1. 無料アクセス解析

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「嫌われる人の聞き方」よくある5つの共通点


フリーアナウンサーの魚住りえさんが東洋経済オンラインで標題の記事を書きました。ポイントを引用させていただきます。

「人の話を聞く」。簡単なようで、実はとても難しいことです。なぜならみなさん、「人の話を聞いているようでいて聞いていない」、あるいは「聞けていない」ことが本当に多いからです。「聞く力」をつけることで、場がいっきに盛り上がり、「この人にまた会いたい!」と思ってもらえるようになります。「聞く力」が身につけば、仕事も人間関係も必ずうまくいくようになります。みなさんは、普段の会話の中で、こんな経験はありませんか?
・頭がいい人なのに、話をしていると「なぜかイラッ」としてしまう
・この人と話したあとは「なぜかモヤモヤ」してしまう
・悪い人ではないのに「話をしていても楽しくない」「話したい気持ちがなくなる」
実は、これこそが「嫌われる聞き方」なんです。今回は、意外にやりがちな「嫌われる聞き方」よくある5つの共通点を解説します。( )内は私のコメントです

【嫌われる聞き方1】話を「最後まで」聞かない
「他人の話を最後まで聞けない人」は、実は頭のいい人、頭の回転が速い人に多い。相手の話の先がわかってしまうので、最後まで聞かずに自分の話を始めてしまいます。それは早とちりや誤解にもつながるし、相手に不快感を持たれてしまいます。相手とのコミュニケーションのためには、まずは我慢して「相手の話を最後まで聞く」クセをつけたほうがいいですね。(*創業社長は会社の全ての事を理解しているので、部下が話すことの結論が読めてしまうのでしょうね。部下の話をじっくり聞いて、自分と同じ結論を部下が話すと「いい話を聴いた、早速やってみよう」と話したのが松下幸之助氏です。同氏は人を活かす天才と言われました。)

【嫌われる聞き方2】「自分の聞きたい」ようにしか聞いていない
話を聞くときには、相手の話に「寄り添う」姿勢を持つことが大切です。「自分の聞きたい」ように聞くのではなく、「相手の言いたいこと」を尊重して聞く姿勢をとることがポイントです。(*自分に都合の良いこと、耳触りの良いことしか聞かない人がいます。裸の王様状態になってしまいます)

【嫌われる聞き方3】相手の話に「ズレた答え方」ばかりする
「相手が何を言いたいのか」に、つねにアンテナを張りながら聞く姿勢が大事。(*相手が話しているのと違う話題を持ち出す人がときどきいます。たしかにモヤモヤします。)

【嫌われる聞き方4】どんな話でも「自分の話」に持っていってしまう
「自分の話をしたい」という気持ちは誰でも同じです。でも「相手の話」を聞かずに「自分の話」を始めてしまうのはマナー違反。自分の意見を言いたい場合は、「相手の話」をちゃんと聞いてからにしたほうがいいですね。(*自分が中心でないと気が済まない人ですね)

【嫌われる聞き方5】「あいづち」「質問」「態度・しぐさ」が不愉快
・「はい、はい、はい、はい」など、不愉快なあいづちを打つ(*ハイは一つでいいですね)
・何に対しても「たしかに」「たしかに」を連発する
・あいづちに「変な笑い」を入れる(*明石家さんまの笑い声が大嫌いです)
「質問」や「態度・しぐさ」についても同じです。下記のような「相手が不快になる質問や態度・しぐさ」をする人は周りにいませんか?
・いきなり「本題からズレた質問」をする
・漠然とした、答えようのない「あいまいすぎる質問」をする(*セミナーで高齢者の方が種子が曖昧な質問を良くします。質問ではなく自分の意見を長々と話す人がいます)
・会話の最中なのに、すぐにスマホを触る(*すみません、私もやってしまいます)
・腕組みをして、のけぞって話を聞く(*これもやってしまいます、気を付けます)
など、「嫌われる質問」「嫌われる態度・しぐさ」はたくさんありますよね。「あいづち」「質問」「しぐさ・態度」の3つを変えるだけで、誰でも「聞き上手」「会話上手」になれます。
スポンサーサイト

| いろいろ | 07時35分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

週末雑感

1. サイコパス
文春新書で結構売れている本に「サイコパス」(著者中野信子)というのがあります。
その本の最初に書いてある文章:
“ありえないようなウソをつき、常人には考えられない不正を働いても、平然としている。嘘が完全に暴かれ、衆目にさらされても全く恥じるそぶりさえ見せず、堂々としている。それどころか、「自分は不当に批難されている被害者」「悲劇の渦中にあるヒロイン」であるかのよう振る舞いさえする。殺人や詐欺事件をおかしたにもかかわらず、まったく反省の色を見せない。そればかりか、自己の正当性を主張する手記などを世間に公表する。関わった人はみな騙され、不幸のどん底に突き落とされる。経歴を詐称する、過去に語った内容とまるで違うことを平気で主張する。矛盾を指摘されても「断じてそんな事は言っていません」と涼しい顔で言い張る。”
私の個人的意見。トランプ大統領、安倍首相、籠池森友学園前理事長には、サイコパス気質を感じます。あくまでも私の個人的感想です。
2. 矛盾
小池都知事は、築地市場の地下水から有害物質が検出されてもコンクリートで覆われているから安全だというが、豊洲は安心できないと言う。ならば築地も安心とは言えないのでは?矛盾しています。
安倍首相は、多くの憲法学者が自衛隊は違憲だというので憲法9条を改正し合憲にしたいと発言。安保法制では、多くの憲法学者が違憲だと発言しても無視して安保法制を強行採決。憲法学者の意見を都合よく使い分け。矛盾しています。このあたりもサイコパス気質を感じます。
また教育の無償化は、憲法で決めなくても良い話。9条改正のための付録のような感じがしますし、進め方が姑息な感じがします。もっと堂々とやるべきでしょう。憲法改正を国民投票実施まで持っていくには、時間と労力を費やし国内の分裂をもたらす可能性があります。今は、もっと優先してやるべき事項が山積みだと思います。
3. 輪行箱BTB
当社がスポーツ自転車搬送用の段ボール専用箱「輪行箱のBTB」を提供する日本とイタリア合同の自転車プロチーム「ニッポ・ヴィーニファンティーニ」が5月21日(日)~28(日)に日本で開催される「ツアー・オブ・ジャパン」というレースに出場します。(有名なツール・ド・フランスの日本版といえます)。イベント後にチームがイタリアに戻る際に、カスタムメイド版のBTBを提供します。素材が段ボールなので、様々なカスタマイズの要望に応じることが出来ます。チームのメカニックの方からも、自転車が輸送途中全く壊れない、組立・分解・梱包作業が素早くできる等高い評価を頂いています。当社製品のPRでした。
4. 第66回利根川水系連合・総合水防演習
明日5月20日に埼玉県加須市のカスリーン公園付近で第66回利根川水系連合・総合水防演習が開催されます(9時~13時半)。これは国土交通省、埼玉県、千葉県、栃木県、群馬県、茨城県、東京都、神奈川県、加須市が主催者となっています。当社大利根工場が加須市と災害協定を締結したことから、この演習にコーワも製品展示することとなりました。テントを借りて、段ボールベッド等を展示する予定でいます。会場へのアクセスは、東武伊勢崎線加須駅北口からシャトルバス25分、JR東北本線栗橋駅西口からシャトルバス10分。車の場合、加須IC⇒国道125号⇒県道46号⇒市道⇒県道60号⇒演習会場、となります。

| いろいろ | 07時34分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

群れない生き方、群れる生き方


私は大勢の人と群れるということがあまり好きではないので、群れることを永年避けていました。学校では、運動が苦手という事もありましたが、クラブに入部しませんでした。俗にいう帰宅部でした。高校の同窓会もほとんど出ていません。アメリカから帰国して、最初に入社した会社は小さな輸入半導体商社で、同期入社はいません。その後キヤノンに転職した時も一人、その後資産運用会社に転職した時もすべて一人で、同期というものをいませんでした。同期入社で、同じ釜の飯を食った…というのも好きではありませんでした。「…族」という人たちは、1人では何もできず集団の勢いがないと何もできない人たちだと思っていました。逆に大勢で集団を作ってワイワイやるのが好きという人も多いと思います。正直、それが好きな人をちょっとうらやましいと思ったこともありました。でも、自分の性に合わなかったのも事実です。人それぞれの考え方、好み、人生の生き方があって良いと思いますし、だから世の中は面白いんだと思います。但し、全体主義が強くなりすぎて、強制したり、異なる意見を出せなくなるような雰囲気はNGだと思います。

別に一匹狼というわけではありませんが、仲間を作って集団で何かをしようとすることもありませんでした。徒党を組んで大勢で行動するのは、前述の通り集団の力がないと何もできないようで好きになれませんでした。群れを好む人は、大勢の人と同じものを選んでいる安心感が好きだと思います。私は人と同じなのが好きではないので、多少性格が少しひねくれているのかもしれません(笑)。

仕事をするうえで、自分勝手なやり方は無理で、チームワークは必要かつ重要です。もともと人間は一人で生きていく事は出来ませんが、男たるもの一人で責任を持って仕事や人生をやり抜く覚悟を持つべきだと思います。

群れない生き方、群れる生き方、両方あるから人生は面白いと思います。

おまけ
日米両首脳のスキャンダル報道。トランプ大統領はやはり素人政治家でしたし。安倍首相は、都合の悪い質問は一切無視のプロ政治家。今日の東京市場は円高・株安間違いなしです。

| いろいろ | 07時39分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

相槌


「相槌」という言葉は日本刀を制作するときの鍛冶場での打ち方に由来しています。鍛冶場では、名匠一人が刀を打つのではなく、相手となる弟子と代わる代わる交互に打っていきます。つまり相打ちをします。このとき、刀匠は大槌で打ち、弟子は小槌で打つ。 弟子の小槌は、師匠が大槌を打ちやすいように、刀を整えるのです。これが相槌です。

師弟関係、つまり、「タテの関係」の中で、相槌によって日本刀はつくられていくのです。
この「相槌」の語源は、上下関係で成り立っている日本社会の人間関係を象徴しています。
言葉の相槌も、このような日本的な関係の中で有効なのです。

よく使われる相槌「さしすせそ」
さ:さすが
し:実力ですね/知らなかった
す:すごい
せ:絶対/センスいい
そ:そうですね/それで

そのなかでも、メインは「さすそ」です。「さすそ」の3つさえ覚えておけば、たいていの場面で応用でき、相手から間違いなく好意を得られます。この3語をマスターすれば、人間関係改善の基礎は固まったも同然です。たった3語で、話し手から行為を持たれ、関係性はぐんと良くなるはずです。「話し三分に聞き七分。うなずき、あいづち、驚きの表情」
ということばもあります。
*出所 ハタコンサルタント株式会社

英語でも、Great、Super、That’s right、I did not know that、Good for you(さすが、米国では目上が目下に使います)、Really? など相槌に相当する表現があります、さらに、アメリカ人は表情が豊かで、表情で「感嘆の意」「同情の意」「同意」を表したりもします。相槌をうまく打てると、相手も会話に弾みがついて多くの情報を与えてくれたりします。営業マン必須の技術かもしれません。

おまけ
大相撲夏場所初日。注目の稀勢の里、黒星スタート。やはり無理しないほうが良いのでは?
おまけ
パソコンの不審なメールの添付ファイルを開封したりリンクをクリックしたりしないように注意しましょう。パソコンが使えなくなります。

| いろいろ | 07時32分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モノの言い方


野球で好投手が投げていると、打撃コーチが「低めを打つな」と打者にアドバイスすると「低めの球に手を出してアウト」というパターンをよく見ます。こういう時は「高めの球だけ狙え」と指導する方が効果的だそうです。「低め」という言葉が頭に残り、逆に低めを意識しすぎるようです。この場合は、「低めを打つな」と否定の言葉をつかっています。「高めだけを狙え」と肯定の言葉を使う方が効果的です。

何かアドバイスする時も、「これが出来ていない」「データが不十分だ」といった否定だけでアドバイスすると、アドバイスされた方はどうしたら良いかわからず頭が混乱してしまいます。「ここをこう変えたら、もっと良くなる」「このデータを追加したら言いたいことがハッキリ伝わる」と具体的かつ肯定的な表現をすると、相手も受け入れやすく、何をすればよいか理解しやすくなります。

奥さんが新しい料理を作った時、部下が提案書を作成した時に注意すべき言い方。否定的な表現だけで話すのは絶対避ける。最初に誉める「野菜の美味しさが良く出ている」「レポートが簡潔にまとまっている」等々。最後に、「ここをこうしたらもっとおいしくなる」「ここにこういう資料を入れたらもっと相手に言いたいことが伝わる」といった肯定的なアドバイスをする。そうすると、奥さんも部下も気持ちよくあなたのアドバイスを聞き入れてくれます。ダメ出ししか言わなければ、奥さんも部下も「あなたのためにもっと頑張ろう」とは思いません。

同じことを伝えるのでも、モノの言い方は様々です。一番簡単なのは、こんな言い方を自分がされたら、反発するか、納得するか、考えてみることです。

おまけ
ニューヨークダウ工業株30種が21,000ドルを回復しています。30年前の1987年末は1,938ドルでした。10.8倍です。同時期の日経平均は21,564円に対し、2日の終値が19,289円。0.89倍。1987年末のドルは144.6円、直近は110円、NYダウは1987年末28万円だったものが、今では231万円と8.25倍に成長。日経平均は0.89倍。10倍近い差が付きました。雲泥の差です。

| いろいろ | 07時39分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT