1. 無料アクセス解析

ダンボール,段ボールケースのことなら東京・埼玉・茨城・千葉・神奈川・栃木・群馬に商圏を持つ
段ボールメーカーコーワ株式会社

  • コーワのホームページはこちらへどうぞ。

≫ EDIT

忘年会シーズンを前にして


もう今年も残りわずか1ヶ月となり、忘年会の月になりました。お酒好きの人には楽しい季節なのでしょうね。でも、宴会につきもののお酒やたばこに関して、止めるもしくは控えたほうが健康に良いというのは頭で理解していても、実行は難しいようです。でも、国立循環器病研究所が出した本によると、実行したほうが良いことが一目瞭然です。

1日に20本以上吸っている女性は、男性より死亡率が高くなりました。禁煙した場合に余命がどの程度延長するかを年齢別に推定した結果、60歳で禁煙すれば約3年、50歳では約6年、40歳で約9年、30歳で約10年延長すると推定されています。40歳前後で禁煙した場合のその後の生存率を見ると、40歳前後で禁煙した場合は、その後の生存率は元々吸わない人とほとんど差がありません。

男性、女性ともすべての世代で、飲酒量が増えるほど高血圧の割合(有病率)が高くなっています。アルコールには血圧を上げる働きがあるのです。節酒は血圧を下げる効果は実験で立証されています。

運動も生活習慣病の予防には大いに役立ちます。35〜60歳の6013人の糖尿病ではない日本人男性対象の研究では、余暇における運動の頻度が週に0回に比べて、1〜2回では約20%、3回以上は約45%糖尿病を発症するリスクが減少していることがわかりました。

喫煙、呑み過ぎ、運動不足で体重が増えると、BMIが上昇します。BMIは体重を身長(メートル)で2回割った数字です。私は172センチで、72キロです。72÷1.72÷1.72=24.3となります。25以下が望ましいとされます。最も低い「19.0未満」の高血圧の発症率を「1」とした時、より高いグループの発症率が何倍になるのかを計算してみると、年齢・性別問わずBMIが高くなるほど(肥満になるほど)、高血圧の発症率が上昇しました。糖尿病の発症リスクは、BMI「25.0~29.9」で約3倍、BMI「30.0以上」では約7倍になると推定しています。「早食い」もしくは「満腹になるまで食べる」習慣のある人は、いずれの習慣もない人に比べて肥満である確率が約1.5倍高く、両方の習慣を持つ場合はさらに高く約3倍になっていました。

私はタバコを吸ったことが一度もなく、酒もほとんど飲みません。しかし、血圧は高め、血糖値も薬を飲むほどではないが高め…。運動不足も影響していると思います。

現在喫煙している人でも、早めに禁煙すれば寿命を延ばせます。私の義兄がチェーンスモーカーで肺がんで亡くなりました。タバコは健康に良いことはありません。

おまけ
与党が通そうとしているカジノ法案、私は反対です。


スポンサーサイト

| いろいろ | 07時36分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

固定費と変動費


固定費とは生産量などに関係なく発生する費用、変動費とは生産量などに連動して変わる費用を指します。固定費の代表は人件費です。残業代は仕事量によって変動しますが、基本給などの給与の大部分は仕事量に関係なく発生するため固定費となります。減価償却、通信費、交通費、燃料費、修繕費などが代表的です。変動費は、原材料、配送費、外注加工費等、生産・販売量が変動すると変動します。生産量が増えれば原材料や配送費が増えます。

企業では固定費を出来るだけ抑えることが黒字を確保するのに重要です。固定費の総額を粗利金額が上回らないと黒字になりません。従って、固定費は少ない方が良いことになります。赤字の続く企業が、工場を閉鎖し人員を減らすのは、固定費削減以外の何物でもありません。売上を増やしても変動費が増えて利益を増やす効果は小さいですが、固定費を減らすと全額利益になるから(もしくは赤字の削減になるから)です。

これを家計に例えると、固定費は住宅ローン、生命保険料、車関連費用、教育費、携帯電話料金等です。変動費は、食費、被服費、交際費、レジャー、趣味などの費用になります。家計の赤字を減らして黒字にする診断サービスが雑誌などでもよく見かけます。その場合、住宅ローンも低金利を使って借り換えをする、余計な特約が付いている生命保険を変更する、もしくは割安な掛け捨て保険に切り替える、車が本当に必要か検討しカーシェアリングにする、多すぎる塾や習い事を減らす、格安スマホに変更する等のアドバイスをします。変動費も外食を減らす、被服費も減らす、趣味への出費を抑える等も同様です。さらには、奥さんがパートに出て収入そのものを増やすまでアドバイスします。

変動費は、お財布から現金を出したり、その都度クレジットカードを切ったりするので気付きやすいのですが、銀行口座引き落としにしている保険料、教育費、携帯電話料金といった固定費には目が届きにくいです。

企業も家計も健全な状態を維持するには、固定費を増やさない(出来れば削減する)のが一番有効で、その後に売上を増やし粗利を増やす(パート収入を増やすのも同じ)、となります。企業は財務諸表分析というものを行って、対策を考えます。家計では、まず家計診断をしましょう。家計診断をするには、銀行通帳の動きを数か月間追いかけて入出金のデータを集め、変動費はスマホのアプリがあるので領収書などで家計簿をつけて数か月追いかける。そうすると、家計の傾向が見えるので、どこを減らせるか考える。配偶者控除も引き上げられる可能性が出てきているので、主婦のパート収入を増やせるようになります。企業も家計も健全性を保つ方法は一緒です。

おまけ
OPEC減産合意でNY原油先物が49ドルに上昇、つれてドル円も114円台に。燃料費安で一息ついている中小企業にとって、燃料費上昇は痛いです。

| お仕事 | 07時41分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「評価」と「考課」はどうちがう?

ICO経営道場のブログから引用させていただきます:
『管理職社員を対象に、考課者研修をする機会がありました。人事考課をする際の、評価者間のバラツキを減らすことが目的です。そのときに、“「評価」と「考課」はどう違うのですか?”という質問がありました。みなさま、おわかりになるでしょうか?

まず、「評価」です。これは人物であろうと何であろうと、「評価」の対象はなんでもありです。“あそこのラーメンはうまい!”“この店は最悪だ!”とか、誰でも日常的に「評価」しています。アマゾンでも、すべての商品が「評価」されています。誰でもいつでも、あらゆる物、商品、人物、サービスなどを「評価」しています。

一方、「考課」です。この起源は、奈良時代に制定された「考課令」にあるとされています。役人の世界で用いられた制度として、記録が残っています。そこには次のように記載があるのです。
“一年間の功過行能を録して対読せよ。”功過行能の「功」は功績、「過」は過失(失敗)、 「行」は行動、「能」は能力向上、です。 部下の一年間のそれらの状況を記録して「対読」、 面と向かって読み上げよ、ということです。 要は、「考課」とは、 上司が部下に対してする評価・人材育成の仕組み、ということです。なるほど!ですね。

その「考課令」には、評価の方法も記されています。上中下の三段階で評価し、さらにそのなかで上中下に評価しなさい、となっています。つまり、9段階で評価しなさい、ということです。いかがでしょう? 驚くのは、奈良時代の手法とはいえ、 現在と大差がない、ということです。それだけ、人事考課なるものが、さほど進化していない、という証拠です。

どこまでいっても、完璧な人事考課はありません。が、納得できる人事考課は存在します。
それは、仕組みや制度に納得するのではなく、 多くの場合、考課者への納得が、人事考課の納得に繋がっています。“この人が言ってくれるなら。”というものです。そのためには、上司は部下を良く観察し、 功過行能を録して対読する、ということが 欠かせないのです。』

完全に公平な評価というのは困難です。好き嫌いを完璧に排除することはできません。「360度評価」という方法があります。上司、同じ部署の同僚/他部署の同僚、部下、が評価をします。非常に手間がかかりますし、これでも完全に公平とは言い切れません。しかし、最後の段落にあるように、考課をする人に対して信用・信頼できていると、受け入れることができます。信用・信頼できていないと、考課が高くても「裏に何かあるのじゃないか?」と疑心暗鬼になったりします。お互いの信頼関係の構築が仕事を楽しくし、成果を出しやすくなり、考課も納得できるようになり、次への成長のステップになります。


| お仕事 | 07時32分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アドバイスの仕方


親は子供に対して適切なアドバイスをしようと思っても、きつく叱るような話し方をしてしまい、子供が反発するパターンになりがちです(勉強しろと注意すると、勉強しようと思っていたのに…)。会社でも上司が部下に対して、良かれと思って指導する際に、話し方で大きな差が出てしまいます。

「今回の企画、ここと、そこと、あそこが全く出来ていない。いったいこれまで何をやっていたんだ。やり直しだ。」
「今回の企画、良く頑張ってくれてありがとう。かなりよくできたと思うが、この3か所をもう少し細かく練り直してほしい。そうすれな、さらに良くなるはず。頑張って取り組んでほしい、期待しているよ。」

前者と後者、言われた方はどちらがやる気が出ますか?もちろん後者です。理由は書く必要ないですね。しかし、実際は上司は前者のパターンをやりがちです。前者のパターンで言われた部下は、だったら上司がやるか、最初に適切な指示を欲しいと思ってしまいます。親や上司は、子供や部下と経験の差が大きく、なんだこんなことも出来ないのかと思ってしまい、腹が立ち、前者のような話し方をしてしまいます。そんな時は、深呼吸をする、コーヒーを飲む、等で冷静さを取り戻しましょう。そして4つの段階で話してみましょう。
1. 頑張ったことへの感謝の気持ちを伝える(まず、ありがとう、です)
2. 出来ている箇所を指摘する(ここはいいねと認める)
3. 出来ていない部分を指摘するが、怒るのではなく、どうなったら望ましいか、そのために何をしたらよいか具体的なアドバイスを送る(具体的な改善策、もしくはそのヒントを与える)
4. 頑張って欲しいと期待していることを伝える(こうなったら、すごく嬉しい)

部下は「やり直し」と言われても、どこをどうやり直しすればよいのか判りません。具体策を教えてしまうと本人の成長につながらないので、理想はヒントを与えて本人に考えさせるのが一番です。こういう上司になると、部下から信頼され、部下も成長し、いろいろ相談もされて、良好な関係を構築できるはずです。

| お仕事 | 07時32分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新しい◯◯がいくつあったか?


モチベーション・アップ社の桑島社長は、伸び続ける会社は1年間で新しい◯◯が非常に多く、伸び悩む会社は非常に少ない印象を受けるとの事です。新しい◯◯とは
・1年間でどれだけの見込み客が増えたか?
・1年間で新しいお客様がどれだけ増えたか?
・1年間で新しい仕入先・外注先がいくつ増えたか?
・1年間で新しい販路がいくつ増えたか?
・1年間で新製品がいくつ増えたか?
・1年間で新しい社員が何人増えたか?
・1年間で新しい改善策がいくつ増えたか?
・1年間でコストダウン対策がいくつ増えたか?
・1年間で新しい設備がどれだけ増えたか?
・・・・
新しい◯◯が少ない会社はよく言えば安定している会社、悪く言えば元気がない会社、魅力がない会社となりかねません。

当社で考えると、良く言えば安定している会社状態になっています。もっと活発で元気のある会社にしたいです。

おまけ
インフルエンザ予防。予防接種も大事ですが、手を良く洗う事が重要だと言います。帰宅時には必ず手を石鹸を使って、爪先、指の間も良く洗うようにしましょう。

| お仕事 | 07時31分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT