1. 無料アクセス解析

ダンボール,段ボールケースのことなら東京・埼玉・茨城・千葉・神奈川・栃木・群馬に商圏を持つ
段ボールメーカーコーワ株式会社

  • コーワのホームページはこちらへどうぞ。

≫ EDIT

自分の資産を把握する


経済コラムニストの大江英樹氏が日経ネットで上手いことを書いていました:
『投資って水泳と同じなんですよね。水泳の本を100冊読んでも、1回水に入らなければ泳げません。投資も同じで、いくら本を読んでも、自分が体験しないとダメなんです。退職金でいきなり投資をするという人は、水に入ったことがないのに、沖合でボートから飛び込もうとすることと同じです。それはもう、絶対におぼれてしまいますよ。』
『若い女性向けの雑誌で読者の質問に答えるコーナーがあり、私が回答者になったことがあります。「私は貯金が苦手で、すぐ買い物をしてしまい、お金がありません。でも買い物はやめられないから、手っ取り早く投資で儲けたいんですが、何かありませんか?」という質問に、「あなたは投資をせず、地道に貯金したほうが良いですよ」と答えました(笑)』

ある銀行のテレビ広告で、退職金をもらった男性が銀行の担当者に投資の相談をします。担当者は素敵な笑顔で、男性の話に耳を傾けます。これは、上と全く同じ状況です。担当者の笑顔は、販売手数料を稼いで自分が果たすべきノルマを消化できる喜びから出る笑顔です。

個人として資産運用をする前に、自分の年間の損益額と自分の資産を把握することから始めましょう。給与明細と賞与の明細に税金と保険などを差し引いた手取り額が表示されます(源泉徴収票でも構いません)。それ以外に収入があれば、それを加えた総収入額から使ったお金を差し引いてプラスであれば黒字、マイナスであれば赤字となり、企業経営と同じです。企業は売上から材料費を除いた粗利から人件費などの経費をマイナスして黒字か赤字になります。これは損益計算書です。やってみると無駄な出費や予定外の出費に気付くと思います。

月々の消費支出を記録するのに家計簿に記入するのは面倒だという人もいるかもしれません。その場合には、年末に総資産を集計することをお勧めします。企業で言えばバランスシート(貸借対照表)とおなじです。年末時点の、手許にある現預金、定期預金、投資信託や株式の評価額(年末の基準価格や株価を使って算出)、生命保険の解約返戻金(貯蓄性の強い保険に加入していたら、生保の担当者に年末時点までの払い込み済み保険料と解約返戻金を教えてもらいましょう)、自宅があればその評価額(固定資産税評価額を使う、毎年一定金額を購入金額から減らしていくといった方法を用いる)、などを全部加えて資産総額を求めます。その額から住宅ローンや自動車ローンなどの負債総額(支払い明細があるはずです)をマイナスします。この金額が企業でいう純資産に相当します。この純資産が前年対比で増えていれば年間黒字、マイナスになっていれば年間赤字になります。企業と全く同じです。

6月末で一度やってみて、年末に再度やってみましょう。半年間で黒字になったか、赤字だったかわかります。赤字だったら、その要因を見つけ出し改善策を考えます。まずこれをやったうえで、毎月どの程度投資に振り向けられるか考えましょう。

スポンサーサイト

| 経済・社会 | 07時31分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フロントエンド商品とバックエンド商品


フロントエンド商品は「集客商品」で、バックエンド商品は「本命商品・主力商品」のことです。

まず、買ってもらいやすい無料あるいは低価格の集客商品を一度買ってもらい、価値を感じてもらった後に、利益の出る「本命商品・主力商品」を買ってもらう、というマーケティングの中のプロモーション手法の一つです。フロントエンド商品とバックエンド商品というのは、売りたい商品(バックエンド商品)を売るための一つの戦略であり、フロントエンド商品とは、試供あるいは体験してもらう商品なのです。

判りやすい事例
●お試し価格として定価の半額で提供するもしくは無料サンプル1週間分を提供し、定価の購入や定期購入に結び付ける手法。テレビで、化粧品、サプリメント等を数多く見ます。
●銀座で千円ランチを提供し、夜の5千円以上のコースに誘導する
●ジムやヨガの無料レッスンで、有料レッスンに誘導する
●塾の無料講座で、有料講座に誘導する
●会計事務所や弁護士事務所の無料セミナーで、顧問契約に結び付ける
●住宅販売会社の住宅見学会と住宅の受注建築

バックエンド商品は、安価なフロントエンド商品より必ず高価になります。この手法を段ボールに使えるかというと、段ボールは個別のオーダーメイドになるのと価格帯に差がないのでなかなか難しいです。逆に、お客様の方で、新たな段ボールメーカーを採用する際に、テスト的に少量を発注してみて、品質やデリバリーが良ければ本格的に注文量を増やすという手法を用いるパターンが見られます。

段ボール関連で、フロントエンド商品とバックエンド商品に該当するものが作れればと思いますが、容易ではありません。

おまけ
将棋の藤井4段29連勝、号外が出て、NHK9時のニュースでもトップ扱い。この先強敵とぶつかるので、どこまで連勝を伸ばせるか?卓球の張本選手も中学生。今の中学生は凄いです。
おまけ
シートベルト、エアバッグのタカタ。昔、タカタのチャイルドシートを使っていました。

| お仕事 | 07時31分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

勝者と敗者


プロ棋士藤井聡太4段がデビュー以来連勝を続け、今日29連勝の新記録樹立となるか注目。
藤井4段が勝った瞬間の映像を見ると藤井4段はにこりともしません。第75期名人戦で防衛に成功した佐藤天彦名人が勝者の心境を、著書『理想を現実にする力』で次のように語っています。

『勝負というのは、勝者がいれば当然敗者もいます。プロ棋士というのはある意味、人を不幸にして自分が幸福になろうとする残酷な職業です。将棋は必ず勝敗がつきます。私自身もプロ棋士を目指し、プロになってからも頂点を目標にしてきました。だから勝ちを追い求めることは当然ですし、避けては通れません。目の前の相手を倒そうとするのは仕方がないことなので、それよりも倒したあとの自分のあり方が問われてくると思うのです

私が勝った直後に心がけているのは、自分からはなるべく話しかけないということです。対局後には感想戦というものが行われます。この勝負の分かれ目はどこだったか、あの局面はどう指すべきだったかと対局者と検討をし合うのです。これ自体は一見なごやかなムードに見えますが、感想戦がはじまる前、つまり対局が終わった直後は、重苦しい空気に包まれています。勝ったのはもちろん嬉しいことですが、棋士は誰もが負ける側に回ることをたくさん経験しています。だからこそ、勝った喜び以上に相手の悔しさが痛いほどわかるのです。その気持ちの切り替えにかかる時間は人それぞれですから、自分が勝った場合は相手が話しはじめるまで待つことにしているのです。

さらに大切にしているのは、倒した相手から「なんであんな奴に負けたんだ」と思われないような言動を普段から心がけることです。例えば私が奨励会時代にすごく嫌な奴で、将棋に勝って傲慢(ごうまん)になったり、周囲に迷惑をかけていたり、「俺はあいつより強い」などと倒した相手をさげすむような発言をしたりしたら、相手は当然嫌な気分になるでしょうし、負けたことに納得しないでしょう。大事なのは、「まあ、あいつに負けたのなら仕方がないか」と納得してもらえるような人間になるのを目指すことです。そのためには将棋の実績も高いものが求められますし、立ち居振る舞いもある程度はきちんとしていたほうがいい。そして、自分なりに内面も磨いていきたい。そうやって周囲にいい影響を与えられるような存在になりたいと考えていました。』
    *出所:ハタコンサルタント

思い起こすと、元巨人の王貞治氏はホームランを打っても、ダイヤモンドを一周する時に大喜びをした姿は見た記憶がありません(さすがに756号を打った時は両手を上げて一周しましたが)。王選手にホームランを打たれても、投手に対する謙虚な姿勢を見ると、打たれた投手は「こんちくしょう」と思わずに、「王選手では仕方がない」と思ったはずです。

価格交渉など交渉相手と丁々発止のやり取りをする際に、「あの人になら負けても仕方がない」と思ってもらえる人物になりたいものです。一方的に自分の都合を押し付ける人がいます。自分が逆の立場だったらどう思うでしょうか?相手の事を思いやりながら、妥協点を探す人物なら、こちらも真摯に話し合う気になります。そのためには、Win-Loseの関係だけを求めるのではなく、Win-Winの関係を築けるように配慮することが大事です。

おまけ
海老蔵の記者会見の涙と「愛してる」の言葉、泣きました。

| いろいろ | 07時28分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

学ぶということ


学ぶということは、自分の能力を高めるためだけのモノではないのです。「学ぶことで自分の能力を高めることはモチロンですが、もっと大切なことがあるのです。それは、自分の高めた能力で、周りの人の能力も高めてあげて成長の連鎖を創ること」なのです。学んで、学びっぱなしではなく、学んだことを活かし、自身の関わる人々の能力を高めることに没頭する。こんなポジティブなサイクルが本来の学びであり、私たちビジネスマンが、ビジネスを興し成長させる原点となるのです。ビジネスマンとして学び続けることはモチロンのこと、この関わる方への成長の連鎖創造、ぜひ、チャレンジしてみてください。

また、「人は、教える瞬間に、最も多くを学ぶ。」ともいわれています。ある知識を完全に自分のものにしたければ、学んだ直後に、人に教えるプロセスを入れることです。生半可な理解では、人に十分に教えることはできません。また、どのように教えるかを考える過程で、自分の頭を整理することもできるのです。何かを学習する際には、必ず「これを人に教えるためにはどうしたら良いか」と考えながら学習することです。人にどう伝えればいいのかを考えながら学習するだけでも、インプットの質は飛躍的に高まるのです。社員やお客様あるいはクライアントに、どうわかりやすく伝えるか、を念頭に置いて学ぶようにしましょう。
    *出所 渡邉ビジネスシステム研究所

一番良い勉強は、自分が学んだことを人に教えることだと常々考えていたので、ピッタリの文章でした。
新しい設備の操作方法を一人で講習を受けて部下に教える、もしくはオペレーター全員で一緒に受ける。どちらがより真剣に必死になって講習を受けて覚えようとするか?明らかに前者です。
外部で社員研修を受ける場合も、研修で学んだことを自分の部下に教えることを決めると、受講時の真剣度が全く異なってきます。インプットの質が高まると、アウトプットの質も高まります。

おまけ
自民党豊田議員。パワハラ以外の何物でもありません。安倍チルドレン2回生議員。ろくでもない奴ばかりです。安倍首相の傲慢な態度が若手議員にも伝染しているのでしょう。

| いろいろ | 07時23分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

罰金と賞金

どこかのネットで見ました:

稼いだら罰金 → 所得税
買ったら罰金 → 消費税、不動産取引税
所有者は罰金 → 固定資産税
動かすと罰金 → 自動車税&ガソリン税
飲んだら罰金 → 酒税
吸ったら罰金 → タバコ税
死んだら罰金 → 相続税
継いだら罰金 → 相続税
貰ったら罰金 → 贈与税
住んでいると罰金 → 住民税
かくしたら罰金 → 追徴課税
利息をもらったら罰金 → 源泉分離課税
入浴したら罰金 → 入湯税
ボールを打ったら罰金 → ゴルフ場利用税
泊まったら罰金 → 宿泊税
働かないと賞金 → 生活保護

国民が税金を罰金と感ずるのは、政治家、霞が関官僚、公務員が大事な税金を無駄遣いしていると考えているからです。しかし、最後の賞金には笑えます。

ちなみに、健康保険料、国民年金/厚生年金保険料等は、通院した時や高齢者が年金をもらうようになると有り難いと感じるようになります。

おまけ
都議選が23日スタートします。自民党には勝たせたくない、都民ファーストの会の人材は???マークだらけ、民進党はだらしない。投票したい党がない!! 選挙区の人物を見て考えます。

| いろいろ | 07時34分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT