1. 無料アクセス解析

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「現在地、行き先、行き方」


突然ですが、百貨店で迷子になって泣いている子供がいるとしましょう。なぜ迷子は泣いているのでしょうか。その理由は3つあります。
1)今どこにいるのかが分からない(現在地)
2)どこに行けばよいかわからない(行き先)
3)どのようにして行けばいいかが分からない(行き方)
お父さん、お母さんとはぐれた子供は今、何階にいるのか、何売り場にいるのかが分からず泣いています。つまり、「今どこにいるのかが分からない(現在地)」のです。もし表示などを見て、今3階にいるとわかったとしましょう。しかし、お父さん、お母さんが何階にいるのかが分からいのでまだ泣き続けます。つまり、「どこに行けばよいかわからない(行き先)」のです。もし、お父さん、お母さんとの会話を思い出して5階にいるとわかったとしましょう。しかし、どのようにして3階から5階に行けばよいのかが分からないのでまだ泣き続けます。つまり「どのようにして行けばいいかが分からない(行き方)」のです。

多くの会社でこれと同じことが起きているかもしれません。社員が自らの会社が今どのような状態かがわからないとすれば、「今どこにいるのかが分からない(現在地)」
社員が、会社がどのような方針なのかわからないとすれば「どこに行けばよいかわからない(行き先)」
社員がどのようにしてその方針を達成するのがわからないとすれば「どのようにして行けばいいかが分からない(行き方)」
このような状態を「迷子の経営」といいます。社員が迷子になっているのです。社員が迷子になっている会社が儲かるはずがありません
   *出所 ハタコンサルタント株式会社

現在地が分るようにするために、月次決算を私は全社員に公開しています。外資系企業に勤務した時代、会社の決算状況が社員に開示されずいきなり給与カットや人員削減等が実施されました。もし知っていたら、働き方が違ったもの(より積極的)になっていたと思います。その経験があるので、社員に会社の状況(「現在地」)を知ってもらうようにしています。会社の現状を知らせずに、社員に考えろと言っても考えるベースがありません。
そして「行き先」を明確にするために、年度の方針を明らかにし、予算と目標を管理職に開示します。「行き先」を判らずに乗組員(社員)が船(会社)を動かすことはできません。向かうべき方向を明らかにします。さらに「行き方」を明確にするために、各部門が行なうべき実施計画を部門責任者に策定してもらい、全社員に開示します。目的地に向かうのに、複数の「行き方」があるとすれば、どの「行き方」を選んだのか開示します。

おまけ
落語の三遊亭円歌死去。私には歌奴(うたやっこ)時代の「山のあなあな…」の方が記憶に残っています(50代以上でないと分かりません)。当時は、林家三平と三遊亭歌奴が落語のツートップでした。合掌。

スポンサーサイト

| お仕事 | 22時48分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人材育成


人材育成の要諦として福島正伸さん*は以下のように書いています。
*福島正伸氏は「どんな仕事も楽しくなる3つの物語」の著者として知られる。私は読んで涙を流したのを覚えています。

『ほめても叱りつけても
どのように接したとしても
人はそれに応じた育ち方をする
子をみれば,親がわかり
部下をみれば,上司がわかり
社員をみれば,社長がわかる
人が勝手に一人で育つことはない
人は育てたように,育っている

自分の周りにいる人は,自分の鏡である
自分がそうしているのは,自分がそうしてきたから
相手が本気にならないのは,自分が本気になっていないから
怒らないとやらないのは,怒ってやらせてきたから
まわりが助けてくれないのは,自分がまわりを助けてこなかったから
部下が上司を信頼しないのは,上司が部下を信頼してこなかったから』

つまり、得るものを変えるためには,まず与えるものを変えれば良い
他人を変えたければ,自分を変えれば良い
人を育てたければ,自分が育つ姿を見せること

4月になるとフレッシュな新入社員が多くの企業で加わります。「子を見れば親がわかる」、「社員を見れば社長(もしくは上司、先輩社員)がわかる」は本当にそうだと思います。新入社員に見本となる姿を見せましょう。

おまけ
広島カープ。早くも独走か?前田、黒田が抜けても新人投手が活躍。スカウトの目が確かなのか?それにしても「内海、だらしないぞ」と嘆く巨人ファンでした。

| お仕事 | 07時33分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5S



新入社員が入社したら、すぐに“しつけ教育”をするのが効果的といわれます。しつけとは何をすることでしょう。
5S(整理、整頓、清掃、清潔、しつけ)ということばがあり、その意味は以下の通りです:
整理:要らないものを捨てる
整頓:要るものがすぐに取り出せるようにする(整理・整頓は混同しやすい)
清掃:ゴミ、汚れなしの状態にする
清潔:整理、整頓、清掃、がやり続けられている状態(ルール化)
しつけ:ルールを強制し、習慣化する
つまり、正しい行動をルール化し、そのルールを習慣になるまで繰り返しやらせることがしつけです。

そのためまず基本行動に対して、以下のようなルールを決めることが重要です:
挨拶:朝「おはようございます」退社時「お先に失礼します」を大きな声で
集合:定刻5分前
連絡方法:遅刻、期限遅れ等の問題発生時は直ちに電話をする
電話:事務所にかかってきた電話は3回鳴る前に受話器を取る
服装:制服や安全靴を正しく着用する・・・・
こんなこと当たり前で、なぜ会社がしなければならないの?と思うかも知れませんが、大学でも高校で習うべき内容を1年生に教えたりするそうで、学校教育に期待しすぎるのは止めたほうが良い時代になったようです。

社会人としてのルールを守っていれば褒め(ほめ)、ルール違反だとその場で叱り、出来ていない時は二度でも三度でもその行動が習慣になるまで叱り続けます。社員によい習慣を身につけさせるのは、会社、上司、先輩社員の義務です。会社でのしつけが出来ていると、取引先の方からも社員が褒められ、会社と社員に対して好印象を持ってもらえます。工場見学でも、オペレーターの挨拶がキチンと出来ていると見学者からもお褒めの言葉を頂きます。

まず1ヶ月間、粘り強く先輩社員は新入社員を指導してみましょう。
   *PHP研究所の資料を参考にしています

おまけ
ヤマト、アマゾンの当日配送撤退、大賛成です。

| お仕事 | 07時40分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Do the right thing, Do the thing right

アメリカで使われる表現です。
「正しい事をする、正しく事を実行する」といった意味になります。似ているようですが、異なります。使い分けとして、次の様にも言われます。
Good leaders do the right things, good managers do the things right
「優れたリーダーは正しいことをする、優れたマネージャーは正しく事を実行する」
正しいことであっても、間違った方法で実行したら意味がありません。間違ったことを一所懸命やっても意味がありません。

「何をするべきか」「何を守るべきか」「何にこだわるべきか」を考えるのがリーダーの役目、リーダーが決めたことを正しくやり抜くことが優れたマネージャーの役目、となります。但し、マネージャーはリーダーが決めた「正しい事」を何も考えずに従うというのとは異なります。「正しい事」をいかに間違いなく、安全かつ効率よく達成できるか考えて、実行する、ということです。

正しいことを正しい方法で実行する  ◎
正しいことを誤った方法で実行する  △
誤ったことを正しい方法で実行する  X
誤ったことを誤った方法で実行する  論外です!!

最初に、正しいことを決めることが肝心です。その分リーダーの責任は大きいです。

おまけ
地方から東京に来る大学生。親の仕送りから家賃を引くと、1日当たり790円しか残らず、アルバイトは必須。レストランだと賄い(まかない)があるので助かるそうです。
おまけ
森友学園問題。一番の被害者は工事を請け負った建設会社です。倒産のリスクが急浮上。

| お仕事 | 07時34分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インプット、アウトプット


アウトプットを意識してインプットをすると、理解度が深まる。なんのこっちゃと思われる人がいると思います。

どんな学習をする時にも、常にアウトプットを意識した上で、その知識のインプットを行うことです。何かのセミナーを受けた時や本を読んだとき時などに、自分では100%理解した(していた)つもりでも、いざ人に話して伝えようとすると、実は、その半分も理解できていなかったという経験があると思います。目的もなくインプットするのと、あらかじめ人に伝えることを前提にしたインプットの質は全く違うのです。人に話して聞かせようとか、人に伝えようとしてインプットする際には、必ずアウトプットを意識して、知識の咀嚼度を高めるようにしてインプットすることです。たとえば本を読む時には、その本を読んだ後に、友人や知人、同僚や部下、時には社長や上司にその内容を5分で要約して伝えることを決めてから読書するようにするのです。その前提があると、自然と自分の頭の中に索引が作られながら知識がまとまるようになるのだそうです。
  *渡邊ビジネスシステム研究所のメルマガから引用

新しい機械設備が導入されました。メーカーから使い方を教わりました。但し、自分一人だけがメーカーの研修所で教わって自社の製造現場に戻って同僚に使い方を教えるという場合。メーカーの指導員が自社に来て設置された機械を使って自分を含むオペレーター全員に指導する場合。どちらが必死に習得しようとするか?明らかに前者です。

私もブログの材料を見つけるのに四苦八苦します。ブログに使えそうな材料があると、すぐ参考にして文章を書いてみます。ブログが無ければ、読み飛ばしてしまう可能性大です。
受験勉強はインプット、受験本番はアウトプット。受験勉強のとき程アウトプットを意識してインプットに励んだことはないと思います。営業マンが見込み客と会って情報を収集する場合も(インプット)、アウトプット(口座獲得)を意識すると、情報収集のやり方も異なるかもしれませんし、熱の入れ方も違うと思います。

アウトプットを意識してインプットに臨みましょう。

おまけ
4月1日で64歳になります。昔は、「爺(じじい)」と呼ばれる年齢になってしまいました(63歳でも十分爺でした…)。
1953年誕生 吉田茂首相のバカヤロー解散
1963年10歳 ケネディ大統領暗殺
1973年20歳 第1次オイルショック
1983年30歳 東京ディズニーランド開園
1993年40歳 Jリーグ開幕
2003年50歳 六本木ヒルズ開業
2013年60歳 富士山世界遺産登録
簡単にネットで調べられるので、自分の生まれた年の出来事や節目の年の事を調べると面白いです。
おまけ
今日は2回目のプレミアムフライデー。年度末最終日に、早めの退社が出来る会社・社員ってどれだけあるのでしょうか?新聞・テレビが全く報道しません。
おまけ
豊洲問題。専門家は、豊洲は安全だと言います。小池知事がいつまでも決断しないことで都民の不安を増しています。


| お仕事 | 07時36分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT