FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

MT・CVT・DCT・トルコンAT、いま本当に燃費のいいトランスミッションはどれ?


表題からお分かりの通り、車に関するちょっとマニアックな話になるので、興味のない方はスルーしてください。

45年前にスカイライン2000GTのオートマチック(AT)に乗っていました。当時は、マニュアルトランスミッション(MT)のほうが圧倒的に燃費がいいといわれた時代で、スカG(当時の愛称)にATで乗るなんて「あほだ」と言われた時代です。しかし、ATも種類が増えて、かつ性能が良くなり、MTよりも燃費がよいといわれるようになりました。

WEB CARTOPの11月12日に掲載されたものを引用させていただいています。
『若いころ、MTとATが選べるスポーティカー、スポーツカーを選ぶ際、「ATは渋滞時に楽だし、むしろ山道などで操縦に専念できる。いやいやスポーティカー、スポーツカーはMTで乗るべきもの」なんていう議論を交わした覚えがある(当時のATは3速だった!/愛車のフェアレディ280Z)。しかし、「クルマのミッション、2ペダルのATはかったるい、3ペダルのMTのほうがキビキビ走る……」そんな常識は過去のもの。

ATのトルクコンバーターはスリップロスが多く、加速性能、燃費に不利だったのははるか昔のこと。トルクコンバーターのロックアップが可能になってからは、MTとの差は小さくなり、むしろ素人がクラッチ操作するよりATが絶妙な制御で変速してくれたほうが速く走れるのは当然。何しろDCTと呼ばれる2ペダルのセミATの場合、変速は電光石火、コンマ何秒という離れ業をやってのけてくれるのだ。燃費に関しても、MTはクラッチ&アクセル操作の仕方、走り方によってバラつきが出やすかったりする。今ではATでも高級車は8速、10速まである時代であり、走行効率、燃費に優れたCVT、そしてマニュアルミッションをベースにした、VWのDSGに代表される2ペダルのセミMTも幅を効かせている。2ペダルでもエンジン性能を極限まで引き出せる制御が可能になっているからだ(スポーツカーも2ペダルで売れている時代だ)。たとえば最新のトヨタ カローラスポーツの例を挙げると、ガソリンターボのCVTは16.4km/L、MTは15.8km/L。6速MTとCVTが選べるホンダ フィットのスポーティグレードとなるRSでも、6速MTが19.2km/L、CVTが21.0km/LというJC08モード燃費で、過去に常識(3/4速AT時代?)からすれば逆転の燃費性能なのである。マニュアルミッションはたしかに加速にダイレクト感があり、クルマを操っている感覚は強いものの、省燃費にこだわった最新制御のAT、無段変速機のCVT、2ペダルセミAT=DCT(デュアルクラッチトランスミッション)に燃費性能で敵うはずもない。

さらに、先進安全支援機能のひとつ、渋滞追従型ACC(アダプテイブクルーズコントロール)も2ペダルのAT、CVT、DCTとの相性がいいのは当然で、MTはクラッチを踏む必要がある以上、両足がペダル操作から開放されるACCのメリットを、渋滞追従、ストップ&ゴーをくり返すシーンでは受けられないというわけだ。VWのDSGに代表される完成度の高い2ペダルのマニュアルミッションは、MTのダイレクト感や燃費性能を備えつつ、2ペダルでOKという、走り好きにも初心者ドライバーにもうってつけのミッションというイメージが強い。ただ、最近はAT、CVTともに進化が著しく、発進、加速、巡航まで効率や燃費に有利な走行状態(変速)をキープし、ダイレクトシフト、ステップアップ制御など、加速時に気持ちいい痛快なシフトアップ感が得られるミッションも少なくない。もはやMT、AT、無段変速のCVT、2ペダルセミATという区分けではなく、それぞれのミッションの完成度、エンジンとのマッチングによって、燃費や走りの気持ち良さが決まると考えていい。 *DCTとDSGは基本的に同じ仕組みです。

CVTでよく言われるラバーバンド感、アクセル操作に対して加速とのズレを生じる現象も、じつはドライブモードがあれば、それをスポーツと呼ばれるようなモードに入れことで解決でき、レスポンスに優れた変速、加速を可能にしてくれる場合がある。さて、本題の燃費に有利なミッションとは? の答えもまた、車重、タイヤ、エンジンの出来具合、種類(NAかターボか、ガソリンかクリーンディーゼルかなど)との組み合わせ、もっと言えばメーカーの燃費に対する考え方に左右されるものの(国産車ならスバルは燃費より走りを優先している)、個人的な感覚では、最新制御のCVT、そしてVWのDSGのようなセミATが比較的優れていると思える。

VWゴルフ7 ハイラインの例では、1.4リッター直4ターボ、140馬力、25.5kg-mの低速からトルクもりもりの、数値以上の性能を持っていながら、高速クルーズで20km/Lというモード燃費に匹敵する実燃費も可能なぐらい。その上でCVTとは異なるMT的なダイレクト感ある変速、加速を見せてくれるのだから、もうばっちりだ。2ペダル+ACCのクルマは渋滞にハマったときの楽々快適感はもちろん、渋滞でノロノロ走る際のたび重なるペダル操作も不要となり、渋滞時燃費もいいに決まっている。

結論としては、燃費最優先ならCVT、燃費と走りのダイレクト感の両立を望むならDCTではないか。ちなみに高速巡航ではACCをONにすると、実燃費が5〜10%程度良くなるデータもあるから、高速走行の機会が多い人は、2ペダル+ACCが最強かもしれない。さきほど触れた、VWゴルフ7で20km/Lを記録したのも、東京〜御殿場IC〜富士スピードウェイを、高速走行中にACC ONで往復したときのデータである。』

あのフェラーリもいまやMTではありません。私の車はDCTでACCを使うと高速道路の運転が非常にラクですし、運転暦=AT暦47年間で、左足ブレーキを初めからやっているので、高齢者であってもアクセルとブレーキの踏み間違いはありません(笑)。

おまけ
今朝の通勤時、車の路面凍結注意のマークが今シーズン初めて点灯しました。一番の寒さです。

スポンサーサイト

| いろいろ | 07時33分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

上機嫌の顔


あなたは日々の生活のなかで、次のような人を見かけたことがないでしょうか。

・コンビニで支払いに手間取っている人を見ると舌打ちをする人
・マンションの廊下ですれ違っても、まったく挨拶をしない人
・電車やお店で赤ちゃんが泣き出しただけで、眉をひそめる人
・飲食店で注文した食事がなかなか来なくて店員に怒る人
・納品時間が少し遅れただけで、大声で怒鳴りながらクレーム電話をする人
・電車がちょっとでも遅延すると、駅員に詰め寄って怒鳴る人
・朝出社したときに、同僚に挨拶もせず、仏頂面でデスクに向かう人
・部下が失敗した時に、周囲の目も気にせず、ヒステリックに怒鳴りつける人
・会議で腕組みをして怖い顔をする人(やりがちです、反省します)

もしかしたら、あなた自身(私自身を含めて)もこれらの行動をとってしまい、後悔したことがあるかもしれません。あるいは、自分がそうした行動をとっていることに気づかずに、周囲から「あの人って不機嫌だな」と敬遠されている可能性もあります。機嫌とは、人の表情や態度に表れる快・不快の状態です。つまり不機嫌とは、不快な気分を表情や態度に表しているさまをいう言葉です。

「男が40歳を過ぎたら、普通にしていても不機嫌そうに見える。上機嫌くらいでちょうどいい」とも言われるそうです。顔つきが怖い人はなおさらです(笑)。
部下を持つリーダーは、不機嫌な様子を周囲に感じ取られてしまうような何気ない行動や言動を避けるべきだと考えます。基本は柔らかい表情を部下に見せるのが一番ではないかと思います。

おまけ
「平成最後」の流行語大賞。カーリングの「そだねー」。でも、今では誰も使っていません。SNSでは「平成最後の・・・」というのが大流行。こちらのほうが良かったのでは・・・。

| いろいろ | 07時31分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

投資信託の基準価格が上がる要因、下がる要因


投資信託を保有する方は基準価格がどのように算出されて、基準価格を上げる要因が何か、下げる要因が何か良く理解できていない方がいると思います。できるだけ判りやすく書いてみます。投資信託を保有していない方はスルーしてください。イデコやNISAをやっている人は必読です。

まず基準価格を算出する方法。投資信託が保有する株式の直近の株価を使います。国内株式では東京証券取引所が午後3時に終わった時の株価を使い、海外株式は前日の各市場の取引所の終値を使います。例えば、月曜日の米国市場は東京の火曜日の朝に閉まります。そのときの株価を用います。保有する株式数に「知りうる直近の株価」を掛けて金額を算出します。100銘柄があれば、全部計算して合算して総資産を求めます。総資産から投資信託の運営にかかる報酬を差し引いたりして、純資産総額を求めます。純資産総額を総口数で割って、基準価格が出ます。例えば、純資産300億円のファンドで総口数が250万口だとすると、300億円÷250万口で1口当たり12,000円が基準価格となります。
海外株式では、現地通貨の株価に午前10時に発表される為替レートを用いて金額を求めます。60ドルの株価x1ドル110円だとすると6,600円の株価となります。
債券は半年後に1%の利息を払うとすると、183日で1%の利息がつくので、1日あたり0.00546%の利息を受け取ったものとして資産に計上します、これを経過利息と呼びます。半年経過すると、1%の利息が支払われますが、既に経過利息として基準価格に反映させているために基準価格は変わりません。
これらの作業を投資信託の運用会社と財産の管理保管をしている信託銀行で行い、夜に基準価格が決まった後に発表され、翌日の日経の朝刊に基準価格が掲載されます。

株式、債券、為替は日々変動します。
基準価格が上がる要因
・株価が上昇する
・債券価格が上昇する(金利が低下する)+経過利息を計上する
・為替が円安外貨高になる
・運用会社、信託銀行、販売会社が受け取る信託報酬が引き下げられる(まれです)
基準価格が下がる要因
・株価が下落する
・債券価格が下落する(金利が上昇する)
・為替が円高外貨安になる

株価指数と同じように動くインデックスファンドの基準価格は、ほぼ株価指数と同じ騰落率となります。銘柄をファンドマネージャーが選択して株価指数以上の成績を残そうとする投資信託をアクティブファンドと呼びます。この銘柄選定の巧拙で株価指数が上がったのに、基準価格が下がったということが発生します。インデックスファンドが一番判りやすいと言えます。

おまけ
昨日のM-1。みんな早口で聞き取れない(はずきルーペのCM「字が小さくて読めない」のリズムで・・・)

| いろいろ | 07時33分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人生最高の日

あなたの「人生最高の日」とは、いつですか?
難関志望校に受かった日
学生時代の○○○大会で優勝した日
海外旅行に行った日
結婚式を挙げた日
子供が生まれた日
初孫が生まれた日・・・・
こういった事例が多いと思います。でも、これらは全て過去のことです。過去が最高ということは、今日は過去の最高の日よりも下ということになります。口の悪い人は下り坂の人生の途中だと言います。上を目指す人は、日々進化しています。ということは、最高の1日は今日でなければなりません(ずっと登り坂ということです)。だからこそ、今日が人生最高の1日になるように挑戦し、毎日毎日生きるわけです。そして過去ベストを更新し続け、「今日が人生最高の1日だったな」と寝る前に思い。そしてまた次の日の夜には、「今日こそ最高の1日だったな」と思う。これをどこまで出来るかが鍵です。

毎日「過去最高の日」を更新する。ドイツの車スポーツカーメーカーのポルシェにはこういう言葉があります。
『最新のポルシェが最高のポルシェ』
同社は、絶えず車の改良を施し、より良い車にしていくポリシーを貫いています。あの時のポルシェが最高だったとは言わせない、こんな会社は素晴らしいです。

9月3日のブログでこんな文章を書きました。
『1日を0.01頑張って過ごすことを「1+0.01=1.01」とします。
逆に0.01サボって1日を過ごすことを「1-0.01=0.99」とします。
さあ、これを1年間365日過ごしてみると
1.01の365乗= 37.8
0.99の365乗= 0.03』
掃除にしても、経営にしても、恋愛にしても、日々の積み重ねが本当に大切です。掃除は、汚れているから掃除するのではなく、汚れないように毎日掃除します。経営や売上も、落ち込んだから見直すのではなくて、そうならないように毎日意識して努力するのです。恋愛も、ケンカしたり別れそうになったりしてから反省するのではなく、そうならないようにお互いが相手を思いやるのです。そうして意識していくことが、最高の日をつくっていくのではないでしょうか。

おまけ
暖冬予報は当っているようです。冬が寒くならないと、冬物衣料が売れない、鍋物の人気が出ず葉物野菜の生育が良いのに需要が少ない、となると段ボールケースに対する需要が増えません(涙)。
おまけ
映画「風と共に去りぬ」の英語題「Gone With The Wind」でした。今は「Gone With The Money」「金と共に(カルロス・ゴーン)去りぬ」です。

| いろいろ | 07時33分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

心の中の9つのレベル

出所不明ですが、ネットで見かけた文章です:
人間の心には、9つのレベルが存在するようです。
1. 一般的に多くの人が嬉しい、楽しいと思う現象について「喜ぶ」ことができる
2.一般的に多くの人が嬉しい、楽しいと思う現象について「幸せ」を感じる
3.一般的に多くの人が嬉しい、楽しいと思う現象について「感謝」ができる
ここまでは「初級」
4.一般的に多くの人が当たり前と思うことについて「喜ぶ」ことができる
5.一般的に多くの人が当たり前と思うことについて「幸せ」を感じる
6.一般的に多くの人が当たり前と思うことについて「感謝」ができる
ここまでが「中級」
7.一般的に多くの人が不幸と思うことについて「喜ぶ」ことができる
8.一般的に多くの人が不幸と思うことについて「幸せ」を感じる
9.一般的に多くの人が不幸と思うことについて「感謝」ができる
これが「上級」

給料が増えたら、誰でも喜べますし、感謝します。これは「初級」
給料がいつも当たり前にもらえることにも感謝できるようになったら「中級」。
給料が思ったように増えるどころか減らされてしまったとしても「感謝」できる人が「上級者」であり、「人格者」といわれます。
体調がいい時に喜べるのは初級、普通の時に喜べるのは中級、悪い時にも感謝できるのが上級。

中級まではいけても、上級は難しいです。人格者レベルにはなかなか到達できません。健康で毎日会社に行って働くことができ、給料を毎月25日にもらえることを喜び、幸せを感じ、感謝することができるようになる気持ちは、病気になってみると一番判りやすいです。快復して、会社にいつも通り出社して同僚と仕事をし雑談をしランチを一緒に食べられることがどれだけ幸せなことか実感します。「ピンチはチャンス」とよく言いますが、ピンチを嘆くのではなく、良くするための好機だと捉えることが肝心です。

年末の決算賞与をもらえるのが当たり前とは思わないでください。決算賞与が出るということは、たとえ減ったとしても会社は無事に運営できている証です。全社員の努力があって結果がついてきて、初めて決算賞与が支給されます。

どんなことに対しても、「喜び、幸せを感じ、感謝することが出来る人物」は、周囲の人からも好感をもたれます。感謝しない人物は好感を持ってもらえません。

おまけ
アマゾンは、人間用の棺(ひつぎ)まで売っているんですね、ビックリ
おまけ
政府は水道事業の民営化を進めようとしています。公益事業では赤字だが、民営化されれば水道料金が下がると説明。公益事業では利益を出す必要はありませんが、民営事業では利益を出さなければなりません。海外でも、料金が数倍に上がったり、公益事業に戻したりしています。

| いろいろ | 07時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT