1. 無料アクセス解析

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

つまらない仕事


「つまらない仕事はない。仕事を面白くこなすか、つまらなくこなすかだけである」という言葉を本で見ました。正論です。

上司や先輩から教わった仕事のやり方、進め方に従って、その通りにだけ仕事をしていたら面白さを感じないと思います。一旦、教えられたやり方を完全にマスターしたら、自分なりのやり方、改善等を考えて実行してみます。それが上手くいかなければ、再度違う方法を考えてみる。それがうまく機能すると、仕事が面白くなります。昔の人は仕事を覚えるにあたっては、石の上にも3年とよく言いました。自分なりの工夫をやってみて仕事を面白くこなせるようになるには3年かかるという事だと思います。

私が厚生年金基金に外貨建て資産での運用を売り込む仕事をした時代。どの基金でも新規に採用されるのは容易ではありませんでしたが、2000年代初頭の厚生年金基金連合会に採用されるのは非常に厳しかったです。連合会をターゲットとして営業活動を始めるにあたって、まず商品概要・会社概要・運用担当者の略歴・運用実績などを含む100ページに及ぶ資料を作成し、日頃どのような情報を提供し、ロンドンのファンドマネージャーをいつ頃来日させて運用手法の説明をさせるか、いつ頃ロンドンの運用事務所に訪問してもらうか、等の計画を立てて、それに向かって仕事をしました。最終的に2年かかって新規口座の契約を結べた時の嬉しさは今でもよく覚えています。金融時代の最高の想い出です。自分で作戦を考えて、実行し、成果が出てくると、仕事はものすごく面白くなってきます。

段ボール業界は、材料の値上がりで製品価格の改定をしなければならず、営業マンは得意先との交渉は非常に苦労している最中です。それをつまらない仕事、大変な仕事と思うのではなく、自分の知恵と工夫が生かせる局面だと思って仕事をすると面白くなってきます。是非、営業マンには頑張って欲しいと期待しています。

おまけ
2017年の基準地価が公表されました。住宅地は26年連続で下落。人口が減るので仕方がないのかも…。

スポンサーサイト

| お仕事 | 07時30分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仕事の意義


松下電器産業(現、パナソニック)の創業者の松下幸之助さん(若い人は知らないかもしれません…)がまだ社長をしていた頃に、自社で電球を磨いている職人とのやり取りの話です。
松下さん:
 「君は何をしているのかね?」
職人:
 「電球を磨いています」
松下さん:
 「違うだろ!?キミがやっているのは電球磨きじゃないだろう」
職人
 この人は頭でも狂ったのか?と想いながら、不機嫌そうに「電球磨きですよ」と言ったのです。
松下さん こう続けたそうです。
「電球が街灯に使われれば、子どもや女性の安全が守られる。夜暗くなったら本を読めないが、電球をつければ夜でも本を読み、勉強することができる。君は、電球を磨いているのではなく、沢山の人の安全を守っているし、子どもが電球を使って本を読み、勉強することで子どもの将来を作っているんだよ!」
と、彼の仕事への捉え方を語り継ぎました。

それを聞いた職人は、それから仕事ぶりが大きく変わったそうです。

仕事をすることで、誰かの役に立っていることを意識して仕事をするのと、終業時間がくるまで苦行のように作業をひたすらこなすのでは、疲労度、やり甲斐、満足感には大きな差が出ます。

コカ・コーラは、黒色の炭酸水を売っているだけではなく「スカッとさわやかな瞬間」を提供します。
BMWは、移動手段を提供しているだけではなく、車を操り「駆け抜ける喜び」を提供します。
当社は、段ボールケースを作っているのだけではなく、段ボールケースを利用する取引先があらゆる商品を全国や世界に送り届けるのに貢献します。日本国民の消費生活を支えるのに貢献しています。段ボールケースが無ければ、大根などの青果物、衣料品、飲料、加工食品などが消費者の手元に届きません。

世の中に、犯罪を除き無駄な仕事はありません(国会議員が多いのは無駄かもしれませんが…)。目先の作業ではなく、その背後にある貢献度を考えると仕事にやりがいが出てきます。

おまけ
安倍首相、解散総選挙を決める模様。何故今必要なのか?森友、加計隠し?野党が弱いうちなら勝てる?北朝鮮がこんな状態で政治空白期間を作りますか?総選挙をするには数百億円かかります。安倍首相による安倍首相のための解散総選挙に反対します。

| お仕事 | 07時37分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

経営理念


経営理念とは、「企業の存在意義」「社会における自社の位置づけ」等企業の方針や基本的な考え方を明文化したものです。企業によっては、「企業理念」「社是・社訓」「ビジョン」等の用語を使ったりします。

日経平均に採用される225の企業の経営理念に使われる上位10個のキーワードをまとめた資料を読みました。採用数の多い順では
1. 貢献   129社
2. 社会   123社
3. 創造   64社
4. お客様  61社
5. グループ 59社
6. 企業   57社
7. 価値   55社
8. 提供   53社
9. 豊か   52社
10. 信頼   43社
10. 技術   43社  となります

当社は「経営理念」という言葉は使わず、「企業使命」という言葉を使っています。
コーワの企業使命
『高品質の製品とサービスをお客様に提供し、人々をより幸せにする事を目指す』
列挙した言葉の中には、幸せという言葉は入っていません。
「人々とは、コーワの社員とその家族だけでなく、取引先で働く人々、外注先で働く人々、仕入先で働く人々を意味し、これらの人々が幸せになれる企業を目指します。その手段として、利益が必要です。企業は利益を出さなければ生き残ることは出来ません。生き残ることで雇用を維持し、給与・賞与を支払い、社員とその家族が将来の生活設計を描くことが出来るようになり、幸せを実感できるようになります。そのことは、コーワの製品を購入してくれる会社で働く人々、コーワの外注先で働く人々、仕入先で働く人々の幸せにもつながります。コーワが利益を出すには、高品質の製品とサービスをお客様に提供することで初めて可能になります。あこぎな商売では長続きしません。安かろう、悪かろうでは長年にわたる取引は絶対出来ません。社員が誇りを持って仕事に励み、愚直なまでにいい物をつくる、いいサービスを提供する事にこだわってこそ顧客にも満足していただき、社員も満足感を感じることを出来るようになります。それが利益につながり、人々の幸せを増やすことにつながります。」

売上、利益はあくまでも最終目的ではなく、皆が幸せになるための手段と私は位置づけています。

おまけ
日産の新型リーフ。ブレーキを踏まなくてもアクセルを戻すとブレーキがかかる仕組み、高齢者のブレーキとアクセルの踏み間違えを無くせます。

| お仕事 | 07時32分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

意思決定


意思決定というと、何か重大なことを決めていると思うかもしれませんが、みなさん毎日何十何百と意思決定をしています。

朝起きるか起きないか、朝食に何を飲むか食べるか、熱があるので会社を休むか重要な打合せがあるので出社するか、何を着て出社するか、お昼に何を食べるか、1日の勤務時間で何を優先すべきか、本屋に立ち寄って新刊本を買うか買わないか(図書館で借りるという選択肢もあります)、顧客訪問に何時に会社を出るか、新製品をいくらで販売するか、企業を買収するか否か(滅多にある意思決定ではありません)・・・・。これらすべて意思決定です。

意思決定をする際に、数多くの選択肢があると判断に迷います。例えば、お昼に何を食べるか決める場合、和食(すし、ソバうどんを含む)、ラーメンを含む中華、洋食(イタリアン、フレンチ、スペイン、アメリカン等)と選択肢が多いです。迷います。前日のテレビ番組でおいしいとんかつ定食を見たとすると、この画像に引っ張られ、とんかつにしようという事が結構あります。こうした場合、選択肢を二つに絞ると意思決定しやすくなります。これは、やるかやらないか、イエスorノーを決めるのと同じです。学生時代の試験で、自由に意見を書けという問題は嫌だった記憶があります。選択肢がある問題だと、意思決定しやすくなります。

衣料品店でも、店員がお客にいくつも薦めるよりも、2つに絞って選択させる方が売れる確率は高いです。商談で、顧客と交渉する場合でも、どうしたらよいですか?と訊くよりも、これとこれではどちらがよろしいですか?と選択肢を与えて質問する方が良い結果につながります。これは家族でも同じです。お母さんは、いつも夕飯のおかずに迷います。子供に訊くと「おいしいもの」と答えます。でも、出された料理に文句を言ったりします。それよりも、から揚げとハンバーグ、どっちがいい?と訊いた方が簡単です(どっちもと言われるリスクがあります…)。特に、最終的に自分の意思で決めたと思う方が、満足度が高くなります。

顧客の意思決定を容易にするやり方を考えて実行すると、商談は良い方向に向かうのではないかと思います。最終意思決定は顧客がするのがベストで、ひとつだけ提示して承諾させるやり方は顧客が不満を覚えます。

おまけ
サッカー。本田、香川、岡崎の時代が終わった感じです。
おまけ
国の来年度の概算要求101兆円。国の借金1千兆円超え、国の単年度税収50兆円。判りやすく言えば、年収500万円の家庭の借金が1億円を超えて、毎年500万円借金を増やしている状態。異常な事態です。

| お仕事 | 07時32分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AI(人工知能)が企業融資を判断する時代


銀行との交渉に携わっていない人はスルーしていただいて結構です。経営者や銀行マンには読んで欲しいです。

日経新聞によれば、横浜銀行や千葉銀行など地方銀行・グループ4社は2018年から、AIを活用した少額融資を始める。オリックスと提携し、傘下の会計ソフト会社の開発するシステムを活用する。システムは、中小企業向け会計ソフト大手の弥生が開発したもので、 山口フィナンシャルグループや福岡銀行も採用するとのことです。

AIによる審査というのは、大量のデータを瞬時に分析してしまうというもので、金融機関の融資担当者よりはるかにデータの収集、選択、分析等の能力に優れているという大きなポテンシャルがあるものです。では、どう変わるのでしょうか?
審査の仕組みは基本的に同じですが、審査の中身は大きく変わってくると思います。AIによる審査とはいえ、会計情報から審査をするという点では、これまでと同じですが、これまでは決算書や試算表といった「結果の数値」を元に審査するものでしたが、これが大きく変わってくると思われます。日頃の会計の仕訳データ、つまり、日々の取引記録から、総勘定元帳や取引先との取引情報(預金の入出金明細や通帳データなども含む)を、2~3年分にわたって分析するということになります。これにより、「継続的な売上先・売上高や仕入れ先・仕入高の存在」や「使途不明金などを差引いた実態把握」が可能となり、それにより融資の可否や条件が決められていくものになると思われます。決算書などの「結果」のみならず、仕訳データといったプロセスのデータから瞬時に分析され、融資の判断がなされるわけです。最近の言葉でいう「ビッグデータの活用」です。融資担当者による分析ではなくなるのです。銀行員にとっても大変なことですが、中小企業にとっても、他人事ではありません。日々の仕訳データや出入金データからも評価される以上、日常の会計処理や資金の移動取引の適正さや妥当性が問われるようになってきます。(会計操作や粉飾は、ほぼ見破られるでしょう。)
*出所:渡邉ビジネスシステム研究所

AIで将来なくなる仕事というリストを見かけます。その中に、融資業務というのが確かにありました。従来は財務諸表のデータを入力すると、企業格付けが点数で表示され融資可能か不可は判断されるというのが従来の方法です。ただし、弥生の会計システムを導入していない場合の審査はどうなるのでしょうか?会社の強みであるとか、経営者の性格であるとか、数値で表せない部分を定性評価と呼びますが、定性評価はAIによる判断には含まれないのか?やはり、数値で表せる評価(定量評価と呼ぶ)だけで判断されるというのは、いかがなものか、と思います。古い人間でしょうか?

おまけ
今日は朝から強い日差しで、久しぶりの猛暑日予想。暑さから遠ざかった身体にはしんどい1日になりそうです。

| お仕事 | 07時33分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT