホッケーのワールドカップがロンドンで開催中。昨日、日本のさくらジャパンが強豪ニュージーランドに勝利も、新聞報道は一切なし、残念。
おまけ
自民党岸田氏。戦わずして、敗戦を迎える。

| いろいろ | 07時30分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

熱中症の重症度を見極めるポイント


猛暑が続き、熱中症に掛かる人が続出し、救急車の出動が記録的な回数になっています。
日経グッディに、熱中症の重症度を一般の人が見極めるポイントが書かれていたので紹介します。

『日本救急医学会では熱中症を重症度でI度、II度、III度に分類しています。I度は意識障害がなく、応急措置と見守りで済むレベル。II度は集中力や判断力の低下が見られ、医療機関の受診が必要なレベル。III度は特に症状が重く、入院が必要なレベルです。 「一般の人はI度とII度を見分ける知識が求められる。ポイントは意識の有無と、自力で水を飲めるかどうか。ペットボトルなどを容器ごと手渡して、一人で水を飲めるかを確認してください。うまく飲めなければ意識障害があるII度ということ。すぐに医療機関に連れていきましょう」と帝京大学医学部救急医学講座の三宅康史教授は言います。
        症状            治療
I度 めまい、立ちくらみ、生あくび   応急措置と見守り
   大量の発汗、筋肉痛、       冷所での安静
筋肉の硬直(こむら返り)     体表冷却
意識障害を認めない        経口的に水分と塩分の補給
II度 頭痛、嘔吐、倦怠感、虚脱感    医療機関へ
   集中力や判断力の低下

応急措置については、「FIRE」というキーワードを覚えておくといざという時に役立ちます。 F(Fluid)は水分補給(経口補水液やスポーツドリンク)、I(Icing)は冷却(首、わきの下、太ももの付け根を冷たいペットボトルで冷やす、冷えピタは効かない)、R(Rest)は安静(洋服の締め付けを緩める、涼しい場所で休む)、E(Emergency)は119番通報です。「意識がもうろうとしていたら、すぐに救急車を。その場合は逆から、つまりE、R、I、Fの順番で応急処置をしてください。意識がない場合、無理に水を飲ませてはいけません」と三宅教授はアドバイスします。』

この気温は、本当に命にかかわる危険な水準です。中東の砂漠の近くに住む人なら、湿度の低い中東のほうが楽と思うでしょうね。
プールや海で泳いでいても熱中症にかかかります。
自宅では、お風呂に入る前に水を飲む、寝る前にも水を飲む、朝おきたら水を飲む、枕元に水を置いておく。
冷たいお茶は利尿作用があるので、外で飲む時はカフェインの入っていない飲み物が良く、ビールも利尿作用がありNGです。


| いろいろ | 07時29分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT