1. 無料アクセス解析

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

3つの「放し」

あるメルマガにこんなことが書いてありました。
『多くの企業が抱える致命的な課題があることに気づく。それは継続力、執着心、定着力の欠如から来るもので、成果報告が果たされれば経営者とその周辺幹部でさえも意識から離れている場合が多い。それは「言い放し」「決め放し」「やり放し」であり、執行管理とも言われている内容である。上司が部下に対して指導し、指示を出すが、それがどうなったかどうかについては部下からの報告・連絡・相談任せとなっており、その習慣がない組織においては上司が「あれはどうなっている」と確認を取らない限り、出したままの指導・指示になってしまう。重傷であるのは時間を要するテーマや宿題を部下やチームに出しておきながら、当の本人は他の重要テーマに手と心を取られて忘れてしまっているケースである。このような場合、下の者は「どうせ、また忘れるだろう」「手をつけても、また放置したままになる」などと負け犬根性が生まれ、上司は狼少年扱いされ、何を伝えても動かない組織になってしまう。
「決め放し」に関しても全く同じことである。「決めた事はやる」という約束が守られないならば「やらないことは決めない」としっかりとコミットしなければならない。また改革や改善においても活動を行い(やる)、効果測定を行い、一定の効果が出たと判断するやいなや、次のテーマに着手する。次のテーマに着手することは間違いではなく、むしろ当り前の改善活動と言えるが「効果が出たと判断」しても改善が終わる理由にはならない。テーマにもよるが末端に“浸透”するまでに2~3ヶ月、リバウンド(急激に改善したことによる反動)に対する“軌道修正”を行い、「定着」するまでには6ヶ月はかかるものである。プロジェクト担当者や改善責任者は、このプロセスまでを見届け、場合によっては振り返り、一つのテーマを「結び」とする。結果、真のノウハウが蓄積され、組織が正常に機能するのである。このようにいくら時代の流れ、業界の流れが早いと言っても地に足をつけた組織運営、マネジメントを行わなければ、いつまでたっても会社は強くならない。

PDCAのサイクルを教えられている方が多いと思うが、最後は「言い放し」「決め放し」「やり放し」の3つの“放し”を排除しなければ何の成果も得られない。』

私の亡くなった父親(先代)は、思い付いた計画をすぐ話す人でした。兄とは、「どうせすぐ忘れるから、当分の間黙っていればすぐ忘れるさ」とよく話しました。万が一、それを真に受けて、言われたことを一所懸命やったとしても、後日何故そんなことをやっている?と訊かれるのが落ちでした。

特に、工場の機械の操作、トラックの運転など安全にかかわることに関しては、3つの「放し」は絶対してはいけない項目と言えます。

おまけ
「アマゾンエフェクト」という言葉を聞いたことがありますか?アマゾンは、ビジネスチャンスがあるとみると、企業買収などで貪欲にその市場に参入します。逆にアマゾンが参入しない市場は、成長しない市場とみなされるのでは?と心配するそうです。アマゾンが参入しても参入しなくても心配の種になるそうです。
スポンサーサイト

| 未分類 | 07時28分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミスを起こした時の最善の対処方法


段ボールケースを製造する時、最大1分間350枚製造し、1万ケースといった大量のケースを作る時があります。不良品を防ぐために、カメラによる検査装置を付けていても不良品が発生する場合があります。もしくは製造後の荷扱いなどでクレームが発生する場合があります。完全な当社のケアレスミスで起きることがあります。そんな時は、まず「真摯に向き合って対応する」ということが大事になってきます。お客様に何て言おうか?何かうまく回避する方法はないか?などと考えてしまいがちですが、こういう時こそ真摯に向き合って対応することが、最善の解決策になります。

当社の完全なケアレスミスであるならば、とにかく率直に謝るしかありません。一切の言い訳をせずに。その上でこれにどう対処するのか、当社の考えを提示する。当社の責任で余分な出費が発生するのならば、その負担もする。その上で最善の対応策、今後のミス防止に対する対策なども説明します。

何か事があった時に、最もいけないのは「逃げる」「ごまかす」ことです。逃げようとする、ごまかそうとする、先送りにする、ことで問題が大きくなってしまうのです。逃げずに、特に「心」が逃げずに、真摯に対応すれば、問題は思ったよりも簡単に解決するものです。

安倍首相も国会答弁で、強がったり、否定したり、しらを通すだけだったり、逃げたり、先送りしたり、話をすり替えたりするから不支持率が急上昇してしまうわけです。他の閣僚も同様で、不支持率の上昇に拍車を掛けました。一旦失った信頼は簡単には戻せません。安倍首相の今回の対応は、何かあった時に備えて大変参考になる事例でした。

おまけ
昨日、梅雨明け。梅雨はあったのでしょうか?と思うくらい雨が少なく、取水制限が行なわれています。節水を心がけます。

| 未分類 | 07時33分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12月15日のブログは、15日お昼前後にアップします

| 未分類 | 21時19分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

27日のブログは都合によりお休みします

| 未分類 | 21時07分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「真経営学読本」 福島正伸著 株式会社きんざい

著者は人材育成、組織活性化、新規事業立ち上げなどの支援業務をされています。また「仕事が夢と感動であふれる5つの物語」等の本を書いています。「真経営学読本」というタイトルですが、実践的な経営学の本ではなく、著者が仕事を通じて経験した事、気付いた事等を書いています。この本の中で、印象に残った文章、そうだよねと思った文章などを引用させていただきます。中にはきれいごとで、実際の社会ではそんな理想論を言っていたら会社はおかしくなるよと思う人もいると思いますが、理想が無かったら人生つまらないと思います。

『失敗しても、それを糧にして、次に生かせばいいのです、うまくいかなければ、うまくいくまで努力すればいいのです。諦めなければ、常に成功しかないのです。』

『売上を上げたければ、どれだけお客様を笑顔にできるか、どれだけお客様を幸せにできるか、それだけを考えればいいということになる。売上を「社会への貢献度が数字化されたもの」と考えます。』

『私たちは、会社という場を通して社会に貢献しています。私たちは、働くことで成長し、社会から必要とされる存在になっていきます。会社は自分たちの社会的存在価値を生み出す手段であり、職場は自分たちの存在価値を実感できる場所と言えます。』

『事業というものは、働く人やお客様など、その事業にかかわる全ての人たちが幸せにならないと成り立たないものなのです。』

『企業における最高の商品とはなんでしょうか。それは社員が働く姿だと思います。社員たちの姿は、商品やサービスを通して、お客様に伝わります。』

『仕事は生活のためでもありますが、本当は人を幸せにするためのものだと思います。どのような意識や姿勢で仕事に取り組むのかによって、次の仕事が来るかどうかが決まります。人を幸せにしようと取り組んでいれば、幸せになった人が次の仕事を作ってくださいます。』

『私たちは、ややもすると自分の過去の経験や知識の範囲で可能か不可能かを判断しがちです、過去を基準にして考えれば、不可能なものばかりになります。しかし、未来を基準にして考えれば全ての常識が一変します。』

残りは次回に続きます。

おまけ
大隅教授のノーベル賞受賞。新聞の解説を読んでも理解困難です。

| 未分類 | 07時32分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT