FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

稼いだお金を何に使うのか?その想いが問われる

二条彪さんのメルマガから引用させていただきます:

『もし多額のお金を手にしたら・・・そのお金で何をしますか?リゾート地へ行って,悠々自適ですか。悠々自適ができるくらい,たくさんお金が手にできれば良いですが。。。
何か儲かる事業を始めますか?儲かる事業って,なんでしょうか?
多額のお金を手にしたとき,問われるのは実は自分の志です。
あれも買おう,これも買おう。あそこに行こう,こっちにも行こう。あれこれ自分の欲があるかと思いますが,それにも飽きたらどうしますか?若いうちは,あれもほしい,これもほしいと欲張りになり,それが仕事の原動力にもなるでしょう。しかし,ある程度,年輪を経てきたら,自分の欲のためではなく,誰かのためになることをしてはどうでしょうか。欲の方向を自分のためという方向から,誰かのために,と変えていくのです。自分のことや家族のことを犠牲にしてまでとは言いません。自分のことを差し置いてなどという,きれい事を言うつもりもありません。自分のこと,家族のことを考えるのは,当然のことです。問いたいのは,その先にあるものは何か?ということですどこまでもどこまでも我欲のためなのでしょうか。

多額のお金を手にしたら何をするか?という問いかけは,その人の志やビジョン,想いが問われることでもあります。いつまでもどこまでも自分の欲をむさぼるのか?どこかでシフトし,誰かのためにと思えるのか?そしてこの問いかけで,いまのあなたの事業の志が見えてきます。稼いで稼いで稼いだお金をどうするのか?何に使うのか?

私たち実業人の目標は,稼ぐことではありません。稼いだお金をどう使うのか?までしっかり考えを持つこと。「稼いだお金を~~~に使う」までが目標であり,~~~はあなたの志でもあるのです。これは常にイメージしておかなければいけません。そうしないと,時の運もあって稼げたとき,妙な,変な,非常識なお金の使い方をしてしまいます。
妙な,変な,非常識なお金の使い方をすると世間からは「成金」とさげすまれてしまいます。

稼いだお金を何に使いますか?いま稼いでいなくても,これをイメージすることにより,稼ぐことに一歩近づくことになると私は思うのです。「そんなこと,稼いでいない今,考えてもしょうがない」と言う人は,どうもずっと稼げていない人のような気がするのです。』

この文章を読んで昔聞いた笑い話を思い出しました。成功した経営者が南海の小島に休暇旅行をしたら、海辺で昼寝をしている現地の人間を見かけて、なんて怠惰な生活をしているんだと叱責します。現地の人間は、経営者にお金を稼いで何をしたいんだと問うと、いろいろやった後に引退して海辺でのんびりするんだと答えると、彼は「俺は既に海辺でのんびりしている」と話したというものです。

ある人物が、数百億円かけて宇宙旅行に行く計画をぶち上げたり、1億円お年玉を上げたり、非常識なお金の使い方をして世間から顰蹙(ひんしゅく)を買っています(業績も株価も下がっています)。稼いだお金は、社員の生活向上、職場環境の改善、将来に向けた設備投資に使いたいと考えます。

おまけ
神戸のバス事故の運転手は「逮捕された容疑者」と呼ばれているのに対し、池袋は「逮捕されず、さん/元院長」と呼ばれています。この差は何故?昔役職の高かった人への忖度(そんたく)?何かルールがあるのでしょうか?

スポンサーサイト

| お仕事 | 07時25分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ホウレンソウ

皆さんが良くご存知の報告・連絡・相談の略称です。若手社員には、業務の基本中の基本と言われます。

●上司から「あの件はどうなっている?」と訊かれたら、報告が不十分だという事になります。上司から訊かれる前に、進捗状況の報告をキチンとしておくべきです。特に期間が長い要件では、定期的に報告をしておくべきです。期限間際になって、進捗が思わしくないことを伝えるのは最悪です。
●自分ではキチンと連絡したつもりでも、相手に十分伝わっていなければ不十分な連絡となります。特に緊急を要する件なのにもかかわらず、メールだけで用件を伝えるのは不十分です。データ等があればメールを送ると同時に、電話で緊急度を伝えて、詳細はメールを見て欲しいと伝えて、初めて相手に伝わる報告と言えます。メールだけで伝えると、相手に緊急度合いは伝わらないものです。
●上司から言われた要件を終了させたらおしまいではなく、上司に終了した旨を伝えて初めておしまいとなります。
●上司から指示を受けた時に不明な点があったらその場で確認する。作業を進める中で、不具合が起きたら、勝手に自分で判断しないで、直ちに上司に相談して作業を進める。
●結果が良くても、ホウレンソウが出来ていないと上司や同僚からの信頼を得ることはできません。ホウレンソウをキチンと行う事を習慣化することで、信頼される社員になる基礎を築くことが出来ます。

スムーズなホウレンソウを実現するには、部下が上司にホウレンソウしやすい環境・雰囲気を上司が作る事が大事です。上司がいつも忙しく、部下が報告や相談しようとして、今忙しいから後でと言われると躊躇(ちゅうちょ)してしまい、報告しにくくなります。非常に忙しい時でも、その場で短い時間でもいいから話を聴きましょう。なぜ、なぜといった詰問調の話し方も止めましょう。

おまけ
昨日の帰宅時の光景。暗くなってきているのに、ヘッドライトをつけない車。バイクと同様に、エンジンをかけたらヘッドライトを自動点灯に変更すべきです。もうひとつ。横断歩道で女子高生がスマホをみながら自転車で通行。安全に対する意識が低すぎますね。

| お仕事 | 07時31分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もっと早く


もっと早く報告しなさい
もっと早く対応しなさい
もっと早く行動しなさい

もし、あなたが上司からこのように何度も言われているとしたら、上司が考えるスピードの基準(もっと早く)とあなたの考えるスピードの基準がずれていると考える方が良いと思います。自分としては早くやっているつもりでも、上司から見れば遅いのです。「もっと早く」と言われてから、行動するのでは「行動が遅い社員」というレッテルを貼られてしまう事になります。言われてから行動する社員を高く評価する社長・管理職は、まず居ません。

言われる前に なすべきこと(報告、相談、段取り、反省、改善など)を考えて行動することが大事です。

もし、社長や上司から「急ぎでこれやって」と言われて、今すぐ作業できない場合は、状況を説明の上いつならできる、もしくはいつまでなら待てるか確認しておきましょう。これをしないで、社長や上司から「出来た?」と訊かれて、「まだです」と答えるよりは、はるかに仕事ができる社員と思われます。その場合に、なすべきことの優先順位と段取りをキチンと考えられることが大事です。

おまけ
Jリーグの鹿島アントラーズ。Jリーグ発足以来、1部の上位に必ず位置する強豪チームです。アントラーズの強さの秘訣を東洋経済オンラインで読みました。印象的なのが次の文章です。
『25年間つねに「明日、潰れるかもしれない」と思って危機意識を持ってやってきました。「潰れないためには、勝つしかない」「勝つためには、何をすべきか」、アントラーズはそういった思考回路が身に付いているクラブチームだと思います。』
Jリーグやプロ野球では、親会社の広告宣伝費から巨額の資金が出ているチームが多くありますが、アントラーズは自分たちで稼がなければならないという意識が強く、チームの強さにつながっています。大企業で働く社員は親方日の丸でこういう意識が弱いのに対し、中小企業はこの意識を強く持たなければなりません。

| お仕事 | 07時24分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

社内会議


社内で行う会議の目的は、主に以下の5つになります:
1.情報共有:ITを使った情報共有も可能な反面、顔を合わせての情報共有も必要
2.進捗管理:普段から報・連・相ができていればよいが、詳細を共有するには便利
3.対策検討:問題があった時に、会議の場で対策をスピーディに決定できる
4.実行支援:対策実行時の課題に対し、知恵を出し助け合うことで成果を出す
5.士気向上:他のメンバーの動向を知ることや社長の檄などでモチベーションが高まる
  *出所:「1年で結果を出す経営改善のツボ」 幻冬舎

有効に使えば効果の高い会議ですが、ダラダラ時間ばかりかかってしまう場合があります。
会議で討議すべき事項がハッキリしていない
検討分析が必要な資料が会議の時に配布され、結論が出ない
特定の人(例、社長)がしゃべりすぎて、他の出席者が話せない
他人に配慮しすぎて、質問や意見が出ず、本質的な内容に踏み込めない
話が多方面に飛びすぎ、議論がそれてしまう
数値目標未達の言い訳ばかりで、今後の対策に一切触れない
今後の課題とゴールを決めない

どうすればよいのか?
会議の目的、内容、ゴールを、会議を始める時にハッキリさせる
前向きな発言を歓迎し、出席者の話を真摯に聴く
反省と今後の対策を2対8程度に収める
「もう少し」といったあいまいな表現ではなく、具体的な数値を使って話す
本題から脱線しない
他人への非難、中傷、文句を言わない
なぜできなかったかを突き詰めるのではなく、今後何をすべきか、どのようにしたら良いかを心がける
検討に時間を要する資料は事前配布する
簡潔にまとめた議事録を翌日には配布する
議事録には、今後なすべき事項、その日程、責任者等を記録し、次の会議でその進捗状況を確認できるようにする

おまけ
パリの世界遺産ノートルダム大聖堂が延焼。ツアーでは必ず訪れる名所ですから、GW中の観光客はがっかりでしょうね。

| お仕事 | 07時27分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

次の打席があると思うな!


二条彪氏のメルマガから引用させていただきます:

『今年もプロ野球が開幕しました。毎試合,あれだけのお客様を呼び込むプロ野球というコンテンツ。ほんとうに凄いものだといつも思います。プロ野球の選手になりたい人はたくさんいます。いまでも憧れの職業の一つです。プロ野球選手は,プロになってからも大変です。なにしろ,試合に出られるのはごく一部のプロ野球選手だけ。レギュラーになって毎試合出ることは,それはそれは大変なことです。

競争激しいプロ野球の人たちは,毎試合毎試合,真剣勝負です。結果が出せなければ,すぐに交代。なにしろ,プロ野球選手はたくさんいるのですから。そんなプロ野球選手の人たちは,毎回の打席に自分の野球人生をかけます。ここで打てば,レギュラーに踏みとどまれる。ここで打てなければ,即交代。厳しいプロの世界です。

さて,私たち実業人はどうでしょうか。「うまくいかなければ,また次頑張ればいいや」と思っていないでしょうか。また次があるからいいやと,全力投入,全量投入することを怠っていないでしょうか。 自分がダメでも,代わりに誰かがやるわけでもなし。つぎに頑張ればいいや,と安易に思っていないでしょうか。

私たちも,プロ野球選手の人たちと同じ,お客様からお代をいただくプロです。では,プロ野球選手と同じように,次はないと思って仕事をしているでしょうか。どこかで「次の打席に打てばいいや」と思っていないでしょうか。自分の代わりがいないことは,いつしか尊大な自分を作ってしまいます。とって代わられることがないから大丈夫と慢心になってしまう。私がいなければダメだろうと傲慢になってします。

結果を出し続け,常に謙虚な気持ちを持ち続けるコツは一つ。
「次の打席があると思わない」
次の打席があると思わず,いまに集中し,いまを努力する。そんな強い気持ちが,結果を生み出していくのです。私たちはプロである。職業人生何十年になろうが,そんな気持ちを忘れてはいけないと思うのです。』

テレビで見た外科医の言葉が強く印象に残りました。
「医者に次はあっても、患者にはない」
外科医が手術に失敗しても次の機会があるが、命を失う患者にはない。目の前の患者に集中し、最善を尽くし、結果を残す(生命を助ける)ことが、プロの外科医としての矜持(きょうじ、自信と誇り・プライドの意味)とのこと。

おまけ
そうはいっても、プロ野球のレギュラーになると7割凡打でも3割ヒットを打てば生き残れる世界。しかし、2割に落ちればレギュラー落ちと、やはり厳しい世界です。フィギュアスケートの選手、練習でトリプルアクセルを成功しても、オリンピックの本番で失敗すれば金メダルに届かず。一発勝負であることに変わりはありません。
おまけ
アメリカのゴルフ最高の大会マスターズで、タイガー・ウッズが14年ぶり5度目の優勝。一時期はどん底まで落ちましたが、見事なカムバック。

| お仕事 | 07時23分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT