1. 無料アクセス解析

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スーツのサイズ

当社のクールビズ期間は9月末で終了します。10月からは上着とネクタイを着用します。営業マンがサイズの合わないスーツを着ていると、出来る営業マンには見てもらえません。これから購入する人がいるかもしれません。注意すべき点を列挙してみます。
1. 肩の位置が合っている。大きすぎて肩のラインが下がっているのはX
2. 上着の襟が浮いてワイシャツと離れてしまっているのはX
3. 背中にしわが出るのはX
4. 胸の内側のポケットに財布、名刺入れを入れて、ボタンを閉めて、胸元に手のひらが入る程度の余裕がベスト。きつくてしわが出過ぎている、こぶしが入ってしまうというのはサイズが合っていない証拠
5. 手首からワイシャツが1.5センチ程度出る袖丈がベスト(出過ぎも出ないのもX)。スーツを買う時はふだん着ているワイシャツを着ていきましょう。そして長い袖丈を短くしてもらいましょう。
6. 上着の丈が短いのが流行っていますが、お尻が隠れる程度の丈がベスト。
7. スラックスは裾をダブル(3.5センチ~4.5センチ幅)で、靴に裾が若干かかる程度がベスト(お店のスタッフにはハーフクッションと言えば分ります)。短すぎる、長くでダブダブはX

もし秋に備えて1着購入しようと考えていたら、奥さんと一緒に行って意見を聞いたり、お店のスタッフにアドバイスをしてもらったりしましょう(彼らは質問大歓迎です)。特に背中は自分でなかなか見えないので、誰かに見てもらうのが良いでしょう。複数の既製服を着用してサイズ調整をすれば十分な人もいれば、運動をしていてマッチョな体型で既成服が合わない人はイージーオーダーで対応できます。

1日着用した後の手入れは、できればブラシで肩のふけを取り、カーブのついたハンガー(まっすぐなハンガーを避ける)にかけて、市販のしわ取りスプレーをかける(汗臭さも消えます)。スラックスはズボンプレッサーでプリーツを保つことが出来れば最高です。プリーツが消えない加工をした生地もあるので、これを選ぶのもありです。面倒ですか?

おまけ
16年前の2001年9月11日。ニューヨークのワールドトレードセンターが崩壊した日です。東日本大震災が6年半前の3月11日。11日には良くないことが起きます。今日が平穏な1日になりますように。

スポンサーサイト

| いろいろ | 07時31分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

週末雑感


誰が話したのか覚えていませんが、記憶に残った言葉を紹介します
1. 過去を振り返らない
人間は過去を振り返ると、良かった事や成功した事よりも、後悔した事や失敗した事を多く思い出すそうです。たしかに、言われてみると、あの時こうしておけばよかった、何故あのような決断をしてしまったのかという事の方が、楽しかった事よりもより鮮明に覚えている気がします。今、反省をしてもその時の結果は覆らないので、過去を振り返ることはせずに、前(将来)だけを見るようにする。これは、決して過去の失敗や後悔したことを反省しないという事ではなく、十分反省したうえで何時迄も引きずらず、反省を今後の行動に活かして同じミスを犯さない事に注力しましょう、ということです。「あの時こうすればよかった」とよく思い出す完璧主義者の自分への戒めの意味を込めて、この文章を書いています(笑)

2. 失敗を恐れるから緊張する
受験やスポーツの競技会で始まる前に緊張するのは、失敗を恐れるから緊張するのだそうです。大学受験や入社試験で不合格となったらどうしようと心配するから緊張します。スポーツでも、100メートル競走でスタートを失敗したらどうしよう、9回2アウト満塁でフォアボールを出したり決勝打を打たれたりしたらどうしよう、といった心配をするから緊張します。これだけ勉強したのだから絶対合格すると自分に言いきかせる。スポーツでも同じで、前向きにポジティブに物事を考えることができれば、緊張はしない可能性があります。しかし、人間はどちらかというと悪いことの方を考えやすい生き物です。失敗しても次の機会に頑張ればよいと割り切れれば緊張を減らせると思います(但し、病院での手術を失敗すると、医者には次があっても、患者には次はない。ドラマ「コードブルー」からのセリフの借用です…。)人間、一度も失敗がない人物はいません。むしろ、成功よりも失敗の方が多いのが人生かもしれません。緊張しないためには、失敗を恐れず、これだけやったのだからという自信を自ら持つことが大事だと思います。受験勉強をしていた時に受験に失敗したらどうしようと心配しましたが、先のことを心配しても仕方がないと割り切るしかありませんでした。このように心配するのは、100%集中して勉強に打ち込んでいなかったからです。米国の大学院では勉強に追われて、心配する余裕がありませんでした。余計な事を考える暇がなっかたのが正直なところです。緊張しないためには、目の前の事に100%集中することに尽きる気がします。

| いろいろ | 07時30分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

機内サービスの違い


かなり前に、米国の大手航空会社(エアライン)で搭乗客を無理矢理引きずりおろしたというニュースが流れました。米国系のエアラインに搭乗した経験のある方は判ると思いますが、日系のエアラインのようなサービスを期待するとガッカリします。別に「お客様は神様です」といった対応を求めるわけではありませんが、対応の「そっけなさ」というか乗客に楽しい時間を過ごしてもらおうといった気持ちを全く感じられず、「ホスピタリティ」「おもてなし」といった雰囲気は一切ありません(乗せてやっている感ありあり)。

JALのファーストクラスのチーフパーサーを30年務めた江上いずみさんが書いた「心づかいの極意」を読みました。その中から印象に残ったフレーズを紹介します。

「相手から求められて動くのは『対応』、こちらから働きかけるのが『心づかい』」
お客に呼ばれてから行くのは一人前ではない。呼ばれる前に気付くことが出来るかどうかが大きなポイントになる。これはANAでも同じ教育がされています。ビジネスでも同じことが言えます。顧客の要望に応えることは誰にでもできるが、希望を言われるまでそれに気付かないのは心づかいが出来ていない証拠。顧客が望んでいることを察知し、こちらから先に「あなたのご要望はこういうことですね?」とさりげなく提案することが出来るかどうか、このように相手に寄り添う事が差別化につながります。
⇒大手メーカーではこういった相手に寄り添う営業活動をするのは容易ではありませんが、中小メーカーはこういう活動をして大手メーカーとの差別化を図り、当社を応援してくれる「コーワ派」になることが大切です。

「『同時礼』ではなく『分離礼』で心づかいを表す』
同時礼は言葉を発すると同時に頭を下げる方法。多くの日本人はこの方法で挨拶をします(私もやっていました)。しかし、せっかく発した言葉が床の方へ向かってしまい聞き取りにくくなってしまう。分離礼では相手の目を見ながら「よろしくお願いいたします」と伝え、その後に頭を下げる方法。言葉が相手にしっかり伝わるのでより丁寧なあいさつになります。

「クレームには『愛の栗ようかん』で対応する」
クレームを受けた時には
「あい」=あいづち、
「くり」=繰り返し
「よう」=要約
「かん」=共感
あいづちは、あなたの話をしっかり聞いていますよという態度を伝える為に適度なタイミングであいづちを打つ。ただし、「はいはいはい」「なるほど」などは火に油を注いでしまう。
相手のポイントを繰り返すことで、相手に話しを聴いている事をアピールする手法。
要約は、相手の話を整理するために使い、話の要点を絞るうえでも必要。
共感は、最後に「ご不快な思いをさせてしまいました」と相手の話しに共感します。

日本の交通機関、ホテル・旅館、レストランの心づかいは世界でもトップクラスだと思います。なにせ、電車が5分間遅れて謝罪する国は日本くらいです(笑)

| いろいろ | 07時31分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しゅうかつ

就活ではなく、終活です(就活はワードですぐ出ますが、終活はまだ出ないですね)。終活フェアなどが開かれると、棺に入る体験ができるそうです。終活には、余計な荷物の整理や遺言書を作成することも含まれます。

日経によれば、『自分の葬儀やお墓について考えるようになったのは1990年ごろから。「終活」という言葉が使われ始めたのは2000年代後半で、12年には流行語大賞のひとつに選ばれた。最近はすっかり市民権を得て各地で関連のイベントが開かれ、大きな催しも増えている。一口に終活と言ってもテーマは幅広い。代表的なものとして、まず葬儀が挙げられる。この弔いの儀式は都市部を中心に近年大きく変わってきた。キーワードは、「家族葬」と「直葬(ちょくそう)」だ。家族葬は、家族を中心に親しい人だけで見送る。周囲に告知して執り行う従来の葬儀(一般葬)と規模が異なる。通夜と告別式をして火葬する流れは変わらない。一方の直葬は、通夜や告別式をせずに荼毘(だび)に付すスタイル。

供養・仏事の情報提供などを手掛ける鎌倉新書(東京都中央区)によれば、弔い方の割合は、一般葬が42%と最も多く、次いで家族葬32%、直葬16%となる(14年)。だが都市部で見るとこの割合は逆転する。東京の都市部では全体の5割が家族葬で一般葬は2~3割にすぎないとの指摘がある。直葬も増えており、3割近くに達する。戦後に吉田茂首相の側近として活躍した実業家の白洲次郎は、遺言に「葬式無用」と書き、遺族もそれを尊重したが、世の中の風潮はこの方向に向かっているのかもしれない。平均費用は、一般葬150~200万円、家族葬30~80万円、直葬20~30万円。業者は小規模な葬儀にシフトを強め、家族葬や直葬の格安プランをそろえ、施設もコンパクトに。100~200人対応だった会場は50~60人規模に分割・縮小。20~30人が入る家族葬専用の部屋をつくる会館も増えた。おカネの面から見れば、当然ながら会葬者が多い一般葬の方が割が良い。葬儀業者を対象にした葬儀1件当たりの売上高は、06年の152万円をピークに下落傾向。実際に葬儀をした人を対象にした16年の日本消費者協会(東京都千代田区)の調査では、葬儀費用の全国平均は195万7000円とピーク時(03年)より約2割減っている。業者は終活をPRすることで自らの首を絞めているとも言えそうだ。届け出や許認可が不要な葬儀業は新規参入が相次いでおり、流通大手のイオンやヤフー、「小さなお葬式」のユニクエスト・オンラインなどがその代表。競争激化も価格低下に拍車をかけている。』

葬儀関連企業を超長期で見ると、人口が減ると衰退産業になります。もっとも、人口減は全ての産業にマイナス影響となります。食料、飲料、アパレル、レジャー、段ボールも同じです。やはり、人口を極力減らさない政策が政治に求められる最大の景気対策なのかなと思います。

おまけ
ドライブスルーのお墓があるそうで、歩行困難の高齢者には好評だそうです。昔は受け入れられなかったものが、普通になりつつあります。お寺さんでも正座で読経を聴くことは少なく、椅子にすわるのが普通になってきました。高齢者は膝が痛く、若い人は正座できないためです。また、生きている間に荷物を整理する人が増えつつあり、SNS等のデジタル遺品と呼ばれる問題も発生しているそうです。

| いろいろ | 07時42分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

勘違い、錯覚


●「この病気には、この薬が非常に効くが、副作用で100人に5人が無くなります。」
「この病気には、この薬が非常に効き、100人中95人の命が救われています」
言っている内容は同じですが、前者ではこの薬を服用したいと思わず、後者なら服用したいと思います。
●テレビ通販で「金利手数料はかかりません」と「金利手数料は私共が負担します」と言ったら、かなり印象は異なり、後者の方が良心的な販売会社のように感じます。。
●同じくテレビ通販。限定100個のはずが、追加で100個販売したりします。
●デパートに出かけて駐車場に車を止めました。1,500円買物したところ、2千円以上買い物すれば、1時間の駐車料金300円が無料になると知り、500円の買い物を追加で行い300円の駐車料金がゼロに。本当に300円得したのか?不必要なものを購入したのなら200円損したのでは?となります。
●衣料品店で夏物セール真っ最中。しかし、一画にセール除外品が置いてあるのは何故?定価の商品を見た後にセール品を見ると、セール品がものすごくお得な買い物に感じてしまう。
●自動車販売店。「ご購入いただくお客様にはキャンペーン期間中は3%値引きします」「キャンペーン期間中に自動車をご購入いただいた50名様に一人の割合で購入代金を無料とします」どちらが魅力的に見えますか?車両価格が200万円とすると、前者の値引きは6万円(200万円x3%)。後者は、200万円÷50名=4万円。期待できる値引きは前者の方が良いが、ひょっとしたら無料になるかもと想います。某大手スーパーがこういったキャンペーンをやりました。
●某大手スーパーが30%値引きではなく、30%キャッシュバックとしたところ、売り上げ大幅増。結果は同じなのに…。
●通販。気に入らなければ返品OKと公表すると、普段よりも20~30%売上が伸びるそうです。しかし、返品は1~3%しかないそうです。一旦自分の所有物になると、返品するのが惜しくなる勘違い。同じ商品でも他人が所有するのと自分が所有するのでは、値付けをすると自分の方が高くしてしまう勘違い。
●「目標を達成したらボーナスを支給する」「ボーナスを最初に支給し、目標を達成できなかったらボーナスを返してもらう」お金の異動の順番は異なりますが、内容は同じです。目標を達成しないとボーナスはもらえません。しかし、どちらがより必死に目標達成しようとするか?後者です。一度自分の手元に来たものはなくしたくないという意識のせいです。
●サプリメントのテレビ広告。短期間でやせた、膝が楽になった、等の経験者が出演し、その気になってしまう錯覚。ものすごく小さな字で個人の感想ですと書いてあります。
●自動車保険。顧客満足度◯年連続第1位。どんな人たちを対象に、どれだけの人数だったのか、どんな方法で調べたのか?全く分からないのに、きっと良いのだろうと錯覚してしまう。
●ルーレットで赤が連続で出たので、そろそろ黒だと思い込む。確率は50%なのに。
●サイコロを振って、5回連続で1が出る確率。方1,2、4.5,5、と出る確率。前者の方が低いと思う人が多いはず。どちらも、7776分の1(6Ⅹ6Ⅹ6Ⅹ6Ⅹ6)で同じ。

売る側は様々な知恵やテクニックを使って売りつけようとします。自分でちょっと頭をひねってみると、勘違いや錯覚に気付くと思います。

しかし、人間って面白い生き物ですね。

おまけ
今朝のJアラート、ビックリしました。本当に厄介な国です。

| いろいろ | 07時30分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT