FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

ダンボール,段ボールケースのことなら東京・埼玉・茨城・千葉・神奈川・栃木・群馬に商圏を持つ
段ボールメーカーコーワ株式会社

  • コーワのホームページはこちらへどうぞ。

≫ EDIT

大股速歩で手軽に筋力アップ 歩幅目安は65センチ


日経スタイルに、以前掲載された記事です。自分の記録目的もかねて引用します。
『大股でふだんより速く足を動かす「速歩」は通勤、買い物や散歩などの際に手軽にできる健康法だ。「マラソンやジョギングは体力的に自信がない」「運動する時間がない」という人も無理せず自分のペースでできる。シニアには足腰の筋肉を維持・強化するだけではなく、最近では認知症の予防にも効果がみられることが研究調査で明らかになってきた。
「速歩で重要なのは歩調(テンポ)をあげることでなく歩幅を広くすることです」。東京都健康長寿医療センター研究所の研究員、谷口優医学博士は、歩き方の工夫で、多くの人がすぐに始められると勧める。目標の歩幅は65センチ。中高年になると筋肉の衰えに加えて脳機能が歩幅の広さに影響するという。「横断歩道の白線をまたぐようなイメージで歩くのが理想」(谷口博士)という。体格や運動能力などの点で白線を越えるのが難しいと感じる人は、白線は一つの目安と考えればいい。

ポイントとなるのは姿勢だ。(1)肘は自然に曲げて、腕を後ろに大きく、前は小さく振る(2)膝を伸ばしてかかとから着地する(3)おしりの筋肉を持ち上げて背筋を伸ばす。歩幅と姿勢がきちんとそろえば速度は自然に速くなる。普通のウォーキングに比べて足腰の筋肉が鍛えられる。さらに視線はなるべく前に保ち、へその下に力を入れる。手をあてて筋肉が硬くなっていればきれいな歩き方になっているという。反対に、悪い歩き方は「猫背で視線を下に落とすトボトボ歩き。ビジネス街でよく見かける帰宅途中の疲れた会社員の姿」(谷口博士)と注意を促す。

歩幅の狭い人は脳の認知機能が低下するリスクが高い――。東京都健康長寿医療センターが高齢者666人を対象に歩行状態を4年間かけて追跡調査を実施。歩幅を「広い」「普通」「狭い」の3グループに分けて調べたところ、「狭い」グループは「広い」に比べて認知機能が低下するリスクが3.39倍も高いことがわかった。一方、歩くテンポは、「低い」(遅い)は「高い」(速い)に比べて1.01倍と、低下リスクにほとんど差がなかった。』

歩く姿勢が大事というのは知っていましたが、歩くテンポよりも歩幅が大事というのは「目からうろこ」でした。ウォーキングする時は、先を見て腕を大きく振ると歩幅が大きくなるのは実感できます。ただし、これを通勤時にやると周囲から変な目で見られるかもしれませんね。

次回は8月20日月曜日となります。

スポンサーサイト

| いろいろ | 07時27分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

企業の目に見えない強さ

早稲田大学ビジネススクールの山田英夫教授の話を聞く機会がありました。山田氏は、目に見える強みは他者に真似されやすく、あっという間に競争に巻き込まれてしまうパターンが多い。例えば、ミスミはネットで部品や消耗品を販売する方法が、モノタロウに真似されている。コマツが建設機械の稼働状況を遠隔でモニターできるKOMTRAXという仕組みは、日立建機やコベルコに同じサービスが提供されている。女性専用の30分エクササイズを提供するカーブスは、体重計を販売するタニタが全く同じサービスを提供する。保険の窓口は、多くの保険ショップに真似され、競争激化。で、目に見えない強みを持つ企業が紹介されました。

●セブン銀行のATM
ATMに特化した銀行で、売上の93%がATM受け入れ手数料。住宅ローンなど他の銀行とバッティングするサービスを提供せず、他行とWIN-WINの関係を築いている、これが見える部分。見えない部分は、
・低コストのATM機。銀行のATMは1台800万円するのに対し、セブン銀行は200万円。サービスを限定するために低コストの機械となる。セブン銀行のATM台数は2万台を超え、メガバンクのATMよりも多い。
・ALSOKによる紙幣補充は月一回。もし毎日来ていたら採算割れになってしまう。紙幣補充の方法は、お店の売上金、深夜の飲食店の入金が主。特に、飲食店の入金は売上金入金サービスでチェーン店の本部に売上が即報告される。銀行の夜間金庫に入金するよりも便利。飲食店、セブン銀行両社にとってWIN-WIN

●ソニー損保のテレマティクス保険
ソニー損保の提供する通信体「ドライブカウンタ」をダッシュボードに取り付け、運転状況をモニターします。安全運転をしていると判断される人の保険料を割引き(最大20%キャッシュバック)、危険な運転をしていると判断される人の保険料は割引なし。そうすると、優良ドライバーがソニー損保に集まり、非優良ドライバーは従来の損保会社に留まる。優良運転手は事故率が低く、儲かる。他社から優良顧客がソニー損保に乗り換えれば、他社の収益は悪化する。

当社の目に見えない強みは、対応の速さ、スピードだと思います。

おまけ
台風13号、関東の水がめに恵みの雨はあまりもたらしてくれなかったようです。残念。

| お仕事 | 07時25分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

銀行にはお金がある?ない?


夫が妻から「生活費がない」と言われたら、夫が「銀行に行けば一杯あるじゃない」と返答し、妻は「銀行にお金があっても私たちのではない」とあきれた、と言う話を聞いたことがあります。

確かに銀行はお金を普通預金や定期預金で個人から集めるので、たくさんのお金を持っていると思ってしまいます。しかし、銀行は個人から預金という形でお金を借りている状態で、利息を付けて元本も返すということは、集めたお金を運用して儲けなければなりません。儲けるには、会社にお金を貸して利息を得る、個人に住宅ローンや消費者ローンを提供して利息を取る、債券(国債や会社が発行する社債)に投資して金利を得る、と運用にお金を振り向けるので、意外と手元にお金を置いていないどころか、実際は不足気味で、毎日不足する金額を短期金融市場というところで調達しています。今日借りて明日返すコールローンというもので、短資会社を通じてお金を持っている投資信託の運用会社等から毎日巨額のお金を借りては翌日返却します。通常は、借りるほうが金利を払うのですが、今は借りるほうが金利をもらうというおかしな形になっています。これは日銀による「お金を融資に積極的に回しなさい」という方針で、銀行が余ったお金を日銀に預けると銀行が金利を支払わなければならないというおかしな状態が永年続いているためです。

その結果、銀行はお金を稼ぐことが容易ではなくなりました。金利が低下し、お金を貸すことで得られる金利水準(稼ぐ金利マイナス資金調達金利=利ざや)が低くなり、金利収入が減りました。以前報道されたスルガ銀行のシェアハウス関連の違法な融資、東日本銀行が禁じられている歩積み両建て預金を行ったことで業務改善命令が金融庁から出されました。歩積み両建てとは、1億円の融資が必要な会社に2億円融資して、余分な1億円を定期預金に預けさせることです。融資の1億円の金利と定期預金金利では、1%と0.02%と0.98%の差があります。これが銀行の儲けになります。銀行の強い立場を利用した悪辣な行為となります。地方銀行は赤字になっている銀行の比率が高く、大手銀行も減益となっています。さらに、大手銀行はリストラで人員削減を行う厳しい局面を迎えています。ただバブルのころのような不動産投機に対する融資は少ないので、1990年代のような貸しはがしが起こることはないと思います。

銀行は利益を出さなければ信用を失います。信用のない金融機関は存続できません。そのためには、手数料や信託報酬の高い投資信託を紹介したり、販売手数料の高い外貨建ての保険を紹介したり、ATMの引き出し手数料を引き上げたり必死です。会社も個人もあらゆる知恵を絞って、銀行にうまく利用されないようにしないといけません。そのためにも、金融の知識を身に付けましょう。

おまけ
台風13号関東に接近、暴風雨のピークは今晩から明朝出勤時にかけて。被害と事故が起きませんように。

| 経済・社会 | 07時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

家計調査報告から見えること


5月18日に総務省が「家計調査報告」を公表しました。その中で、2人以上世帯の平均貯蓄額が公表されています。1812万円とのことですが、調査対象のちょうど半分に当たる金額は1,074万円です。一般的に富裕層が持つ大きな金額が平均値を引き上げるので、中央値を見たほうが良いです。この平均貯蓄額を下回る世帯数が約3分の2を占めるそうです。

二人以上の世帯について貯蓄の種類別に1世帯当たり貯蓄現在高をみると,定期性預貯金が712万円(貯蓄現在高に占める割合39.3%)と最も多く,次いで通貨性預貯金が442万円(同24.4%),「生命保険など」が377万円(同20.8%),有価証券が246万円(同13.6%),金融機関外が36万円(同2.0%)となっています。ちなみに定期性預貯金とは、銀行郵貯の定期預金、通貨性預貯金とは銀行郵貯の普通預貯金、有価証券とは株式、投資信託、公社債を指します。しかし、定期預金、普通預金は利息がほぼゼロです。63.7%は利息がほとんどつかない金融資産で占められています(昔の郵便局の定額貯金は年7%の利息が複利で運用されるため10年後には元本の倍以上になった時代がありました)。生命保険も最近の保険は予定利率が低く、これも資産を成長させることは出来ません。すなわち、84.5%の金融資産が自ら大きくなる力のない資産で占められています(保険は万が一の時に役立つ機能を持っています)。しかし、最近は個人型確定拠出年金(イデコ)、NISA、つみたてNISAといった税金を免除する優遇制度が導入され、投資信託や株式といった自ら大きくなる力をもった金融資産の比率が徐々に上がってきています。

以前書いたように、20代の若者には時間があります。つみたてNISA(年40万円が上限)だと月々の積立金額が3万3000円になり、年平均7%で運用したとすると41年と11カ月で1億円になります。22歳で社会人になったとして、つみたてNISAの20年という積立期間の制約がなくなれば、64歳くらいの頃には1億円になっているという計算になります(20代の若者が毎月33,000円積み立てられるか、毎年7%で運用できるかはさておきます)。

20代30代の若者は、税金で優遇措置があるイデコやつみたてNISAを活用して、有価証券の比率を引き上げて、将来の年金支給額が減るリスクに備えて欲しいと思います。

おまけ
今朝は気温が下がりましたが、明日は台風が関東地方に来る予報。被害が出ないで欲しいが、ダムには雨が欲しい。

| 経済・社会 | 07時24分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

二条彪氏のメルマガから


後継社長教育をされている二条彪氏のメルマガから引用させていただきます:

『18年も続けていると後継社長も二極化することを実感します。
・うぬぼれず,謙虚であり,見下した態度で従業員や他者に接しない,人間として成熟していく後継社長。
・傲慢になり,自分の気に入った人の言うことしか聞かず,従業員を罵り馬鹿にし,顧客にだけは媚びへつらう後継社長。
何がその人にとってよいのか?答えはありませんが,少なくとも社長はフォロワーがいてこそ社長です。となれば,人気があるのはどちらか?と考えれば,自ずと答えは出ているように思うのです。社長は,給料決定権と人事決定権という絶大な権限で社員を屈服させてはいけないのです。社長経験を積めば積むほど問われるのは,あなたの人間としてのあり方なのです。社長業は,人としてのあり方が浮き彫りになる,とても恐ろしい職業なのです。』

私が嫌いな人物(こういう風になりたくない人物)
・嘘を平気でつく人、ごまかす人
・傲慢な人、人を見下した態度で接する人
なので、私は安倍首相と麻生財務大臣が大嫌いです。ニュース番組で安倍首相と麻生財務大臣の顔が映ると、他のチャンネルに変えてしまいます。信用できず、言っていることとやっていることが違います。外資系金融の社長で似たタイプの社長がいました。この人の下では働きたくないと思って、転職しました。今思えば、素晴らしい反面教師でした。

強大な権力を持つ人ほど、謙虚で、人の意見に耳を傾けるべきで、多くの人の意見と違うことを決める場合は丁寧に説明責任を果たすべきです。

おまけ
田中日大理事長、山根日本ボクシング連盟会長、2人とも悪人顔しています。独裁者はあんな顔になるのかもしれません。田中・山根、二人合わせて「新アンガールズ」と呼ぶそうです。
おまけ
東京五輪に向けて、2時間早めるサマータイム案浮上。国民や企業に負担をかけるので、私は反対します。熱中症予防なら10月開催とすべきです。

| いろいろ | 07時26分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT