1. 無料アクセス解析

ダンボール,段ボールケースのことなら東京・埼玉・茨城・千葉・神奈川・栃木・群馬に商圏を持つ
段ボールメーカーコーワ株式会社

  • コーワのホームページはこちらへどうぞ。

≫ EDIT

一般社員の人財の仕事、人罪の仕事 2


人財 仕事中はとことん集中
人罪 おしゃべりが多い
  (人財は残業が少なく、人罪は多い)
人財 自信を持って挑戦する
人罪 自信でなく過信している
  (根拠のない自信ばかりでは困ります)
人財 お客様基準で改善する
人罪 自分基準で改悪する
  (自分勝手な解釈はNG)
人財 自分から教えてください
人罪 教えてもらっていませんが
  (受け身よりも積極的に自ら動く)
人財 親しき仲にも礼儀あり
人罪 上司や先輩なのにタメ口
  (メガバンクで役職者にタメ口を使って左遷された人がいるそうです)
人財 自分の給料は自分で稼ぐ
人罪 給料はもらえる小遣い
  (自分の給料の最低3倍の粗利を稼ぎなさいというのが社会人の常識)
人財 社長方針に沿って努力する
人罪 陰で社長方針を批判する
  (陰で批判するくらいなら、表で建設的な意見を述べる)
人財 会社のお金ほど大切に扱う
人罪 会社のお金なら無駄遣い
  (周囲はお金の使い方をちゃんと見ています)
人財 会社の評判を上げる行動
人罪 会社の評判を下げる行動
  (その行動は自分に跳ね返ってきます)
人財 反抗は子供のするもの
人罪 上司への反抗を自慢する
  (ネットで自慢してみますか?即炎上します。バカなことはしないのがベター)

スポンサーサイト

| お仕事 | 07時35分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一般社員の人財の仕事、人罪の仕事


以前、同じタイトルで管理職編を書きました。今回は一般社員編です。今回もモチベーション・アップ社の資料から引用します。
人財 相手が知りたいことを話す
人罪 自分が話したいことを話す
  (場の空気を読む)
人財 自分で考えてから相談する
人罪 そもそも相談がない
  (問題が起きました、どうしたら良いでしょう?ではダメ)
人財 自分の意見をハッキリ言う
人罪 意見と愚痴を混同している
  (意見は傾聴に値しますが、愚痴は値しません)
人財 自分で時間を作っている
人罪 いつも時間に追われている
  (24時間はみんな同じです。有能な人は時間をうまく使います)
人財 指示の背景までを考える
人罪 指示をそのままやるだけ
  (上司の指示を部下に伝えるだけの中間管理職はもっとダメ)
人財 誰もが判る言葉で話す
人罪 知ったかぶりで横文字好き
  (外資系に多いです、小池都知事もその傾向あり?)
人財 悪い結果は自分に矢印
人罪 悪い結果は他人のせい
  (自責、他責。自責の考え方の人の方が成長します)
人財 ミスを反省し次に活かす
人罪 同じようなミスを繰り返す
  (人財はミスのマイナスを必ず取り返します)
人財 前向きな口ぐせが多い
人罪 後ろ向きな口ぐせが多い
  (前向きは深呼吸する、後ろ向きはため息をつく)
人財 休憩が少なく短い
人罪 休憩が多くて長い
  (喫煙者は後者になりがちです)

おまけ
日本時間の土曜日にトランプ大統領就任式が行われます。就任時に不支持率が支持率を上回るというのは前例がありません。就任式は相当荒れそうです。

| お仕事 | 07時32分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

優しさとは


『本当の優しさは怒らない事ではない
それは人との衝突を避け、周りの人から良い人と思われたいだけ
本当の優しさとは、相手の事を事を思い、甘い言葉ばかりではなく
時には厳しい言葉を言えること、間違いは間違いと言えること
甘やかしと優しさは紙一重』

ネットで見かけた言葉です。

今、怒れない上司が増えていると聞きます。怒らずに優しく教えるのが良い上司と勘違いしている上司が多いようです。しかし、工場の製造現場で新人が危険な行為をしたら(しようとしたら)、その場で厳しく指するのが良い上司。見て見ぬふりして注意しないのはダメな上司。

野村元監督は、伸びる可能性があるから怒るのであって、もう限界と判断したら怒らないといった趣旨の名言があります。厳しく指導しても反省もしない、学ぼうとしない部下であれば、怒ることを放棄します。怒られるという事は、伸びる可能性があるから怒られていることを忘れずに。

怒る方は、長時間グダグダ叱ることをしてはダメです。もっと避けなければならないのは、相手の人格否定です。これは、親、上司、教師など目上の人が絶対守らなければならない事です。短時間で厳しく叱り、すぐ今後どうしていくべきかじっくり話し合う事だと思います。

| いろいろ | 07時31分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

稼働率


米国の景気指標に設備稼働率というものがあります(日本でもあります)。設備の最大生産能力に対し、何パーセント稼働しているかを見る指標です。月一回発表され、80を超えていると景気が強く、85を超えるとインフレ懸念が強まると判断します。現在は75程度です。ということは、100造れるのに75しか造っていないことになります。設備は定期的なメンテナンスやトラブルによる操業停止もある為100よりも低いのが通常で、85になると供給能力に限界が出てきてインフレにつながると考えます。また将来の設備投資が増えるかどうかの指標としても使われます。この数字が高いと設備機械メーカーの株が買われたりします。

例えば、ホテルの稼働率(100部屋の内何部屋埋まっているか)、コインパーキングの稼働地(10台のスペースの内何台分埋まっているか)はどうでしょうか?ホテルの経営者、コインパーキングのオーナーならいつも100が良いと思うかもしれません。しかし、利用者から見ると、あのホテルはいつも満杯で予約できないから空き状況を確認しないで他のホテルをチェックする、あのコインパーキングはいつも満車で使えないから他のコインパーキングを初めから探すというようになってしまいます。多少は空きがあって、利用できる状況にないと見向きもされなくなります。なので、100よりも低い方が良いという事になります。

では、段ボールメーカーの場合どうでしょうか?1日当たり最大15万平米生産できる工場があり、いつも15万平米の生産が入っていたらどうなるでしょうか?シートを注文したいボックスメーカー、追加発注したいケースユーザーからの問い合わせを全て断らなければならなくなります。そうなると他の段ボールメーカーに注文が流れるようになってしまいます。さらに、機械の故障も発生し、生産遅れも発生します。となると、稼働率は100を下回っているのが望ましいことになります。しかし、下回るのも程度問題です。稼働率が低すぎるのは避けましょう(笑)。

おまけ
東京では、冬らしい乾燥した天気が続いていますが、火事やインフルエンザに要注意です。私は寝る前にはちみつをスプーン一杯なめてから寝ます。朝起きた時ののどの調子が良いです。お薦めです。

| 経済・社会 | 07時38分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

卵を一つのカゴに盛るな


昔から使われる投資の格言です。カゴが落ちたら、全ての卵が割れてしまう。一つの資産、銘柄に集中投資すると、リスクが大きくなるので、分散投資を心がけなさいという事です。
トヨタ一銘柄だけを保有するよりも、薬品、食品、金融、サービス、小売り、商社など銘柄と業種を分散させた方が、リスクが小さくなります(分散された銘柄群をポートフォリオと呼びます)。銘柄が多くなればなるほど、全体のリスクは小さくなります。但し、リーマンショックのような事態になると分散された株式ポートフォリオを持っていても、ダメです。債券のように株式の逆の動きをする資産(株式が値下がりすると債券が値上がりする確率が高い)を持っていればマイナス影響を軽減することが出来ます。従って、資産分散、業種分散、銘柄分散を心がけましょうというのが、投資の初心者教育で必ず言われることです(プラス時間分散も説明されます)。

同じことが会社の運営でも当てはまります。自動車メーカーの下請け企業で1社のみに全売上を依存していると、例えば日産自動車のゴーン改革で日産からの受注が無くなり、おかしくなってしまった会社もありました。下請け企業は、営業努力が比較的少なくて済みますが、何かあるとアウトとなります。下請けでなくても、1社の比率が高いとリスクが高くなります。私がキヤノンの複写機輸出部(中近東、アフリカ、東南アジア、共産圏を担当)で勤務し、中近東を担当した時代に心掛けたのは、どうしてもサウジアラビア一か国の比率が高かったので、他の国を増やしてサウジアラビアの比率を引き下げる事でした。

当社も顧客数を多くして、1社当たりの売上最大比率を5%以内に抑えるのが理想としています。1社に対する依存度を下げ、特定の業種の比率が高いことも避ける、絶えず新しい顧客を見つけていく、事が大事だと考えます。株式運用でも、既存銘柄に投資するだけでなく、新し銘柄を探し求めます。同じ顧客だけでは、徐々に売り上げが落ちていきます(右肩上がりの経済成長の時代ならOKでしたが…)。

おまけ
今朝も寒い朝です。都内と八潮市で2度以上低くなり、大利根工場ではさらに2度は低くなります。

| 経済・社会 | 07時32分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT