1. 無料アクセス解析

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

質より量

パブロ・ピカソという有名な画家がいました。彼の絵は、200億円で取引されることもあるなど、その才能は素晴らしいものなのです。そのピカソは、生涯にわたって、実に1万3500点の油絵と素描、10万点の版画、3万4000点の挿絵、300点の彫刻と陶器を制作したのです。最も多作な芸術家だと、ギネスブックに載っているほどです。この作品数、どれくらいなのかイメージできますか?ピカソは、92歳まで生きました。合計33,580日です。単純に計算すると、1日あたり、4.4作品の制作を行ったことになるのです。生まれてからすぐに制作してはいないと思いますので、実際は、一日当たりの制作数は、もっと多くなります。この事実を知ると、何かに挑戦するとき、ちょっとやってみて、うまくいかず、自分には才能がないと思っていた自分が恥ずかしくなってきます。ちょっとやそっとでは才能は現れないのです。五行論でいえば、ピカソのような芸術・感性の才能は、陰の火のエネルギー、すなわち、炎のようなエネルギーです。陰の火のエネルギーを強めるのは、陽の木のエネルギー、すなわち、大樹のようなエネルギーです。大地に根を張り、上に上にと、一直線に成長し続けます。つまり、実践・継続を表します。ピカソの実践・継続は、半端じゃないですね。ところで、ビジネスにおいて、商品、サービスを宣伝広告する活動は、火のエネルギーです。もしも、あなたが、ビジネスで売り上げを上げるために、マーケティングや営業をしようとするなら、その火のエネルギーを高めるために、とにかく実践・継続することが重要になります。ちょっとやそっとではダメです。

良い「質」は、大量の「数」から生まれます。思考と試行錯誤の繰り返しです。数稽古。「質」より「量」ということですね。この、大樹のような実践継続力。何かをやりとげようとするなら、心にとどめておきたい教えです。
    *出所 渡邉ビジネスシステム研究所

営業マンが新規顧客を見つけるには、まずは見込み客の数をどれだけあげられるかにかかっています。「まず数」です。その中から実際に顧客になって頂ける相手先を見つけ、顧客になって頂き十分な顧客数を確保してから、「質」に関心を移します。受験勉強でも、まず「問題数」をどれだけこなすか、が合格へのカギでした。「数」をこなすことで「質」を段々理解できるようになります。まず「質より量」です。

おまけ
昨日放送のNHKスペシャル。睡眠不足状態が恒常的に続くと、がん、認知症にかかるリスクが高まるそうです。理想は7時間前後。5時間以下はNG。判断能力、仕事の効率、体力も落ちるそうです。真っ暗な部屋でいつもの時間にベッドに入り、自然に目が覚めるまで寝る。その睡眠時間と日頃の睡眠時間の差が不足時間となります。してはいけないのはベッドでのスマホは禁止。するべき事は、朝起きたら陽を浴びること。
スポンサーサイト

| お仕事 | 07時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なぜ、あなたから買わなければならないのか?


営業マンが新規顧客開拓をする時に、相手からこんな質問が来たら即答できますか?正直、容易ではないと思います。特に、段ボールのような差別化がしにくい製品では、「他社よりも価格が安いです」と答えたら、それこそ値下げ競争になってしまいます。これは銀行の融資でも同じです。お金に色はありません。1億円融資を受けるのはどの銀行でも可能です。しかし、低金利しかメリットがないとしたら、金利の引き下げ競争になります。融資を受ける際には、複数行から提案を受けます。その際に、一番低い金利を提示した銀行から融資を受けるとは限りません。他行とのバランス、融資以外のお付き合い(見込み客紹介、担保の有無、個人保証の有無、普段のコミュニケーション等)を考慮します。

私から買ってもらったら、提供できるメリット(できれば価格以外の要素)をキチンと説明できるように、あらかじめ考えておく必要があります。

私が外資系投資顧問会社で年金営業を担当した時代。厚生年金基金の担当者や常務理事からすれば、野村投資顧問、みずほ投資顧問、モルガンスタンレー投資顧問(いずれも当時の名称)といった知名度のある投資顧問会社を採用しておけば、たとえ運用成績が今一つでも上席に釈明ができました。しかし、私が在籍したような日本で知名度が低い投資顧問会社を選ぶには勇気が要ります。何故なら、運用成績が悪いと上席からなぜこんな会社を選んだと叱責されるからです。そのために、私をまず信用・信頼されるように最大限努めました。そして、競合他社を絶対けなしませんでした。また、運用商品の説明をするにあたって、商品の強みと弱みも同時に説明しました。売り込むには、いいことだけを話したくなりますが、結局後でしっぺ返しがきます。同業の会社が多く集まってつくられた総合型基金の常務理事は、社会保険庁出身者が多く、運用は疎い人が多く、運用に関しての質問(基本的過ぎて他人には質問しにくい内容)にも丁寧に回答しました。逆に単独型基金(トヨタ、富士通といった単独企業の基金)では財務出身者が担当することが多く、知識も豊富なのでそれを上回る知識を身に付けて、私の話をまた聴きたいと思ってもらうように努めました。

段ボールの場合、価格以外で相手に訴求できるメリット(これは営業マンによって異なります)、例えばフットワークが軽い、返事がとにかく早い、提案力が優れている、高い専門知識を持つ、工場との交渉力が強い(特急対応等)、等々あります。納期が早い、品質が良い、等は営業マン一人一人の資質ではありません。営業マンとして、相手が自分を良きパートナーとして見てもらうために何ができるかを考えて欲しいと思います。

おまけ
安倍政権、与党の強引かつ不誠実な国会運営(共謀罪法案、憲法改正、加計学園問題)は目に余ります。与党内にも安倍首相を咎める人物がいない。都民が今すぐ出来ることは、都議会選挙で自民党を大敗させること。しかし、都民ファーストの会にも投票したくない。選択に困ります。
おまけ
英国の高層マンションの大火災。1974年に製作されたスティーブ・マックイーン主演の映画「タワリング・インフェルノ」を思い出しました。ちなみにこのマンションは1974年建築です。

| お仕事 | 07時38分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

経営に効く法則3

KASHの法則
セールスパーソンの中では広く知られている法則とのこと。すみません、私は知りませんでした。
Knowledge
知識 自社の商品及び周辺知識。競合他社や業界全体に関する知識。経済全般・法令・ルール等
Attitude
志、心構え、立ち振る舞い。仕事に対する高い姿勢。顧客満足を常に念頭に置いた行動等
Skill
商品の販売方法、判りやすいプレゼンテーション能力、適切なコンサルティング、話す・聴く・訊くコミュニケーション
Habit
自らの業務活動を継続的に実践。主体的に知識やスキルの習得を図り習慣化する等

これらは販売担当だけでなく、どの分野でも通用することだと思います。知識を学び続け、志を持ち続け、技術を習得し続けることこそが人材育成の極意であり、それを習慣化できれば自発的に社員が育つ仕組みとなります。

段ボール営業で言えば、
1. 自社の商品及び周辺知識。競合他社や業界全体に関する知識。
2. 営業マンとして仕事に臨む姿勢、顧客の要求事項を満たす提案営業
3. 商談の導入からクロージングまでの交渉の進め方。コミュニケーション能力。
4. コミュニケーション能力の向上、営業活動の計画立案から実践までの行動反復
当りが当てはまりそうです。

おまけ
昨日のテヘランでのサッカー試合。選手が後半バテていました。キヤノン勤務時代、私は中近東には3月~9月の間は、暑すぎて出張しませんでした。2020年夏の東京オリンピックも大変な時期です。

| お仕事 | 07時35分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

経営に効く法則2

パーキンソンの法則
「仕事の量は、官製のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」
本当は早めに仕上げるつもりだった仕事でも、結局締切ギリギリまで完成しなかったという事は誰しもが経験あるはずです。締め切りを設けない仕事は終わることが無く、締め切りをを設ければその範囲内で仕事は終わる。良くあるのが、いつも残業が多い人が、「今日は子供の誕生日だから定時で退社する」といって、その通り定時で退社することが良くあります。定時という締め切りを設定しているから仕事の段取りを組んで早く仕事を済ませます。普段は、慢性的に残業をしている人ほど、残業を前提として仕事をしている可能性があり得ます。「出来るだけ早く仕上げて」と伝えるのではなく「XX日夕方までに仕上げて」と伝えるべきです。

エメットの法則
「すぐにできることを先延ばしすると、片づけるのには2倍のエネルギー(労力・時間)がかかる」
簡単な仕事はいつでもできるという理由で常に先送りされるという法則。簡単な仕事をおろそかにせずに、難易度に関係なく、公平な視点で優先順位をつけて仕事を片付ける。経費の精算も領収書を探しながら月末にまとめてするよりは、その都度処理してしまった方が楽です。

マジカルナンバー7
資産を倍にするマジカルナンバー72というのを以前書きました(金利が7%なら10年で資産は倍になる)。こちらのマジカルナンバー7は「人間の短期的な記憶容量は7±2程度しかなく。それを超える情報を一度に与えても記憶できないというもの。たしかに、9ケタのナンバーを覚えるのは容易ではありません。たくさん伝えたいことがあっても、数を絞って、残りは別の機会に伝える方が良い。資産運用商品のプレゼンテーションでも、最後に要約する時はポイントを3つに絞っていました。数多く上げても印象に残りません。営業マンが自社を採用するべきと売り込む時に、いくつもメリットを列挙するよりも3つ以下に絞ったほうが良いと思います。

おまけ
昨日発売の週刊ダイヤモンドが薬・健康食品特集を掲載しました。この中で、サプリ、特保等の商品には効果を期待できず、例外はDHA/EPA、葉酸くらいだと書いています。先週金曜日に書いた通り、企業のイメージ戦略に踊らされて高い商品を購入するのは避けたいものです。
おまけ
パンダのシンシンとリーリーのレンタル料、年間1億円。赤ちゃんは生後2年経ったら中国に返還しなければなりません。
おまけ
「共謀罪」法案、私は反対します。

| お仕事 | 07時36分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

経営に効く法則

NBCコンサルタンツ社の小冊子NBCplus 65号の記事を使わせていただきます。

●不満を持った顧客の96%は企業に対して何も言わない。一般にクレームが1件あると、問題を抱えた顧客が他にも24人存在することになり、そのうち6件は深刻な問題である。
●苦情を訴えた顧客は、たとえその問題が十分に解決されなかったとしても、苦情を訴えなかった顧客よりも、その企業と継続的にビジネスをしようとする傾向がある。
●苦情を訴えた顧客の54~70%は、問題が解決されれば再びその企業とビジネスしようとする。特に問題が速やかに解決された顧客が感じる時には、その数字は95.5%にまで上昇する。
●企業とのビジネスに問題があると感じた顧客は、平均9~10人にその事実について話す。特にその13%は20人以上にも話をする。
●クレームを訴え問題が解決された顧客は、業界にバラつきがあるが、平均5~8人にその事実を話す。
●問題を解決しようとして成果が得られなかった顧客は、その悪い経験について8~16人に話をする。
出所:「サービス・マネジメント」(ダイヤモンド社)カール・アルブレヒト、ロン・ゼンケ共著

判りやすい事例に置き換えます。あるレストランに入って、味がひどかった場合、多くの人は文句を店員や店主に告げずにお店を出て、二度とそのお店に行く事はありません。もし、1人の客から「まずい」と言われたら、多くの人がそう思っている可能性が高いことになります。文句を言ったお客は、近所で働いており、出来ればまた来たいと思っている顧客、言わない顧客は、通りすがりにお客で、「今日は運が悪かった」と思うだけかもしれません。
もし味が良くなったら、クレームした顧客は再来店するようになる確率が高い。味が良くなったことを知ってもらうためにも、再度来店してもらえるようにする必要があります。そのためにはクレームがあった時点での対応が肝心です。
もしクレームが解決しなかった場合は、クレームが解決するよりも、より多くの悪評が飛び交う事になる。

製造業ではクレームが出ないことにこしたことがありませんが、絶対出さないという事は困難です。肝心なことは、その後の対応を素早く丁寧に実行することが一番大切です。

明日も続きます

おまけ
東名の事故、まるで映画のワンシーンのようでした。亡くなられた運転者が意識を失ったのでしょうか?バスドライバーの冷静な対応も立派でした。
おまけ
文科省の「怪文書」再調査。存在を認めるが、事実ではないと否定し続けるのでしょうね。
おまけ
昨日の女子ゴルフ放送。JALが宮里藍選手にエールを送るこの日だけのためのTVCMを流し、印象的でした。

| お仕事 | 07時32分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT